全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

幸せそうなジャネママ。
ベビーは男の子みたいですね。でもパパとは離婚したとかしないとか。

先日来年引退を発表した安室ちゃんは、ジャネットとの「リズムネイション」を観て歌手、ダンサーになることを決めたそうですね。

芸能人、タレントと言うより「アーティスト」であることを貫く女性達はぶれませんね。

作品だけでは無く、その人柄が好きです

私はアユも結構好きなんです。
なんだかんだと言われていますが、ほんと、歌が上手い。ちょっとぽっちゃりの彼女、まだまだこれからアーティストの道を歩もうとしているのに、安室ちゃんと対比するのはいかがなもん?と思います。

そしてガガ様!

線維筋痛症闘病を発表。現在入院中です。

私の病気も慢性疼痛の部分は線維筋痛症の薬で治療しています。血液検査には反応しないのに、全身の血管にガラスの破片が流れるような、筋肉がギリギリ絞られるような痛みが続き、ひどい人は寝たきりになる病気です。

入院するなんてギリギリまで我慢したのだと思います。

初めてガガちゃんを見たときはギョギョっとしました。もう若い人の感性にはついてけないかも、、、と。

でも歌は上手いし、作曲ピアノダンス、なんでも来いのスーパースター。
初めて来日したとき、テレビ番組のインタビューの受け答えが誠実でとても優しくて、繊細な人柄が窺えました。

喋る声そのものが美しい音楽のような。
この人もアーティストとしての生き方を貫くんでしょうね。

そして、病気の公表はとても勇気のあることだと思います。アメリカの芸能界自体が以前は病気であることを表に出すことを許さなかったということをマイケルのことを調べていて知りました。

政治家、経営者なども病気で入院する時など極秘でということが珍しくないです。

経済に影響を与える人が病気になることで、動くお金の桁が違うのでしょうね。

マイケルやプリンスも持病や疼痛(おそらく線維筋痛症)を抱えていたのですが、公表することができず、必要な鎮痛剤を飲んでいるだけでこっそり覗かれて乱用と書き立てられたり。

慢性疾患の人は一定量のくすりを飲み続けなければ生命、生活を維持できません。
トータルしたらかなりの薬の量です。

たまに風邪を引いたら、膝を痛めたら薬を飲むだけの人から見たら、とてつもない量かもしれません。そして、それを大げさにマスコミが書くとまるで依存症であるかのように仕立て上げられます。

線維筋痛症という、痛みが続きすぎて、神経が原因(病巣や炎症)が無いのに痛みのシグナルを送り続け、とてつもない痛みを起こす病気の治療薬(鎮痛剤)が承認されたのはわずかここ5年のことです。

マイケルは生前この薬に出会えなかったし、プリンスも恩恵は受けられなかったと思います。謎の痛みのまま亡くなってしまいました。

マイケルは最後のコンサートにガガちゃんをゲストで呼ぶ予定だったそう。

アーティストとしてマイケルの魂を継ぐガガちゃんの闘病を見守りたいです。

あれだけ率直に正直に発言しても、非難したり面白おかしくいう人もいるみたいです。彼女の勇気を見習え!と言いたいな。

音楽のまち神戸

「音楽のまち神戸」
以前に神戸生まれ、神戸ゆかりの楽曲をまとめて記事にしたのですが、それからまた色々な曲に出会いました。

「フルートのまち」ができたのも神戸の多層な音楽文化があればこそ。これからも探していきたいです。

「花の街」は今年、神戸フルート音楽祭を聴きに来ていただいたかたから教えていただきました。
美しいだけではなく「平和」なまちあればこその幸せ、音楽。噛み締めながら聴きました。

*平和という花から生まれた美しい町
「花の街」江間章子作詞、團伊玖磨作曲

夏の思い出の江間章子、ぞうさんの團伊玖磨が生んだ美しい曲。長く愛されています。
https://m.youtube.com/watch?v=zUOyhsgpOFQ
「七色の谷を越えて、流れて行く風のリボン、輪になって、輪になってかけて行ったよ」

戦後の焼け跡に立ち、華やかで平和な神戸の街を思い浮かべながら詩を書いたそうです。
まだ訪れた事もない神戸の街は江間章子の中で心穏やかに暮らせる平和な生活の象徴だったのでしょう。

戦後の復興の時も震災の復興の時も、
自分たちの生活を立て直すことと、たくさんの人の心の中の「花の街」を取り戻すために神戸は頑張れたのかもしれません。

*マイケル・ジャクソンが楽曲を提供してくれました
「People of the World」「Children's Holiday」
https://m.youtube.com/watch?v=s5Yw3D-a7Ro
(マイケルのデモバージョン)

阪神大震災の時、被災した子供達心が傷ついた子供達のためにジャニーズの有志が立ち上がってくれました。マイケル・ジャクソンに無償で楽曲の提供を依頼。
2015年までにCDの売り上げや義援金総額9億5000万円が神戸市教育委員会に贈られました。

この寄付金で神戸の小学生全員がインターネットに接続できる環境が整えられました。このJ-FRIENDSの活動への感謝の碑が市役所そばに設置され、記念樹が植樹されています。

