何でもかんでも書いたもん勝ち!!

マニアネタを中心に日々のオススメを紹介!

全体表示

[ リスト ]

発売から1週間以上経過してしまいましたが、去る12月15日にリボルテック「アヌビス」が登場しました。

版権の問題から実現不可能だと思われていたオービタルフレームのリボルテック化が実現し、
最初に登場したZ.O.E版「ジェフティ」から数える事3作目が今回ご紹介するアヌビス。
ゲームでも不敵な強さを見せたラスボスが、満を持しての登場となった次第です。

私も発売される事が解ってからはジェフティ以上に期待していたアヌビス。
しかも今回はゲームのアートディレクターを務めた「新川洋司」氏が、
形状や彩色のチェックを行なうなどかなりの力の入れようですからね。

リボルテックもZ.O.Eシリーズもファンの私からすれば、期待するなというのが無理な話でしょう。

それでは早速、リボルテック版アヌビスを堪能したいと思います。

まずは外箱から。
イメージ 1
未開封の状態で眺めていても威風堂々とした感じがあり、何とも言えぬ迫力があります。
外箱に描かれた恐らく新川氏によるモノと思われるアヌビスのイラストもいい感じですよね。

ちなみにこの商品のキモは羽の様な6基のスラスターなんですが、
それがあるお陰で外箱の厚さが従来のリボよりも格段に厚い。

通常のリボシリーズの箱より1.5倍ほどボリュームがある造りになっています。

そしてそのスラスターを様々な形に可動させるのに一役買っているのがこのパーツ。
イメージ 2
写真の下部にある透明なパーツとそこに付いているリボジョイントによって、
ゲーム内でも登場したケレンミのあるポーズを生み出す事が出来るワケ。

ただ、色々なポーズが出来るので遊び甲斐はあるのですが、やはりスラスター部分は重量がある為、
ポージングして飾る際は専用の台座を使わなければならないというのが少々厄介かもしれません。

まぁ、台座を使ってもアヌビスのカッコ良さが失われるワケではないので、
この程度の厄介は厄介の内にも入らないとは思いますがw

さて色々とケレンミのあるポーズが取れるアヌビスにあって、私が選んだのはやはりあのポーズ。
イメージ 3
劇中でも印象的だった、スラスターを羽の様に広げ腕組みをしながら見下ろす様なポーズ。
正に「これぞアヌビス」といったポーズなので、色々悩んだ結果、この形で飾る事にしました。

いや〜、やっぱりカッコいいですよね♪

全体的にエッジが利いているので、シャープな感じが出ているのも◎。
ジェフティとはまた違った形でのオービタルフレーム特有の美しさがある様な気がます。

今度はサイドから見た写真を一つ。
イメージ 4
同じポーズですが横からみるとまた違った美しさがあって、これも素晴らしいの一言。
ジョイント部分が見えているのにそれすらもカッコ良く見えると言ったら言い過ぎでしょうか。

また、この角度からだと正面からよりも、スラスターの動きがよりダイナミックに見えるのが特徴的。
独特なデザインのアヌビスだからこそ、写真を撮った角度によって大きく表情が変わるのでしょうね。

今度はもう少し煽り気味のアングルで撮った写真を一つ。
イメージ 5
う〜ん、ラスボスらしい不敵さが前面に出てきましたね。
写真を見てるだけなのに何だか見下されているみたいですw

とまぁこんな感じで、リボルテック版アヌビスの外見的な部分のご紹介は終了。
最後にパーツや塗装について少し触れたいと思います。

これだけ大きなスラスターもあり、その上リボジョイントの数も多かったので、
当初はバランスが取り難いとかジョイントがハメ難いなどの懸念もあったのですが、
実際はそんな事は無くジョイントも過去の作品から比べればハメ易くなっており、
スラスターを支える為の専用ベースもあって大きな問題はありませんでした。

独特な形状なので脚部分の可動時やスラスターを可動させる際に注意が必要なものの、
それ以外の部分においては特に気になる点は無かったです。
(尤もリボシリーズはバラつきがあるので、偶々当たりを引いただけかもしれませんが…)

ただ一つ気になったのは、スラスター部分の塗装に一部修正痕と思われるものがあった事。
上から塗りつぶした感じになっていてその部分に厚みが出てしまい不自然になっていました。

修正するのは別に構いませんが、どうせやるならもっと修正痕を解らなくして欲しかったかも。
あの程度なら私が修正した方が余程、違和感無く仕上げる事が出来ますからね。

価格が安いので致し方無い部分もあるでしょうが、この辺りはキチンとして欲しいと思います。

ともあれ、全体的に見ればデザインも含めて秀逸なデキにあるリボルテック版アヌビス。
圧倒的なボリュームと美しさが同居したこのフィギュアは絶対に一見の価値あり。

フィギュアマニアは元より、ゲームのファンの方もぜひお手に取ってみる事をオススメします。
たかだか実売3000円程度でこのレベルのモノが手に入るなんて驚く事間違い無しかと。

今年発売になったリボルテックシリーズの中で1位2位を争うデキなので、
塗装やジョイントなどのバラつきを加味しても、超オススメの逸品です♪

オススメ度
★★★★☆…星4つ!!

閉じる コメント(2)

顔アイコン

あまりの嬉しさにAmazonで2個購入したけど全く後悔してません!
リボの中でも一際デカイエイリアンクイーンやレギオンとガチで対峙可能な
ボリュームとケレン味は正に「悪の華」の極みと溜息レベルです。
今後「千値練」製の商品化が残りますが、とりあえずは今期最高の作品かと。
後はビックバイパーが待ち遠しいですね。
HD版出たらいよいよPS3購入かも。

2011/12/25(日) 午後 5:34 [ アムル=NG軍曹 ]

顔アイコン

その気持ち、よ〜く解ります♪

私もこの記事を書く為に開封し色々と弄ってみて、
このアヌビスのカッコ良さにヤラれたって感じで、
今またポージングして飾った姿を見て再度ヤラれてるぐらいw

今期最高というアムルさんの言葉には、私も同意見です。

あとは仰る様にビッグバイパーなど他のオービタルフレームのリボ化。

売れ行きもかなりイイみたいですし評価も高いので、
もしかしたらシリーズ化も夢じゃないかもしれませんね♪

2011/12/25(日) 午後 6:25 [ cybertroopers7 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事