ここから本文です
電脳小僧の特撮映画資料室アナザーサイド版…筆者の妄想にご注意を!
電脳小僧の特撮映画資料室アナザーサイドへようこそ!「表サイト」と違い、電脳小僧が本音をブログ形式で語る「裏サイト」であります。

書庫全体表示

記事検索
検索
イメージ 1
映画原作は藤本義一の『骨までいただき』。
藤本義一が自ら脚色、敗戦の焼け跡で青春時代をおくった二人の中年男の生き様をコミカルに描いた福田純監督作品です。
なぜ?この脚本を入手したのか?
電脳小僧の収集意欲と方向性をご存知の方なら…きっと「福田純監督作品だからでしょっ!」と思うに違いない。
実は違うのだ!単なる東宝作品?それも「ノーです!(byグレン-怪獣大戦争-より)」。

主演が、藤田まことさんだから。
藤田まことさんの主演映画の脚本を入手したくて探していたのである…。
ボクの本音としてはこの表現も違うな…。
今となっては、もっと早く入手するべき脚本だった!…。
脚本コレクターとしてつまらない欲が出てしまったのかもしれない…。
ボクはあの頃、迷っていたんだ…。
「やっぱり!必殺シリーズの脚本にするべきだよな。」なんて…。
今となっては、そんな些細な、つまらない事に、なぜ?こだわっていたんだ!あの頃のボクは…。


俳優/藤田まことさんと初めてお会いしたのは今から14年前、冬の太秦…※松竹京都映画撮影所。
この場所は、「必殺シリーズ」ファンならご存知の撮影所である。
制作打ち合せの為、訪問した撮影所で初顔合わせとなったのである。
理由は、ボクが監督するコマーシャルの出演者が藤田まことさんだったのだ。
某有名テレビ時代劇ドラマの第2シリーズ撮影中だった藤田まことさんは撮影の合間にご挨拶に来てくれたのである。
ドアが開き…時代劇の衣装のまま現れた凛とした立ち姿の藤田まことさん。
それから何本もコマーシャルでご一緒させていただいた…。
最初はただお会いするのが楽しく待ち遠しく。
数を重ねるごとに撮影の合間に映画の裏話や思い出をお聞きするのが楽しくなっていた。
当時の思い出話をその作品が撮影された場所で聞きたくて、その為にコマーシャル撮影の現場をその撮影所にしてもらったりした。
現場でご一緒させていただいた俳優さんにいつもお願いしている事がある。
それは、主演映画の脚本へのサイン。
ボクの老後の楽しみのひとつである「思い出の戦利品」なのだが、俳優の方々には監督のわがままなお願いである。
でもご一緒させていただく機会が多い藤田まことさんには、出演された脚本へ記念のサインをお願いする事はなかった。
「また今度!お願いしよう!」と思っていたんだ…あの頃のボクは…。
我が家のコレクションには「俳優/藤田まことのサイン脚本も…サイン色紙すらない…。」
ボクはずっと後悔していたんだ…会えなくなってしまうなんて思いもしなかったんだから…。
あれから…ボクは探していたんだ。藤田さんの主演作品の脚本を。
ボクらしくないかい?!…なぜ?この脚本なの?かって…。

凄いんだよ!キーワードをよく見てみてよ!
「主演/藤田まこと」「福田純監督」「東宝映画」「関西喜劇」「ソレが男の生きる道」なんだから。
藤田さんのイメージとボクの趣味趣向が詰まったピッタリの映画だと思わないかい?…。

残念ながらこの脚本には、ボクと藤田まことさんの思い出はどこにもない…。

でもひとつだけあるんだ。

それは14年前のあの時、ボクが初めて出会った瞬間の藤田まことさんの姿を…。

ボクは生涯忘れないだろう…藤田まことさんとの大切な思い出の戦利品なのだから…。


※松竹京都撮影所は現在、「松竹撮影所」と名称変更されている。

【関西喜劇 ソレが男の生きる道】
決定稿3台本 1970.08.29(第3稿)
原作・脚色/藤本義一 -「骨までいただき」-より
監督/福田 純 製作/福田 純、馬場和夫
主演/藤田まこと

(1970年度製作/劇場公開1970年11月22日)

イメージ 1
ザ・ドリフターズの映画シリーズは2タイプ・全21作。
松竹の「全員集合!!」シリーズと東宝の「ドリフターズですよ!」シリーズである。
「東宝の…」と云ってもこの作品は東京映画が製作している。
東宝砧撮影所ではなく、かつて世田谷区船橋にあった「東京映画撮影所」なのだ。

