何でもかんでも書いたもん勝ち!!

マニアネタを中心に日々のオススメを紹介!

ジャンク&B級グルメ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全34ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

私は誰もが唸る様な旨いモノと同じぐらいジャンクなご飯というのが好き。

そんなジャンク飯屋の代表はマックなどのハンバーガー系だと思いますが、
それらと双璧を成すジャンク飯の店に餃子で有名な「王将」があります。

マックなどと比べると店舗数が少ないのでそれほど行く機会はないものの、
たまに無性に食べたくなる事がある店の一つだったりするワケです。

ただこの王将、安いしボリュームがあるので非常に人気がある為、いつ行っても混んでいるのが欠点。
ですので、並ぶのがキライな私は専ら「持ち帰り」専門で利用している次第。
(まぁ、時間によっては持ち帰りすら大混雑してますがw)

ここの所、忙しい日々が続いていて昼飯が簡素な食事になる事が多かったので、
休みの日の昼ぐらいガッツリ食べようと思い立ち、本日久々に行ってきました。

私は休日の昼が一般的な人よりも遅い為、店を訪れたのは午後の3時過ぎ。
流石に持ち帰りコーナーは誰も居ませんでしたが、店の中は相変わらずの盛況ぶり。

単純に味だけみたら決して旨いモンでもないのに、何でこんなに混んでるんだろうなんて考えながら、
メニューを一頻り眺めて私が選択したのはオーソドックスな「チャーハン弁当」でした。

コレはチャーハンに餃子が6個付いて、更にはから揚げと肉団子が1つずつ付いた品。
これだけボリューミーなのに630円という低価格が如何にも王将らしいメニューかと。

キングオブジャンク的な組み合わせでもあり、胃袋にもかなりガッツリきそうなメニューですよね。

暫く待って商品を受け取り、自宅にて開封した弁当がこちら。
イメージ 1
いや、もう、なんつうか、とりあえず詰め込んだ感がジャンクらしいけれども、
上品な人が見たら卒倒するような見た目の破壊力がありますw

餃子の香りとチャーハンの香りが入り混じり、何とも食欲をそそるというのもジャンクらしくていい感じ。
写真を撮る時間ももどかしいって感じで早々に切り上げ、早速食べてみる事にしました。

う〜ん、久々に食べたけれど、やはり味は濃い目で「旨い」とは違う「美味い」がある。
クセになる様な味で決して品があるワケでは無くとも、次々食べてしまう魔力がありました。

尤も、以前食べた時よりも若干味が濃くなっており、チャーハンの塩気が強かったのはマイナス。
まぁ、、王将は店舗によって味が変わる店なんで、以前食べた店の方がより私好みだったという事なのでしょう。

何れにせよパンチ力は相当なモノがあり、満腹過ぎて暫く食べ物は見たくなくなる程でしたw
これで630円という価格はかなりのコストパフォーマンスで、偶に食べるならオススメだと思います。

今回食べた店舗は少々味が濃すぎたので私的には若干マイナスですが、
それでも価格と量を考えればオススメに足るジャンク飯。

同じジャンクで比べればマックよりもコストパフォーマンスは良いので、
ジャンク飯好きな方にはこの「チャーハン弁当」をぜひチェックしてみて下さいませ♪

ジャンクの王道を実感する事が出来ると思いますよ。

オススメ度
★★★☆☆…星3つ!!
コカコーラ社のライバルであり世界的にも知名度がありながら、
なぜか斜め上を行くコーラの販売にも力を入れているペプシ社。

そんなペプシコーラより、新作変り種コーラが登場しました。
イメージ 1
その名も「ペプシ ピンク」。ええ、もう何の捻りも無い見たまんまのネーミングですw

ラベルのデザインをご覧になれば解る様に、このコーラはイチゴフレーバーがメイン。
ラベルには「strawberry and milk flavor」との記載があるので、要は「イチゴミルクコーラ」って事らしい。

コレまでのシリーズの商品より幾分飲み易そうなイメージはあるものの、
コーラなんだがイチゴソーダなんだか解らない印象もあります。

どんな味なのか想像が付きそうで付かない感じだったので、
早速、開封をしてコップに注いでみる事にしました。
イメージ 2
随分と薄いピンクですが、香りの方はかなり強くていかにも「香料のイチゴ」って感じ。
ベースであるコーラの匂いやミルク系の香りというのは全くしませんでした。

一頻り眺めた後に一口飲んでみると…う〜ん、表現に困る味だw

香料のキツさもあってか最初は強烈なイチゴの風味がきます。
しかし、ちゃんとコーラっぽい味もしていてミルク的な円やかさもある。

記載されている風味は全て入っていながら、なぜかそれぞれが独立していて融合はしていない。
故に、何とも不思議な味わいになっていて、美味しいとも不味いともつかない飲み物になっていました。

