何でもかんでも書いたもん勝ち!!

マニアネタを中心に日々のオススメを紹介!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

ラグナロク編が終了し「小泉ジュンイチロー」を主役としたエピソードが一応の完結をみた「ムダヅモ無き改革」。
今後の展開がどうなるのか非常に気になっていた人も多いのではないでしょうか。

そんなムダヅモの最新巻となる7巻がついに先日発売となりました。
イメージ 1
7巻からは「獅子の血族」編というエピソードがスタートし、主人公も小泉からスイッチします。

今巻から主役のバトンを受けたのは海自に所属する破天荒な男「真田」。
小泉ジュンイチローの向こうを張る漢気もあり魅力的な主人公と言えるかと。

7巻ではこの真田を中心にジュンイチロー不在で自民党から民主党に政権が移った日本を舞台に、
第13独立麻雀部隊が結成されるまでをリアルな出来事をパロディしながら描いています。

また、真田以外も魅力的な新しい登場人物が多数いて、相変わらずキャラ作りが巧いなぁと感心。

特に7巻後半部分で「土井タカコ」とバトルをする独立部隊の一人、陸自の「奥村」は大好きなタイプ。
バトルの最後でとる彼の行動や決め台詞は、漢義溢れていて正に「濡れる」って感じかと。

もちろん、前エピソードで主役を食う勢いのカッコ良さを見せた「麻生タロー」など、
古参の登場人物も引き続き重要な役で登場しておりその辺りも見もの。

新規キャラと古参キャラが今後どの様に絡んでいくかというのも、本作の楽しみの一つだと思います。

それと麻雀マンガとしての面白さだけでなく、前巻まで同様、実在の政治家や現在の政局などを
ギャグ風にしながら、その実、痛烈に批判している描写の面白さというのも本作の魅力と言えるでしょう。

そういった部分も含めて非常に楽しめる巻になっていました。

そんな感じで、麻雀を知らなくても充分楽しめる麻雀マンガ「ムダヅモ無き改革」。
未見の方は7巻だけと言わず、ぜひ1巻から通しで読んでみて下さいませ♪

ちなみに新章となる7巻は特装版と通常版の2種類が販売されています。
ムダヅモファンの私は当然ながらオマケが豊富な特装版の方を購入。
イメージ 2
こちらにはステッカーとポストカード、それに「第一次ラグナロク大戦報告白書」が付属。
特に報告白書は中々面白い造りになっていてファン必携のオマケではないかと。

これだけでも充分なオマケなんですが、更にこんなモノまで付いてました。
イメージ 3
「トリスタン」のトレーディングカードでこれまたかなりのデキの良さ。
普通にトレーディングカードを売り出してもいいんじゃね?と思うぐらいレベルが高かったです。

価格も通常版とそんなに変わらないので、購入予定の方はコチラがオススメですよ。

オススメ度
★★★★☆…星4つ!!

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事