何でもかんでも書いたもん勝ち!!

マニアネタを中心に日々のオススメを紹介!

季節日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全11ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

月並みではありますが、新年、明けましておめでとうございます。

昨年は大震災を始め各地で猛威を振るった台風など悲しい出来事も多かったですが、
同時にそうしたものに立ち向かう勇気や絆というのを再認識させられた年でもありました。

今年はそうした問題をより良い方へ向かわせる為に、一人一人が何が出来るかを
更に突き詰め、一日の大切さを噛み締めながら日々を送る一年にしていきたいと思っています。

本ブログも今まで通り私らしいネタを中心に一層面白い記事を書く様に勤めて、
その上で、こうした社会情勢に関するネタも随時取り入れていく所存でおります。

しばらくはプライベートの忙しさもあり更新が少なくなりますが、
近い内に必ず従来通りのペースに戻していきますので、
本年も「何でもかんでも書いたもん勝ち!!」を宜しくお願いいたします。
12月になってからの忙しさのせいで、アッと言う間に大晦日になってしまった感のある2011年。
あと数時間後には2012年の新年を迎える事となってしまいました。

今年は観測史上最大の大災害である「東北地方太平洋沖地震」が発生し、
東北地方や関東地方に住む人にとっては忘れられない年になったのではないでしょうか。

地震自体の凄さも然る事ながら、そこから派生した津波の被害が大きく、
また未だに続く原発の問題や民主党の対応の不備なども含めて、
日本人としてこの災害にどう向き合っていくのかというのを、
一人一人が非常に考えさせられた一年であったと思います。

3月に発生したこの地震のインパクトがあまりにも大きかったので、
今年は痛ましい出来事だけで終わってしまう可能性もあったのですが、
逆にこの出来事を乗り越える為の力強い足跡を見せるかの様な
様々な分野での日本人の活躍が目立った年になったのは嬉しい事。

「なでしこジャパン」のワールドカップ優勝に始まる快進撃がありましたし、
私のブログのジャンル的には競馬における「ヴィクトワールピサ」の
ドバイワールドカップ制覇というのも同じぐらい嬉しい知らせでした。

それから、ゲーム業界では3DSの発売と僅かな期間での値下げによる売り上げ急増、
そして12月に満を持して登場した「PS Vita」など次世代の携帯ハードの登場も大きな話題。

純粋なゲームとは異なりますがスマートフォン隆盛に端を発した、
ソーシャルゲームの台頭なども注目すべき出来事だったと思います。

こうして一年を振り返ってみると、未曾有の大地震がおきた事で様々な「当たり前」が瓦解し、
それにより多くの悲しみを生んだり困難な問題に直面する事にもなりましたが、
一方でそうして壊された「これまで」から新たに生まれた「未来」というのが感じられたのも事実。

「安全神話」という当たり前だと思っていた事が揺らいだ事で、
節電(eco)に関して真剣に考える様になったというのもそうでしょうし、
危機管理という点においても本気で考える様になりましたからね。

また、先に挙げたなでしこジャパンやヴィクトワールの快進撃だって、
今までの常識が打ち破られなければ決して為しえなかった事。

ゲーム業界やソーシャルの躍進も含めて、新しい時代の幕開けを強く感じた一年だったと思います。

ともあれ、近年稀に見る大きな出来事が押し寄せた2011年。

2012年は未だ解決していない問題に立ち向かう事を忘れずに、
立ち止まる事なく前に進む一年になればイイなぁと思ってます。

私事で言えば、本ブログをより面白いブログとして展開していける様に精進いたしますので、
引き続き来年も「何でもかんでも書いたもん勝ち!!」をよろしくお願いいたします。
今年は東日本大震災を筆頭に台風など自然災害が相次ぎましたが、
それと同時に例年以上に「異常気象」というのを肌で感じる年だと言えます。

本来の四季を無視した様な「季節はずれ」という言葉が頭に付く様な事態が多く、
10月末から11月頭に掛けての陽気などは正にその最たる例ではないかと。

少し前までは秋とは思えない程の暖かさで、むしろまだ残暑なのかと思う様な日もチラホラあったぐらい。
ところがここ数日は、そうした事の帳尻を合わせるかの様な急激な気温の下降が見られ冬の様な寒さです。

