何でもかんでも書いたもん勝ち!!

マニアネタを中心に日々のオススメを紹介!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
久々に観る物が多くなった今期のアニメですが、現在大体5話程度まで終了した所で、
その多くの作品が期待通りかもしくは期待以上のクオリティに仕上がっている事が解りました。

少し前のブログにて「観たいアニメ」として取り上げたものの内、
期待を上回るデキだったのが「ラストエグザイル 銀翼のファム」と「Fate/Zero」。

この2作品は放映前から評判が高く、ある程度ハードルを高めに設定していたはずなのに、
それを易々と超えていくぐらいに飛びぬけてクオリティが高く、内容も非常に面白い。

銀翼のファムに関しては圧倒的な「空」の描写と疾走感が秀逸でまずグラフィックレベルの高さに驚きます。
だからといって絵だけ素晴らしいとはならず、ストーリーやキャラクターもしっかりと造りこまれている点が◎。

主人公のファムをはじめ魅力的な登場人物達と、女の子が主役で多くの主要人物が女性でありながら、
まるで少年マンガの様な痛快さとヒロイズムを併せ持ったストーリー展開というのも面白い特徴。

非常に解り易い構成になっていて誰でも楽しめる展開をベースにしながらも、
良い悪いで簡単に断じる事が出来ない「侵略の理由」に関しての難しさなど、
考えさせられるテーマ性も含んでいると思しき部分も見られて本当に良く出来ていると思います。

まだまだ序盤戦でこの先の展開がどうなるかという楽しみもありますし、
何より「大空を翔る」という描写の見せ方は見惚れてしまうぐらいの魅力がある。

声優陣も想像していたよりも巧かったので、その点でも安心して観られました。

この先もレベルを落とさず最後まで描ききってくれれば、アニメ史上に残る名作になるかもしれませんね。

さて、もう一つのオススメFate/Zeroは、ファムとは間逆のダークサイドのストーリー展開ではありますが、
これもある種のヒロイズムがありその点においてはファムと同じような匂いのある作品と言えそうです。

実はこの作品の根幹である「Fate/Stay night」を断片的にしか観ていない為、今作が「初Fateシリーズ」。
故に詳細というのはあまりよく解っていない状態で観たワケですが、これが完全に私のツボでした。

主題歌もそうですしキャラクターデザインや声優陣など、何処を切っても私の好みな部分ばかり。
ストーリー展開やキャラクターそれぞれの個性も非常に好きなタイプの作品になっています。

ことに声優陣に関しては渋声で超が付く程好きな「大塚明夫」さんと「中田譲治」さんをはじめ、
イケメン声をやらせればピカイチな「緑川光」さんに「速水奨」さんなど男性陣が素晴らしいの一言。

それ以外も「関智一」さんや「小山力也」さんなど層々たるメンバーが揃っていますからね。

主役級のセイバーは女性キャラですが、演じる「川澄綾子」さんの凛とした声は、
女性でありながら、ある種のイケメン的な要素も持っていますし。

こうした意味においてはファムとは逆の「男ぽさ」が前面に出た作品としての面白さがあるかと。

まぁ、可愛い女の子を出しておけば売れるなんて悪しき風潮がある昨今のアニメ業界で、
これだけ男性陣(声優という意味も含めて)をメインキャストにした作品を作るというのは、
作品の質はともあれ売れるか否かという部分においては相当な冒険だったと思いますけどね。

いずれにせよ作品のデキは文句無しで、声フェチも満足させるデキになっていました。

とまぁ、こんな風に2作品を挙げてみましたが、その他の作品も期待通りのデキ。
「UN-GO」は観る人を選びますが捻りのある作品が好きな人にはオススメですし、
「ペルソナ4」に関しては良くも悪くもゲームをきちんと再現しているので、
原作が好きな方にはかなり満足できるデキにあるのではないかと思います。

ただ「ギルティクラウン」についてだけはグラフィックレベルは凄まじいモノがあったものの、
内容的には思った程ではなく期待が大きかった分、少々肩透かしを食った気もしますが…。

それでも凡百の作品よりかはハイレベルですし、ここに挙げた作品はどれも観て損は無いかと。

既に全作品、5話ぐらいまで進んでしまっているので、今から後追いするのは大変でしょうが、
機会があればDVDやブルーレイなどでぜひとも通してご覧になる事をオススメします。

