ここから本文です
電脳小僧の特撮映画資料室アナザーサイド版…筆者の妄想にご注意を!
電脳小僧の特撮映画資料室アナザーサイドへようこそ!「表サイト」と違い、電脳小僧が本音をブログ形式で語る「裏サイト」であります。

書庫全体表示

記事検索
検索
イメージ 1
1962年〜1964年の2年間に全11作製作された大映【黒のシリーズ】
シリーズとは言っても各作品まったく個別のストーリーなのである。
単に作品タイトルに【黒の…】とつくだけ。映画シリーズの総称である理由なのだが、何故だか心躍るカッコ良さがある。
この【黒のシリーズ】には、「大映東京撮影所」と「大映京都撮影所」の2箇所で製作された作品がある。
掲載の資料は、シリーズ最終作【黒の超特急】の企画書。
企画提案者は、藤井浩明氏。当時の大映企画制作本部/八尋大和氏へ提出されたもの。

【黒のシリーズ/全11作】

第1作『黒の試走車』(1962年/大映東京)
(因みに「黒の試走車⇒黒のテストカー」と読む)
監督/増村保造 脚本/舟橋和郎、石松愛弘 原作/梶山季之「黒の試走車」 主演/田宮二郎

第2作『黒の報告書』(1963年/大映東京)
監督/増村保造 脚本/石松愛弘 構成/増村保造 原作/佐賀潜「華やかな死体」 主演/宇津井健

第3作『黒の札束』(1963年/大映東京)
監督/村山三男 脚本/高岩肇 原作/佐野洋「重い札束」 主演/川崎敬三

第4作『黒の死球』(1963年/大映東京)
監督/瑞穂春海 脚本/田口耕三 原作/高原弘吉「あるスカウトの死」 主演/宇津井健

第5作『黒の商標』(1963年/大映東京)
(因みに「黒の商標⇒黒のトレードマーク」と読む)
監督/弓削太郎 脚本/長谷川公之 原作/邦光史郎「仮面の商標」 出演/宇津井健

第6作『黒の駐車場』(1963年/大映東京)
監督/弓削太郎 脚本/星川清司、石松愛弘 原作/黒岩重吾「廃墟の唇」 主演/田宮二郎

第7作『黒の爆走』(1964年/大映東京)
監督/富本壮吉 脚本/舟橋和郎、小滝光郎 主演/田宮二郎

第8作『黒の挑戦者』(1964年/大映京都)
監督/村山三男 脚本/松浦健郎、石松愛弘 原作/島田一男「屍蝋の市場」 主演/田宮二郎

第9作『黒の凶器』(1964年/大映京都)
監督/井上 昭 脚本/舟橋和郎、小滝光郎 原作/梶山季之「影の凶器」 主演/田宮二郎

第10作『黒の切り札』(1964年/大映東京)
監督/井上梅次 脚本/長谷川公之 主演/田宮二郎

第11作『黒の超特急』(1964年/大映東京)
監督/増村保造 脚本/増村保造、白坂依志夫 原作/梶山季之「夢の超特急」 主演/田宮二郎
イメージ 1
1977年に田中友幸氏が社長であった東宝映像が企画した
幻の劇場用SF映画【モルク 二〇五一年の独裁者/未製作】。

原作はイギリスのSF作家/アンガス・マクヴィカーの
(マクヴィガー、マックビカーと表記される事もある)
SFジュブナイル作品
「謎の冷凍人間 −宇宙船スーパー・ノヴァ号の冒険2- ※a」
※a 角川文庫刊(絶版)・翻訳/中上 守

企画者は、坂野義光氏と角田健一郎氏。
(角田氏は「フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ」で
 田中友幸氏の共同製作者としてクレジットされている。)

『モルク 二〇五一年の独裁者』は、「ゴジラ対ヘドラ」の坂野監督と
 角田プロデューサーの共作企画なのである。

「モルク」とは?…果たしてどんな内容なのか?…それは…
『2051年の月面基地「ルナ・シティ」を舞台に
宇宙船スーパー・ノヴァ号が小惑星で発掘し持ち帰った
冷凍カプセルから十万年の眠りから蘇った超人「モルク」が
独裁者となって人類を脅かそうとするストーリー』である。

因みに「冷凍人間モルク」を持ち帰った宇宙船スーパー・ノヴァ号が活躍するシリーズ第一弾に
「冥王星の謎 −宇宙船スーパー・ノヴァ号の冒険1- ※b」もある。※b 角川文庫刊(絶版)・翻訳/滝沢比佐子

残念ながら未製作となってしまいましたが…内容的には「さよならジュピター」を遥かに驚愕する超SF映画となっていたハズである。

さらにもう一つ!東宝特撮ファンなら既にお気づきかと思うが…
角川文庫刊「謎の冷凍人間 −宇宙船スーパー・ノヴァ号の冒険2-」のカバーイラストを描いているお方は、
あの「スターウォーズ/帝国の逆襲」のポスターで世界的人気を誇るイラストレーター『生頼範義』画伯である。
実にカッコイイ!!…そう思うのはボクだけじゃないハズだ!