寒暖の差があまりに激しく、こういう季節の変わり目に必ず体調不良になる私には効果覿面で、
この2〜3日は風邪と持病の目の病気が同時に発病するという最悪な事態になっていました。

現在、何とか体調は持ち直したものの、こういう異常事態が続くと本当にキツイ。

これは、私の様に気候の異常と体調が連動し易い人だけでなく、
普段から健康に気をつかっていたり身体が丈夫な人であっても、
かなり負担が掛かる状況なのではないかと思います。

特に抵抗力の弱い子供やお年寄りは気をつけた方が宜しいかもしれませんね。

今日明日が比較的穏やかな気候を保っていても、水木辺りでまた急激な気温の低下も予想されてますので、
暖かい服装や就寝時も早朝の寒さをきちんとカバーできる様なスタイルで寝る様に心がけて下さいませ。

私も更に体調が悪化しない様に、充分な対策を取ろうと思います。
今年は例年以上に異常気象といった感が強く、震災が影響したのかどうか解りませんが、
特に3月以降の気候が不安定だったりおかしかったりしていますよね。

寒暖の差が激しいというのも今年の気候の特徴で、昨日まで暑かったのに今日は寒いとかその逆もしかり。
本日の気温もそんな感じで、急に秋が深まった様な寒いぐらいの温度になっていました。

かと思えば、季節はずれのサクラが狂い咲きしたり、蝉が元気に鳴いている地方があったりと、
四季があるのが特徴の日本なのにまるで季節感の無い状況になっているワケです。

こういう状況になると身体がそうした変化に追い付いていかず、体調を崩す事もシバシバ。
私も少々風邪気味なので悪化しない様に、調節をしている所だったりします。

単に風邪ぐらいならまだいいですが、こういう変な形での寒暖の差や著しい気候の変化というのは、
持病を悪化させたり思わぬ病気が発病したりなんて事もありえるので注意が必要かと。

いずれにせよ、明日からは天気が崩れるので、それに伴い更に不安定な気候になりそうなので、
一定の体調を保てる様に心がけた方がよろしいかと思います。

皆さんもくれぐれも体調不良にならない様にご注意下さいませ。

ちなみに噂で聞いただけなので信憑性は薄いですが、今年は秋なのに花粉が飛んでいるらしいです。
現在の異常気象を鑑みれば強ち眉唾とも言い切れない部分があり、実際に私自身も風邪とは異なる
花粉症等のアレルギー性疾患特有のクシャミや目の痒みが出たりしていますからね。

こちらも併せて注意した方が良さそうです。

初めての江ノ島

関東地方でも猛威を振るった台風が過ぎ去ったお陰で、随分と天気が回復した本日。
折角の好天を逃す手は無いと、彼女と共に「江ノ島」に行ってきました。

これまで神奈川県内では横浜をはじめ根岸など結構色々な所に行っていたのですが、
実は江ノ島に行くのは今回が初めての事(彼女は何度か訪れた事がある)。

ですので、個人的にはかなり大きな期待を持って、今日を迎えた感があります。
なんせ、いつもよりも早くに目が覚めた上、彼女よりも早く出発の準備を整えた程ですからねw

そんなワクワク感を内包しつつ、一路、江ノ島に向かう事にしました。

私達が利用したルートは大船まで東海道線で行き、そこから湘南モノレールで江ノ島に向かうパターン。

まるでテーマパークのアトラクションの様なモノレールも初体験だったので、ココでもテンションアップ!!
このままだと江ノ島に着く前に疲れてしまうってぐらいの勢いで、彼女に落ち着けと言われる始末でしたからw

そんなこんなをしている内にモノレールは江ノ島駅に到着。
そこから暫し歩いて江ノ島へ向かう橋に辿り着きました。
イメージ 1
私の人生で初めての江ノ島。こうして橋から見てみるとそんなに大きく無い感じがします。
そして島に上陸後、高台から海側を眺めてみると、美しい海と晴天が私達を迎えてくれました。
イメージ 2
雲は結構あったのですが、晴天だったのでいい感じのコントラストが出来て◎。
海の青と空の青が非常に美しくて暫し見とれてしまうぐらいでしたからね。