特にファムとFateは超オススメなので、アニメファンならずとも要チェックですよ♪
てっきり「ジャパンカップダート」で両雄激突という運びになるのかと思っていた
「トランセンド」と「スマートファルコン」の直接対決が、本日大井競馬場で行なわれた
「JBCクラッシック」にて早くも実現する事になりました。

この2頭の対決は初めてではないのですが、最強馬として相応しいレベルになってからは今回が初めて。
そして脚質的に似た様なものである為に、個人的には「どっちが速いのか」という興味もあったりするワケです。

そんな2頭が激突するとあって、オッズの方は正に2頭の独壇場。
故に競馬をギャンブルと捉えると全く買う価値の無いレースになってしまいました。

まぁ、多くのファンは配当的妙味よりも「どちらが強いのか」という部分に注目しているので、
馬券を買わずとも楽しんだ方は多かったのではないかと思います。

さて、そんなJBCですがある程度予想はしていたものの、やはり2頭のマッチレース。
逃げるスマートに追うトラン、だいぶ離れて「シビルウォー」、さらにはるか後方に4番手以降の集団という形。
このまま最後の直線まで変わらなかったので、シビルはともあれ後は論外といった感じの競馬となりました。

最後の直線で一度は更に差を広げるスマート。しかし前走「南部杯」でも見せたトランの2枚腰が追い詰める。
直線入り口で3馬身以上あった差が1歩毎に詰まっていき、残りはあと1馬身…しかし無常にもここがゴール。

最後までよく追い詰めましたが、スマートファルコンの逃げ切りで幕を閉じる事となりました。
イメージ 1
これでスマートは昨年に続き連覇。しかも昨年のJBCから負け無しの7連勝。
そして鞍上の「武豊」騎手もこのレース5連覇という快挙を成し遂げた次第。

トランセンドとの対決も含めて記録尽くしのレースとなったのではないでしょうか。

ただ、このレースの結果を持って「スマートファルコン最強」とするのは少々疑問あり。
確かに強いですし3着を3馬身半、4着以下を大差で下した上でトランにも勝利というのは強い証拠。

しかしながらこの大井を始めとした地方コースはスマートにとって言わばホームコースで、
脚質的に確実に有利に働くという地の利があるというのも間違いないワケです。

昨年からの7連勝も全て地方での実績で、本当に強さが試される中央の舞台での実績はありません。
翻って負けたトランは中央の2大ダートGⅠを制覇し、ドバイでも2着という実績ですから、
1馬身差程度の負けでスマートの方が強いと見るのは早計かもしれないと思います。

これで次走にジャパンカップダートにて再対決→勝利ともなれば本物なんでしょうが、
どうもジャパンカップダートには出走しない意向だという情報が…

友人が言っていた「有利不利に左右されず本当の強さが試される場所だと化けの皮が剥がれるから、
そういう場所のレースをさけて有利な地方のレースにばかり逃げている」というセリフも言い過ぎではないかも。

確かに今日のレースを観ていると、いつもの2流以下の面子やピークを過ぎた1流馬相手ならば、
直線であった3馬身の差を更に広げていたはずなのに、今回は確実に詰め寄られている状況ですからね。

ゴール前での脚色ではあと10mあればトランに差されていた感じなので、
これが東京コースや阪神コースだったら間違いなく逆転されていたでしょう。

そう考えるとスマートファルコンの強さというのは、小回りで坂も無いフラットなコース、
あるいは直線が短めのコースという限定条件でのみ発揮できる強さなのかもしれませんね。
スピードタイプの馬ですから持久力が試されるコースは向かないというのは納得がいきますし。

ただ、ファンとしては折角、同時期に本格化したライバル同士なんですから、
出来る事ならばジャパンカップダートやフェブラリーSで決着を付けて欲しい所かと。

レース間隔的には充分な余裕がありますし、ぜひともこの後のJCダートで再対決して欲しいものです。

ともあれ、スマートファルコンのトランセンドを破っての勝利は間違い無く立派だし強さの証明。
ダート現役最強馬と呼ぶにはまだ早くても、強い馬である事に変わりはありませんからね。

そして、今後の路線はどうなるか解りませんが、どうせなら中央場所で強い勝ち方を見せて、
私や友人が「茶々入れてごめんなさい」って言いたくなる様な最強馬になって欲しいと思います。

月刊「HERO’S」新創刊!!

