ここから本文です
スーパーカブ中心生活?
スーパーカブに乗ってノンビリやっているローカルなBLOGです。

書庫全体表示

インターネットとカブ

イメージ 1

数年前、知人がスーパーカブのムック本を私にくれたのがきっかけで、インターネットでカブの
サイトを見るようになった。

ムック本には大学生が運営する「カブの国」というサイトが紹介されていて、その主催者の提唱する
「ジェントル・カブ」という考え方は大変共感できるものだった。
でも、私がインターネットを始めたときにはもうそのサイトは閉鎖していたようで、少し残念だった。
閉じてしまった理由は不明ですが・・・

かわりにポータルサイトのメーリングリストに登録してみたが、そこは古い固定ハンドルの人がたまに
発言するだけで活動はすでに終局していたようだった。
また、私にとってそのサイトもMLもなんだかギスギスして「暖かさ」がないように思えた。

古株の参加者にはエキセントリックな人もいて、恫喝めいた発言も目立っていた・・・たかがカブの
ことなのに・・・。
発言者が何かに怯えているような気配すらした。反論があっても言い出せない。
暗い議論めいたメールを目にするのは辛いことだった。楽しさがないのだ。
私はあることをきっかけに、MLもリンクも抜けて、晴れて自由の身になった!(笑)

私は「ジェントル・カブ」を提唱していた青年と同じ路線で何かやってみたいと思い、あるSNSで
「スーパーカブ友の会」というコミュニティの管理人をしている。
細かい縛りはないので、「会」とはいえないのかも知れないが、助け合いと情報交換を中心に運営を
している。
この運営が今後、どうなるかはわからない。「カブの国」同様、ある日突然消えてしまうかもしれない
が、一応の区切りを2008年8月(カブ50周年)においてやっていこうと思っている。

私がギスギス人間に変節しないようにご忠告くださいませ。(笑)

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事