一頻り、島の入り口付近の散策を終えた所で、二人とも腹の虫が鳴り出したのを合図に、
一旦散策を中止して昼食を食べる為に参道内にある「とびっちょ」に向かう事にしました。

この店は彼女の友人でこの辺りが地元の人がいて、その方から勧められた店。
ただ、元々有名なお店だったらしく、店についた時も既に待ちの客がちらほら。
結局、私達が入店した所で満席となってしまいました。

さて、この店の名物はなんと言っても「シラス丼」。

尤もシラス丼自体はこの店だけでなくこの辺りの店では何処でも出す定番メニュー。
ですが、ここのはボリュームも鮮度も群を抜いて高レベルというのが他店との大きな違い。

メニューも豊富でかなり迷いましたが、最終的に頼んだのは「釜あげシラスカンパチ丼」。
イメージ 3
釜揚げのシラスとカンパチのコントラストが絶妙な逸品で、
シラス専用のポン酢と温泉卵を混ぜて食べるのがとびっちょ流。

芳醇で味わい深いシラスが食欲をそそり、肉厚で絶妙な脂の乗ったカンパチが追い討ち。
シラス、カンパチ共々、コレだけのモノは中々食べられらないってレベルでしたからね。

そして、サイドメニューとして頼んだ「生桜海老寿司」も絶品の一言。
イメージ 4
これでもかって感じで軍艦の上に乗った桜色の海老が見た目にも鮮やかで、
これまた中々お目にかかれない生の桜海老の独特な味わいに舌鼓を打ちました。

そうして胃袋が満足した所で、今度は江ノ島の裏名物ともいうべき奴らを探しに行く事に。
ご存知の方にとっては今更かもしれませんが、奴らとはもちろんこの子達の事。
イメージ 5
そうなんです。この江ノ島は別名「猫の島」とも言われるぐらいに、島内に猫が多い事で有名。
部類の猫キチガイ…もとい猫好きな私にとっては、ある意味、江ノ島訪問の最大の目的だったりしますw

ちょっと路地に入ったりすればこうした猫達がゴロゴロしていて、しかもやたらと人懐っこい。
自分から寄ってきたり、頭をスリスリしてきたりするので、猫好きは悶絶モノと言えるのではないかと。

そんな風に猫探しをしながら島の奥へ奥へと行くと、急に視界が開けて綺麗な海が目に飛び込みます。
イメージ 6
こちらは橋のある場所からすると、丁度反対側になる場所みたいで更に奥に進めば洞窟がある所。
橋がある場所よりも少し荒々しさがあって、同じ海でもまた趣が異なっていい感じですよね。

穏やかさとは対極にある美しさを見た気がします。

暫し、心地よい海風と荒々しい美しさを堪能した後に、来た道を引き返して陸と島を繋ぐ橋の方へ。
そこでお土産を購入して、帰宅の徒に着きました。

今回の江ノ島訪問では昨日の台風の影響で洞窟が閉鎖されていて入れなかったり、
シラスが不漁で一番の名物である「生シラス」が食べられないなど残念な部分もありましたが、
天候が良かった事で綺麗な海も見れ、猫達とも戯れられたので、初めてとしては文句無しの訪問。

むしろ次に来る楽しみも残せたと思えば、最初の江ノ島としては最高のものだったと言えるかもしれません。

いずれにせよ「また行ってみたくなる」と思わせるには充分な魅力があった江ノ島巡り。

これからはシーズンオフになってしまうので、また来年になってしまうかもしれませんが、
ぜひ、またココに遊びに来たいと思いましたよ(真夏よりも9月の方が空いていて良いのかも)。

それまでは、物凄い勢いで撮った写真を眺めつつ、「初江ノ島」の余韻に浸りながら待とうかと。

ともあれ、江ノ島は想像以上に楽しくて、また直ぐにでも行きたいぐらい私にはツボでした♪
(まぁ、猫が多いってのが楽しい要因の半数を占めている部分もありますがw)

全11ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事