仕事帰りに寄ったセブンイレブンにて今まで見た事の無い漫画雑誌を発見しました。
イメージ 1
月刊ヒーローズという雑誌で表紙にデカデカと記載がある様に「新創刊」した雑誌みたい。
ヒーローズというタイトルと一風変わった「ウルトラマン」の絵が気になったので、購入してみました。

まずこの雑誌の一番の特徴を挙げれれば、価格が非常に安いという点でしょう。
月刊誌でありながら定価200円というのはかなり安価な設定ではないかと。

尤もデアゴスティーニ商法みたいに初月安価で来月以降値上げという可能性も否定できませんし、
そもそも月刊の他の漫画雑誌の半分ほどの厚さしかないので200円は当然とも取れますけどね。

また月刊誌にしては薄いという部分が如実に現れているのが掲載漫画の少なさ。
今月号に掲載されている漫画は8本のみですからボリュームはあまりありません。

後は中身で勝負という事なのでしょう。

鉄のラインバレルのコンビが描く全く新しい切り口の「ウルトラマン」は、
そのデザインからしておお〜と思わせるには充分ですし、
内容も私達の知るウルトラマンとは異なったモノで中々面白そう。

ベテラン「島本和彦」氏は「ヒーローカンパニー」という漫画を上梓してますし、
「銀のケルベロス」なんて作品も目新しい設定では無いですが結構イケてる。

巨匠「池上遼一」先生が全面監修した「ドラゴンエフェクト」も池上ファンとしては注目の作品。

と、まぁこんな具合に数こそ少ないですが少数精鋭といった作品群となっている様な気がします。

AKBのコスプレ生写真なんて無駄なモンも付いてますがw、
好きな人にとってはこれも魅力の一つなんでしょうから、
それらを総合すると200円ならばかなりお買い得ではないかと。

次月以降も新作漫画が登場する予定ですし、注目して損は無い新雑誌だと思います。

ちなみに「月刊ヒーローズ」はセブンイレブン専売の雑誌みたいですね。
購入する予定の方はご注意下さいませ♪

オススメ度
★★★☆☆…星3つ!!
本日、仕事帰りにコンビニに寄った所、何だか気になるドリンクを見つけました。

赤い色が特徴的で大きく「TOMASH」と書かれており、結構目に付くデザイン。
イメージ 1
これはカゴメから新発売となったスパークリングトマトと呼ばれるドリンクで、
簡単に言えばトマトジュースに炭酸ガスを入れたもの。

ただ、缶に印刷されている表記を見る限りではレモンやブドウ、ジンジャーなどが入っており、
カゴメから発売されているトマトジュースに炭酸を入れただけという感じではないみたいです。

どんな味なのか想像が付かず非常に興味をそそられたので、そのまま購入して飲んでみる事にしました。

缶を開けコップに注いだらこんな感じ。
イメージ 2
通常のトマトジュースより薄いので、特有のドロドロ感は全く無し。
どちらかと言えばかなりサラッとした雰囲気があります。

香りも特にトマト臭さというのは無く、あの缶が無ければ何のドリンクか解らないぐらいですからね。

一頻り眺めた後、早速飲んでみると…ほぉ〜、これは美味い。

トマトの風味もキチンとあるのですが爽やかな口当たりで飲み易く、
一般的なトマトジュースの様なクセというのはまるでないです。

アルコールの入ってない「トマトを使ったカクテル」って感じで、非常に美味しい。
一度飲んだらクセになる様な、トマトジュースの新しい形なのではないでしょうか。

一見するとイロモノに見えるものの、実際はクオリティの高いドリンクに仕上がっておりオススメ。
トマトジュースが苦手な人も全く気にならずに飲める仕様になっていると思います。

250mlで150円近くするのが難点ですが、それ以外は文句無しの「トマッシュ」。
コンビニなどで見かけたらぜひお手に取ってみて下さいませ。

きっとハマると思いますよ♪

オススメ度
★★★★☆・・・星4つ!!
「ブエナビスタ」をはじめ歴戦のGⅠ馬達が集結し、好メンバーとなった今年の天皇賞・秋。

ただ、本来ならば圧倒的な人気となるはずのブエナが状態一息であったり、
2番手評価の「アーネストリー」が不利な大外枠に入ったりした事で、
高いレベルでの混戦となっており予想は難解というレースになりました。