ペプシの変り種シリーズって良くも悪くも「好きな人は好き。キライな人は全くダメ」という味だったのですが、
今回の「ピンク」は一番普通っぽいネタを使っていながら、一番斜め上を行った味と言えるかもしれません。

何れにせよ、言葉では表し難い独創的な味なので、変わったモノがお好きな方は一度お試しあれ。
色々な意味で「ペプシ凄ぇ」って思う事間違い無しだと思いますよ。

オススメ度は低いですが、一見の価値ありです♪

オススメ度
★★☆☆☆…星2つ!!
最近はハンバーガー系の店が何処へ行っても「マクドナルド」ばかりという状況な為、
本ブログで取り上げるバーガーネタもその対象がほぼマックばかりという現状でした。

ジャンクフードは偶に食べるものですし、そもそも「旨さ」というモノを求めて食べるものでもないので、
別段、マックだけでも困らないと言えば困らないのですが、いつも同じ様なものではやはり飽きてしまう。

ですので、久々に少々足を伸ばして「モスバーガー」で夕食を買ってくる事にしました。

かなり久しぶりに訪れたせいか定番メニュー以外の期間限定メニューなどは全く知らないものばかり。
とりあえず、今現在のイチオシが「とびきりハンバーグサンド」シリーズだったのでそれを買ってきた次第。

何種類かあるとびきりシリーズの中から私が選択したのは「焼きトマト&チーズデミ」。
その名の通りキモとなるのが焼いたトマトという商品となっていました。
イメージ 1
ほんのり焦げ目の付いたトマトが生とは違った味わいとなっており、
濃厚だけど決してしつこく無いデミグラスソースがこれまたいい感じ。

キノコと根菜のトマト煮が程よいアクセントと食感の変化を生んでいて◎。
少し大きめのパテもボリューミーでメニューで見て想像していたよりも、
(味も見た目も香りも)ずっと高いレベルで作られていたと思います。

ジャンクフードとしてはかなり美味しい部類に入る品で、オススメに足るデキ。
しかしながら、価格が高めな点がかなりネックになるのではないでしょうか。

このバーガー、単品で何と470円もします。

どんなにデキが良くても所詮はジャンクフード。
安くてお腹が一杯になるのがジャンクの特徴でもあるのに、
単品で500円近くもするというのはどうかと思うのですよね。

個人的にバーガー系では味もボリュームも最強だと思っているバーガーキングのワッパーですら、
単品で購入した場合420円である事を鑑みれば、いくらデキが良いといってもコレは高すぎ。
少なくとも値段を考慮して評価したら、間違いなくワッパーの方が頭2つぐらい上と言い切れますからね。

そう考えると、デキの良さを認めても価格設定のミスで評価を下げざるを得ないかと。

ですので、バーガーそのもののクオリティは星4つでもいいですが、
価格との兼ね合いで評価するとオマケして星3つが良いところでしょう。

ジャンクフードにお金を出す事に躊躇いがなければ、一度は試してみる価値はありますけどね。
味そのものについては充分、及第点と言えるレベルにありましたから。

オススメ度的には少々中途半端な感はありますが、マックに飽きた方には一見の価値ありだと思います。


オススメ度
★★★☆☆…星3つ!!
先日行った江ノ島にて自分用に購入したお土産がありまして、
それが表題にも挙げた「シラスマンゴーソーダ」。

名前からして怪しい事この上無いですが、変なモノ好きな私としては買わないワケにはいかず、
かと言って友人知人へのお土産とするにはちょっと気が引けるので自分用として購入した次第。
イメージ 1
外観自体はブルーのビンに入っていて中々洒落た感じの作り。
ただ、ラベルのデザインに関しては手作り感アリアリな気もしますけどね。

大きく「シラス」の文字が躍っているので、マンゴーソーダにシラスが入っているのかと思いますが、
実際にシラスが入っていたりシラスの味がするのでは無く、エキスが注入されているだけとなっています。

早速、栓抜きで蓋を外しコップに注いでみました。
イメージ 2
見た目はマンゴー系のドリンクにありがちな濃い目の黄色で、
特に変な色だったり妙な香りがするなんて事はありません。
とろみがある部分なんかもマンゴー系のドリンクらしい特徴ですしね。

暫く匂いを嗅いだり外見を見たりした後、実際に飲んでみると…うん、これは旨い!!