東宝のドリフ映画は全5作。
シリーズ第2弾がこの『ドリフターズですよ!盗って盗って盗りまくれ』

ストーリーは、いかりや長介演じる石川五右衛門の末裔・石川五六造の元に4人のコソ泥が現れ、
五六造と共に立派な泥棒になるべく修行し、金塊の強奪を目論む…。

製作が東京映画である事から東京映画の大ヒット作品『駅前シリーズ』の
レギュラー俳優としてフランキー堺が助演参加している。
さらに、劇中「ザ・グレターズ」というグループ・サウンズ役でも
ドリフが出演しているのも見どころのひとつ。


【ドリフターズですよ!盗って盗って盗りまくれ】
決定稿1台本 1968.02.02(第 稿)
原作/池田一朗 脚本/渡邊祐介、東盛作
監督/渡邊祐介 製作/佐藤一郎、椎野英之
製作会社/東京映画、渡辺プロ 配給/東宝


(1968年度製作/劇場公開1968年4月10日)






イメージ 1
1974年に製作された福田純監督作品の一本。
この年、福田純監督作品と言えば、特撮映画「ゴジラ対メカゴジラ」「エスパイ」がある。
この特撮映画2本の間に製作されたのが『喜劇 だましの仁義』である。
主演はクレージーキャッツの谷啓。
他のクレージーメンバーは出演していない。
だからクレージー映画でもスピンオフでもないのだ。

ストーリーは、「全国を行脚しながら人をだます4人組のサギ師と
彼らを追う元刑事の知恵くらべ。」らしい…。
実は現時点、未見の福田監督作品なのだ。

劇場公開タイトルは「喜劇 だましの仁義」。
今回入手した脚本は『喜劇 男の生きがい』。
題名だけじゃ誰も詐欺師の話だなんて判んないよね。

だから改題公開したのかな?
「だましの…」コレなら何となく詐欺っぽいかも?…ね。

福田純監督作品の脚本として入手したんだけど…
なぜか?最近特撮映画と関係ないモノまで手を出してる気がする…。

ボクの収集意欲とモチベーションは何処へ向かっているのやら…。
「台本から見た東宝映画史の探求!?」でも目指そうとしているのだろうか?

近頃、自分でも自分の事が判らなくなってきてる感じ…。

まあ、気が向くまま。思うまま。
インスピレーションを大事にしていきますか!

「これからもよろしく!電脳小僧さん!!」と…

電脳小僧のボクは、ボクの心に居候している電脳小僧につぶやいてみる。

まるで「とあるアニメのシスターズ」みたいな文章だな…コレ!




【喜劇 男の生きがい】決定稿台本
1973.07.16(第 稿)
脚本/小林一邦、西川常三郎、福田純、田波靖男
原作/山本一夫「狸の代紋」より
監督/福田 純 製作/大木舜二

(劇場公開/1974年5月14日)

イメージ 1
【クレージーの殴り込み清水港】
1970年に製作されたクレージーキャッツ主演作品。
前作『クレージーの無責任清水港(1966)』の続編でもあり、
「時代劇シリーズ」最終作。
クレージーキャッツのメンバー7人全員が顔を揃えた、
最後の東宝クレージー映画なのである。

【クレージーの殴り込み清水港】決定稿2台本
1969.10.29 (第 稿)
脚本/田波靖男 
監督/坪島 孝 
製作/渡辺晋、田波靖男

(劇場公開/1970年1月15日)

イメージ 1
『喜劇 泥棒大家族 天下を盗る』は、
「クレージー映画のスピンオフ的な作品じゃないのか?」と
思っているのはボクだけではないと思うのだが…。

1970年に、メンバーの石橋エータローが脱退。
ハナ肇も参加していないが、クレージーキャッツのメンバーからは、
谷啓、犬塚弘、安田伸、桜井センリが出演している。
もちろん主演は、植木等。
正式には「ハナ肇とクレージーキャッツ」なのだから、
ハナ肇を抜くと本来クレージーキャッツのメンバーは石橋エータローを入れて6人。
直前に石橋エータローが脱退してしまったが、
クレージーキャッツの残りのメンバー5人全員が出演している。
この映画も間違いなく正式なクレージー映画なのだと思う。

さて今回の映画脚本は、第2稿台本である。
タイトルは仮題扱い。
『喜劇 泥棒家族(仮題)』となっている。
「泥棒大家族 天下を盗る」の公開題名に決まる前の脚本。

この作品は、「東宝創立40周年記念映画」として製作された一本でもある。
先日、最後の東宝クレージー映画は『クレージーの殴り込み清水港』と紹介したのだが…もしかしたらこの作品が、
本当の「最後の東宝クレージー映画」なのかもしれない…。

【喜劇 泥棒家族(仮題)】第2稿台本
1972.05.16(第2稿)
脚本/田波靖男、中西隆三
監督/坪島 孝
製作/渡辺晋、大木舜二

(劇場公開/1972年10月28日)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事