最終的には1番人気→ブエナ、2番人気→「ダークシャドウ」、3番人気→「エイシンフラッシュ」という形。
大外枠がかなり嫌われたのかアーネストリーは5番人気という形でレースを迎える事に。

レースは大方の予想通り「シルポート」の逃げで始まり、スタートで後手を踏んだアーネストリーは
何とか押し上げていくものの4番手付近に位置する形で、その時点でかなり脚を使ってしまった感じ。

1番人気のブエナはダークと共に中団よりやや前目の位置取りで、
その後に「トーセンジョーダン」や「ペルーサ」辺りが続く展開。

予想以上に飛ばしたシルポートが2番手以降に差を付けながら3コーナーに入り、
続く先行勢の中ではエイシンが前との距離を詰めながら捕まえに行く準備に入る。

「ローズキングダム」など人気で前目にいた馬も4コーナーから直線に向かう流れの中で前を射程圏に捉える。
その後ろにいたブエナは内に入ってしまい中々前が開かない窮屈な中でラスト400mを迎えます。

逃げたシルポート以外にも前目にいた馬はかなりハイペースの影響を受けたのか、
ローズやアーネストリー、エイシン辺りの有力馬が200m付近で早くも脚色が一杯。
ブエナは未だ前が開かず何とか隙間を縫いながら追い出せる状況を作ろうと岩田騎手が必至のアクション。

そんな馬達を尻目に外目に持ち出したダークとトーセンが素晴らしい脚で先頭に躍り上がります。
その2頭の1馬身半ぐらい後方からはペルーサが猛追を仕掛けてきますが、前2頭との差は詰まらず。

結局、ラスト50mぐらいの併せ馬状態を制して先頭でゴールしたのはトーセンジョーダン。
イメージ 1
包まれて追い出しに苦労したブエナは馬券圏をも外し4着止まりという結果になりました。

また前目に付けていた人気馬達は軒並み大惨敗。
予想以上にハイペースに巻きこまれたという事でしょうね。

それにしてもトーセンは強かった。

私の予想でも対抗に挙げていたので注目はしていたものの、
持ち時計が無くスピード決着に疑問があったのも事実。

ですから昨日のブログでも2〜3着狙いが妙味という書き方をしたのですが、
終わってみれば日本レコードという高速決着にも対応出来たという形でしたからね。

勝つ為にはあそこしかないという道中の位置取りと、直線で伸びる真ん中よりやや外を選択した事、
そして最後の最後で闘志を燃やせる併せ馬状態になったという事がこの結果を生んだのでしょう。

特に位置取りに関しては道中少しだけ前にいたダークが2着で、
逆に少しだけ後ろにいたペルーサが3着であった事を考えれば、
ハイペースの恩恵を受けながらマイナスは受けないという完璧な場所だったという事。

「トゥザグローリー」がほぼ同じ位置でレースを運びあわやという見せ場を作って5着になった事を鑑みれば、
(こちらはやや早仕掛け気味だった事と休み明けで本調子で無かった分勝ち負けまでいきませんでしたが)、
あの位置こそがウインニングポジションであったと言えるのではないでしょうか。

尤も、元々能力は高くデビュー前から評判の馬だったので、ポジション云々だけでなく
能力が開花すればコレぐらいは走ってもおかしく無い馬ではあるのですけどね。

ともあれ、鞍上の好騎乗も相まって苦手な時計勝負にも対応したトーセンは今後も楽しみな1頭。

このまま王道を歩むのならば次走は「ジャパンカップ」に出走するのだと思いますが、
距離適正的にはむしろそちらの方が合っている気がするので連勝も夢じゃないでしょう。

そして上手く事が運べば、有馬記念で先週3冠馬になった「オルフェーヴル」との
同厩直接対決が見れるかもしれないという楽しみもありますしね。

そんな期待を抱かせる勝利だったと思います。

また、負けた馬達も展開のアヤという部分が多分にあるので、巻き返しは必至。
今後も続く秋のGⅠ戦線は今回負けた馬達の動向でもまだまだ楽しめそうかと。

ちなみに本ブログの予想は対抗に推したトーセンが1着、▲に推したダークが3着なので
一応予想的には○→▲という流れで的中と言っても宜しいのではないかと思います。

まぁ、本命にしたローズが10着に敗れているので、あまり褒められたモノではありませんがw

次回も的中できる様に頑張りたいと思います♪

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事