炭酸が弱めのマンゴーソーダで、何も知らされずに飲んだらシラスなんて微塵も感じられない。
エキスが入っているだけなので当たり前と言えば当たり前ですが、普通に美味しいドリンクでした。

炭酸が微炭酸よりもさらに弱めにしてある感じなので、
逆にそれが主張し過ぎない程よいアクセントになっている気がします。

マンゴー系のドリンクは濃厚になりがちなので、その部分を緩和しサッパリと飲ませる為に
最低限必要な強さの炭酸を加えているといった感じでしょうか。

商品名のインパクトは強いですが、ドリンクの味そのものはひと工夫されたオーソドックスといったところ。
斜め上を行っているワケではなく、非常に良く出来たドリンクになっていると思います。

そんな感じでネタのつもりで購入したわりに意外と当たりだった「シラスマンゴーソーダ」。
江ノ島に行った際はぜひ「シラス問屋とびっちょ」にて購入してみて下さいませ。

普通に美味しいのでお土産としても良いと思いますよ♪

オススメ度
★★★☆☆…星3つ!!
私の彼女は飲食系の仕事をしているので、土日祝日が休みになる事はほとんどありません。
従って土日祝日休みの私とは休日が同じになる事がまず無かったりします(年末年始などは別)。

ところが本日、偶々シフトの都合で急に彼女が休みになったので、
私達の間では非常に稀な「日曜日デート」を敢行する事にしました。

と、言っても1日だけなので遠出をするワケにもいかず、近間を散策でもするって流れになり、
最近、あまり行ってなかった神保町界隈でも行ってみようかという事になった次第。

元々、彼女も私も本好きなので、神保町でのデートというのは結構お気に入りのコース。
加えてお気に入りの喫茶店や美味しいお店が多いという利点もある。

もちろんメインは古本屋などの本屋散策なのですが、食事というのも楽しみの一つだったりするワケです。

で、14時頃に神保町に到着し、まずは腹ごしらえって感じで入った店が表題の「キッチンカロリー」。
本ブログでも何度か登場しており、知名度も高いのでご存知の方も多いのではないかと思います。

ここの名物は何と言っても「カロリー焼き」。

牛肉と玉葱をにんにく醤油で炒めたものを、鉄板の上に乗せたスパゲッティの更に上に乗せたもので、
コレをオカズにしてライスを食べるというのがこの店ならではの食べ方と言える代物です。

所謂「炭水化物×炭水化物」という形で、お好み焼きをオカズにご飯を食べるのと似た様なものかとw

そんなジャンク丸出し、でもヤミツキになる旨さのカロリー焼きを久々に食してきました。
イメージ 1
私が選択したのはカロリー焼きに鶏肉の竜田揚げが乗ったボリューミーな一品で、
にんにく醤油の香りに竜田揚げの香ばしさが加わり食欲ゲージが一気にMAXになる代物。

彼女の方は同じくカロリー焼きに目玉焼きをトッピングしたものを選択していました。

相変わらずジャンクな味ですが、食欲をそそる香りが程よいスパイスとなり、
かなりなボリュームにも関わらずアッと言う間に平らげてしまえるというのが凄い所。

学生時代から何度も食べているメニューでも、未だに飽きがこないというのも凄い点ではないかと思います。

お腹が空いていた事もあって二人とも短時間で平らげてしまい、いつも通りの満腹感に満足。
食べ過ぎにならないギリギリの満足感がいい感じだと思います。

暫くの間、お腹が膨れた満足感にひたった後に店を出て、本来の目的である本屋の散策を開始。
古本屋で目当ての本を購入したら、「神田伯剌西爾」でコーヒーとケーキで一休み。
そして、綺麗な満月が見え始めた頃に帰宅の徒についた次第です。

今回、面白かったのは同じデートコースでも平日と日曜ではその趣が大きく異なっているという事。

当然と言えば当然なのですが、店の混雑状況や客層、もっと大きい目でみれば街自体の雰囲気も
様々な形で変化があって、何度も来ている街なのに非常に新鮮な感じがしました。

こういう発見というのも、中々に楽しいものですよね。

私達の場合は、日曜祭日に休みが合う事はほとんどないですが、またこういう機会があったら、
平日に何度も行っている場所に訪れてみて、その違いを楽しんでみようかと思っています。

ともあれ、久々の神保町デートは心もお腹も満足いくものでした。

また、ジャンクだけど美味しいメニューが揃っているキッチンカロリーはオススメの店なので、
神保町界隈に行った際はぜひ一度、お寄りになってみて下さいませ。

きっと、スパゲッティ×ご飯の意外な相性の良さに驚くと思いますよ♪

全34ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事