何でもかんでも書いたもん勝ち!!

マニアネタを中心に日々のオススメを紹介!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

12月からの慌しさで一時は参加出来ない可能性すらあった「ワンフェス2012冬」。
しかし何とか落ち着く事が出来、本日、無事に会場に行ってきました。

先週の記事でも書いた様に、ガイドブックを見た限りでは企業ブースの盛り上がりがイマイチな感があり、
実際の会場ではどんな感じなのかというのが、今年のワンフェスの個人的な興味の一つだったのですが、
実際に現場に行ってみてやはり例年ほどではないなぁと実感した次第です。

まぁ、目玉となる様な限定商品も無く、リボですら単なる色違い商品程度しか出ていない状況では当然かも。
実際、企業ブースの限定商品で大行列が出来て盛況だったのは「メディコス」と「ワンホビ」ぐらい。

色々と状況が変わったとは言え、数年前までアホみたいな行列を作っていた「ボークス」や「海洋堂」は、
並ばずに買えるどころか客を呼び込まなければならないぐらいの有様でしたからね。

そういう意味ではフィギュア業界も勢力図が色々と変わり、客層というのも変化しているという事なのでしょう。

尤も、会場限定商品などの所謂、お土産的な部分以外は相応に盛り上がりを見せていて、
各社が展示していた新作の原型などは人だかりが出来ているのも多く見かけられており、
フィギュア業界全体が急速に縮小傾向にあるというワケではないみたいですけどね。
(以前から比べれば全体的に縮小傾向にあるのは間違いないでしょうが)

とまぁ、前置きはこの辺りまでにして、早速、会場で気になった新作などを紹介していく事にしましょう。

まずはリボルテック関連から。
イメージ 1
やっぱりと言うか、とうとうと言うか、モンハンがついにリボルテック化される様です。
しかもこのリオレウス装備のキャラクターだけでなくモンスターも同時にリリース予定。
イメージ 2
今回は未彩色の原型のみの展示となっていましたが、モンハン好きの私を喜ばせるには充分なネタ。
シリーズ化されていく可能性が高いでしょうから、今後リボルテックの基幹シリーズになるやもしれませんね。

お次は今月よりリリースが開始された「リボルテックTAKEYA」より、仏像関連をご紹介します。
イメージ 3
既にリリースが決定している5体の揃い踏みで、何とも言えぬ迫力がありますよね。
また、写真では解り難いかもしれませんが、一番右端にあるのが新作「風神」の原型。
他の5体よりもひと回りぐらい大きい為、こちらも迫力があっていい感じかと。

TAKEYA関連ではこの風神のみが新作の原型として公開されていましたが、
当然、風神があるなら対となる「雷神」も出るのは必至でしょうから、
この先もしばらくはこのカテゴリーのリリースは続いていくのでしょう。

他にリボルテック関連ではマブラブから「御剣冥夜」の原型も展示されてました。
イメージ 4
既に発売されているfigma版と比較するとボリュームアップされていて、これはコレでいい感じ。
繊細な美しさという部分は無くても、若干、ディフォルメされたシルエットがカッコ良いと思います。

個人的に琴線に触れたリボネタはこんな所でしょうか。

次はリボ以外で気になったネタをご紹介しましょう。
イメージ 5
これは「Fate/Zero」のバイクの実物版で、会場でも一際目を引く存在となっていました。
フィギュアでも発売されるのでデザイン自体は以前から目にしていたものの、
やはり実物版でみるとフィギュアにはない迫力がありますよね。

それから新作フィギュアとして個人的に注目したのがこちら。
イメージ 6
新シリーズが連載開始となった「シャーマンキング」より、葉の彩色見本が展示されてました。

元々のデザインが大好きな事もあってこのフィギュアには相当注目しており、
シリーズ化されればまず買いまくるであろう事が予想されるぐらいに私のツボ。

彩色原型が飾られていた事を考えれば、近い内に発売されるのではないかと。
今から非常に楽しみです。

それから、figma関連では「ゼルダの伝説」の「リンク」の原型が展示されてました。
イメージ 7
可愛らしさとカッコ良さを合せ持った様なシルエットとなっており、こちらも注目度大。
まだ未彩色の原型のみなので製品化は先でしょうが、期待出来そうですよね。

とまぁ、こんな感じで駆け足で見てきましたが、企業ブースで気になったのはこんな所。

一般ディーラーのブースに関しては全体的な底辺の底上げはされていて技術レベルは上がっていたものの、
「魅入ってしまう」様な半端無いレベルのモノは見当たらず、「可も無く不可も無く」って感じのモノばかりでした。

これはここ数年の流れで、新しい事に挑戦している人が多く、男性よりも女性にウケるネタが増えた一方で、
オーソドックスな「ガレージキット」を突き詰めてハイグレードなモノを生み出しているのはごく一部って感じ。

ある程度、飽和状態になっているので、新たなステージに上がる為の過渡期故の状況なのでしょうね。

1年後ぐらいにはこの状況が好転し、昔みたく唸る様なレベルの作品を作るディーラーが続々登場して、
それを見る事がワンフェスに行く最大の楽しみになるぐらいにまで戻ってくれるとありがたいのですが…。

最後に今回のワンフェスの戦利品をご紹介。
先に述べた様に目玉となる商品が皆無だったので、全体的に小粒なモノばかりとなりました。
イメージ 8
今回購入した品々はこんな感じで、フィギュアの祭典なのに何故か「北陸製菓」のお菓子がメインw
恒例となったムーミンの「シナモンブレッド」に新作?の「ビスケットザウルス」。
更には「アニマルフレンズ」なるたべっ子動物ばりのビスケットも購入してみました。

フィギュア関連では「海洋堂ミュージアム」の限定品「ブルードラゴン」と、
昨年オープンした「海洋堂ホビー館四万十」より「土佐弁キャラクター」のストラップ。
それから「松村しのぶ」さん原型の河童レジンキットも購入した次第。

ちなみに土佐弁キャラクターは本来四万十に行かないとゲットできない品で、ガチャガチャ仕様。
しかも今回は特別にワンフェスバージョンとして当たり付きになっており、
当たりを引けばレジンキット版が同梱されている形になっています。

で、会場では全く気が付かなかったんですが、帰宅後、再度中身を確認してみると、
3回ガチャった内の2個にこの当たりが入っていました(2個共「たっすい」というキャラのレジン)。

大盤振る舞いで当たりが多かったのかもしれませんが、これはこれで嬉しいものですよね。

それから、一般ディーラーの商品で「3月のライオン」に登場した「王将ネコ」のガレキも購入。
シンプルながら型抜きも綺麗で1000円という価格を考えればかなりお買い得な品だったのではないかと。

戦利品は以上です。

次回「ワンフェス2012夏」は7月29日に開催予定。
次こそは魅力的な品が出てくる事を祈りつつ、夏を楽しみに待ちたいと思います。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事