ここから本文です
スーパーカブ中心生活?
スーパーカブに乗ってノンビリやっているローカルなBLOGです。

書庫全体表示

イメージ 1


R20をWAVE号で信州へ。

「道の駅・はくしゅう」は大事な給水ポイントです。
水場があまり混んでいないのがうれしいです。水量が多いからかな?
「南アルプスの美味しい水」が、無料で手に入ります。


イメージ 2


R20が富士見町にかかると、坂でしかもヘアピンカーブの部分があります。
この坂には名前がないようですけど?結構、カブにとってはきつい傾斜です。
その坂の中腹に、看板が立っているのを発見。WAVEで逆戻りしてみました。

ここは、合戦場だったようですね。(^^;
『瀬沢古戦場』の碑でした。この碑がある場所が『血河原』と呼ばれ、瀬沢合戦は血河原合戦
とも呼ばれていたそうです。沢山の兵が死んだそうです。

「瀬沢合戦とは、「甲陽軍鑑」によればおよそ次のような合戦のことである。
 天文11年(1542年)2月、信濃の小笠原、諏訪、村上、木曽の四大将は、
 甲斐の武田晴信を攻めようと合議し、甲信国境の瀬沢に陣取りました。

 この動きを察知していた晴信は、密かに軍勢を発し、3月9日の朝、信濃勢の不意をついて
 攻めかかりました。戦いは辰の刻(午前8時)に始まり、未の刻(午後2時)に終わり、
 武田軍は信濃勢1621人を討ち取って大勝しましたが、味方にも多数の死傷者を出しました。
 その戦場となったのは、瀬沢を中心に新田原から横吹に及ぶ広い範囲と考えられています。
 江戸時代初期に成立した「甲陽軍鑑」の記述には、実際の年次と合致しない点があり、また、
 同時代の記録の中には瀬沢合戦のことは見当たりません。
 しかし、地元には、その伝承と瀬沢合戦があったことを裏付けるものが存在しているのです。
 戦死者の屍は、九つの穴に埋めて塚を造ったと伝えられ、その「九ツ塚」は横吹の西の口、
 武智川と中山の中間にありました。今では全て失われてしまいましたが、大正時代の初め頃までは
 甲州から墓参に来る人もいました。
 瀬沢の西照寺(養福院)の境内の笠塔婆と思われる石塔には、「于時天文十三甲辰年三月一日 
 旦那九人 敬白」と刻まれており、その日付は、瀬沢合戦の三回忌に符合します。
 享保18年(1733年)に作られた「諏訪藩主手元絵図」の瀬沢村図には、今の御別当の地籍に
 「此所武田信玄公御陣場ト申候」と注記され、立場川を隔てた新田原の地籍に「此所諏訪頼重公
 御陣場ト申伝候」とあります。
 その一方で、諏訪頼重はトヤヶ峯に布陣し、合戦に敗れて入笠山を越えて逃れたとも云われています。
 そのほか、古戦場を思わせる「おんまわし」と呼ばれる地籍、戦死者の末裔にあたる尼僧が亡霊を
 鎮めたという「あまんどう」と呼ばれる地籍など、関連する地名が伝えられています。」


イメージ 3


天文11年(1542)2月といえば、は、武田信玄公がまだ「武田晴信」の頃です。(21歳)
前年、父・信虎を駿河に追放し、武田の家臣団をまとめていた事でしょう。
そこを、信濃勢(小笠原、諏訪、村上、木曽)が襲ってきたのですから、大ピンチです!
4vs1ですから・・・

信玄公(晴信)は、躑躅ヶ崎の館の堀を掘って篭城作戦をとるという噂を流します。
そして、敵陣を油断させて、この地で休憩していた信濃勢を一気に攻めたのです。

信濃の連合軍は、休息してから甲府を攻めようと一息ついていたところを不意をつかれて、
1,621人もの兵を討ち取られたとのことです。
この合戦に負けた高遠の諏訪頼重は、入笠山付近を通って逃げて行ったそうです。

また、信玄公(晴信)はまだ雪のあった2月の戦いなので、鎧兜を白く塗り白い衣装を集めさせ兵に
着せ、火の中に石を入れて、その石を布で包んで兵士のお腹に入れさせました。
こうすることによって、雪の白さの中で目立たぬように行軍させ、しかも凍え死ぬことがないように
して、戦ったそうです。
しかし、それでも瀬沢合戦で味方を多く失った信玄公(晴信)は、九つの穴を掘って戦死者を埋葬し
塚を作ったそうです。九つあった塚も洪水や伊勢湾台風で流されました。

・・・本当にあったのかな?

この年の7月、小笠原長時を信濃平沢に破り、諏訪頼重を攻め、東光寺で自刃させました。
武田信玄公の信濃攻めがここに始まったのです。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事