【モルク -二〇五一年の独裁者-/(未製作)】1977
原作/アンガス・マクヴィガー「謎の冷凍人間」より
企画・ストーリー作成(トリートメント)/坂野義光、角田健一郎
製作/田中友幸
イメージ 1
…遂に完結!!って?
単純に言えばフルコンプしたって意味であります!
東映動画【キングコング】の研究用資料を収集中に出会った絵本系資料であります。
ひかりのくに昭和出版刊テレビ絵本『キングコング』シリーズは、全5巻。

第1巻「コングとかりゅうど」
第2巻「コングと潜水艦」
第3巻「ダイヤどろぼう」
第4巻「大怪獣パリをおそう」
第5巻「大わしをやっつけろ」

この度、遂にフルコンプリート致しました。

最後に入手したのは第2巻の『コングと潜水艦』。
東映動画「キングコング」のアニメ放送タイトルは、
『潜水艦を救助せよ』(1967.07.05 第13回放送:第25話)

表紙をご覧いただければわかると思いますが…
キングコングが海底から潜水艦を抱えて救助するお話です。

ある時、潜水艦が謎の電気ショックで沈没…。
イーグルホン船長とボビィ少年そしてコングが救助に向います。
イーグルホン船長が開発した鉤爪付きの潜水球に乗り込んだ
ボビィ少年とイーグルホン船長。
潜水球の鉤爪で沈没した潜水艦を引き上げようとしたところ…
巨大な電気クラゲが出現!潜水艦を電気ショックで襲った犯人は、
この巨大な電気クラゲだったのです…。
海底の潜水球からコングを呼ぶボビィ少年の声を聞きつけて
駆けつけたキングコングは、電気クラゲと大格闘!
沈没した潜水艦から水を抜く為のホースを掴んだコング!
電気クラゲに向けたとたん…にゅるっとホースに
吸い込まれ、巨大なバルーン状に…。
吸い口を結んだコングが手を離すとプカプカ…と
海中を彷徨いながら何処かへ流れて行ってしまいました…。
こうして…ボビィ少年とイーグルホン船長の乗った潜水球と
電気クラゲに襲われて沈没した潜水艦は、
無事にコングに救助されたのでした…。

アニメ「キングコング」はオモシロイ!!
権利関係の都合、国内ではビデオ化もDVD化もされていません。
実に残念であります…。
だからこそ、幼い頃テレビで見た思い込みだけのストーリーではなく、
せめてアフレコ台本の活字でいいから本当のお話を思い出したいと
キングコングの資料収集なんて面倒なことを始めてしまった理由であります。

ちなみに、いいこともあるんです!
キングコングの資料収集を知っているショップのオーナーさんが
「絵本のデッドストックが書店の倉庫から出たからダブリもあるけど、とりあえず全部仕入れといたよ!」
…とコレクターにとって実にありがたいことをしてくださるとても親切なお店もあるのです。

そんな理由でこの度「フルコンプ」。
ちなみに…そのデッドストック…我が家の状態が悪い巻の差替分のみ購入…。
ダブリを数冊残してしまった…。

帰り際、親切心で仕入れてくれたオーナーに聞いてみた…
ボク「オーナー、残しちゃったけど売れそうかなぁ…。」
オーナー「…(長い沈黙)…だぁ…大丈夫…だと…思う…。」

でも…オーナーの沈黙からボクは感じ取っていた…
確かに…当時のアフレコ台本から絵本やセル画、海外版DVDまで
アニメ「キングコング」の資料を収集しているマニアはボクくらいじゃないのだろうか?…。

夕暮れの帰り道…ボクは心の中でつぶやいた…
「オーナー…ごめんね…。売れ残ったら…いつか必ずボクが引き取るから…。」

やさしいオーナーのことだから…
ボクがすっかり忘れてしまった頃、きっとこう云うに違いない!
「うちの倉庫からデッドストック見つかったよ…キングコングの絵本が…ね。」
イメージ 1
【青島要塞爆撃命令】第2稿台本
1963.01.20 (第2稿)
脚本/須崎勝彌 
監督/古沢憲吾 
特技監督/円谷英二

イメージ 1
『潜水艦イ‐57降伏せず』

円谷英二特技監督率いる特殊技術課による素晴らしき特撮映画。
特撮好きがこの映画を見れば、きっと!樋口真嗣特技監督作品
「ローレライ」を思い浮かべるに違いない…。
和平工作の極秘特務指令を遂行する潜水艦「イ‐57」と
第3の原爆投下阻止の特務命令を遂行する潜水艦「伊五○七」…。
なんとなく雰囲気が似ている理由に気づくハズである。
潜水艦マニアには堪らない映画である。
日本男児諸君!男なら一度は見たまえ!
泣ける本格派潜水艦ムービーだぞ。
詳しくはDVDで!!

【潜水艦イ‐57降伏せず】
決定稿台本(第 稿)1959脱稿日不明-未記載-

原作/川村六良 脚本/須崎勝彌、木村武
監督/松林宗恵 特殊技術※
※特技監督/円谷英二(ノンクレジット-台本未記載-)
音楽/團伊玖磨 製作/堀江史朗
出演者/池部良、三橋達也、平田昭彦、土屋嘉男、久保 明 他
劇場公開/1959年7月5日


【ローレライ Lorelei: The witch of The pacific ocean】
原作/福井晴敏『終戦のローレライ』
脚本/鈴木智
監督/樋口真嗣
製作/亀山千広
製作/フジテレビジョン、東宝、関西テレビ放送、キングレコード
劇場公開/2005年3月5日

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事