イメージ 1



*冬が来る前に坂
「冬が来る前に」
関西在住のユニット、紙風船のヒット曲です。2人が交際していた時王子動物園の坂でプロポーズしたことを題材に曲が生まれました。この坂を地元の人は「冬が来る前に坂」と呼んでいるそう。
歌詞は失恋の模様ですが、2人はめでたく結婚していますね。

https://m.youtube.com/watch?v=zUOyhsgpOFQ

イメージ 2


神戸文学館(元の関西学院チャペル)もある趣のある坂です。

***

開く トラックバック(0)

公式ツイッターで発表。
ハロウィンに向けたベスト盤のようです。
http://amass.jp/93914/
ティーザーが見られれます。

「Scream」

イメージ 1


日本での発売は不明。ポスターはドイツのものです。

https://m.youtube.com/watch?v=CVOPGYygc5E

2Cellos。すっかりメジャーになりましたね。マイケルの曲はスムクリやゼイドンとかノリノリの曲のカバーだったのですが、しっとりとヒューマンネイチャーも!

弦楽器とマイケル、合うわー

音楽のまち神戸

9月第1楽章『神戸の音楽力!文化の力は都市の底力』
こんにちは、9月に入ってすっかり秋らしくなりましたね。沢山の方に応援していただいて、このページも3か月目に入ることができました。これからもよろしくお願いいたします。

さて、今回は神戸国際フルートコンクールを支える、神戸の音楽力です。先回のジャズフェスティバルではアマチュアの若者たちの力を取り上げましたが、今回は神戸から巣立った作曲家や、神戸で生まれた曲などを調べてみました。いい音楽を聴いて夏の疲れを吹っ飛ばしましょう。

えっ!この人神戸の出身やったの!この曲神戸で生まれたの?と調べながら何回も叫んでいます。神戸市在住ではない友達から教えてもらうことも沢山。

フルートコンクールでも神戸出身の一柳慧さんの曲が課題曲に使われるのですが、一柳作品は次回に回すことにして、まずは20代の若い世代から。

*園田涼
『ROMANCE』
https://www.youtube.com/watch?v=HEKFQ3cV92E
宝塚市生まれ三木市在住でしたが、学校は神戸の灘中高。そして「よく遊びよく学べ」の若松塾ではうちの長男の先輩です。

灘校在学中からピアノの才能を発揮し、東大進学後はメンバーを募りソノダバンドとして活躍。現在はソロ活動中。地元紙にはコラムを連載するなど多方面で活躍しますますの飛躍が期待されます。うちの母もすっかりファン。テレビに園田君が出てるで!と電話をしてきます。
目指せ難波の、いや日本のモーツアルト。

*ガガガSP
『満月の夕』
神戸市長田区、須磨区出身で高校の同級生で結成したバンドです。
https://www.youtube.com/watch?v=8qHIMtPjshs

曲は震災のあの日のことを歌い上げ静かにでも熱く歌い継がれる『満月の夕』。

1995年1月17日に発生した阪神大震災の惨状、復興への厳しい現実、それらに向き合おうとする被災地の人々の姿が歌いこまれている(震災当日の夜は満月がのぼっていた)wikipediaより

ソウル・フラワー・ユニオンの中川敬とヒートウェイヴの山口洋が共作。神戸出身のガガガSPはこの二人の歌詞を組み合わせた混在版を歌っているようです。

あの日に見上げた満月を歌うこの歌は、神戸の市民の実感が込められて今も歌い継がれています。東北大震災のチャリティーでも演奏され、沖縄のメロディーが使われているので三線で弾くこともあるということです。

私はこのフルートページを書いている関係で初めてこの曲を知りました。心にずしんときます。時間が流れついつい忘れがちなあの日の気持ちを呼び起してくれる曲です。鎌倉市のMさま教えていただいてありがとうございます。

昭和の時代に遡ってみますと、

*平吉毅州
『気球に乗ってどこまでも』
https://www.youtube.com/watch?v=Ik9YsV0A3pw
神戸市長田区出身の平吉さんの合唱曲。子供のころに一度は歌ったことがあるという方が沢山いらっしゃると思います。私もこの曲が大好きです。この7月に始まったテレビドラマ(城田優さんや、神田沙也加ちゃん出演)でも使われていました。主人公が音楽に目覚める素敵な場面で歌われていました。今でも定番の名曲ですね。

*ユーミン
『タワーサイドメモリー』
「ポートピアも終わり。。。」という歌詞が何とも懐かしいこの曲。神戸の歌で知ってるのある?と長男に聞いたらこの曲の名前が出ました。大学のジェンダー論の授業で習ったとか。

ユーミンはできたら神戸市に住みたい!というほどの神戸ファンだそうです。今も若くてカッコイーですね、ユーミン。おととし息子は毎日「ヒッコオーキグモー」と口ずさんでいました。それにしてもポートピア、懐かい。。。。
(本人の歌う動画が見つかりません。)

次も昭和です。えっ、この人神戸出身だったの、と本当に驚いた方。

*チャーリー・コーセイ
『BACK IN KOBE』
https://www.youtube.com/watch?v=SwnyVUo8LB8
アニメの長寿番組ルパン三世第一シリーズのエンディングテーマを歌っていた方です。
神戸生まれでインターナショナルスクール在学中から外国人クラブで演奏活動を始める。手塚治虫のアニメ「千夜一夜物語」で音楽制作にかかわり、「ルパン三世」のエンディング曲を歌いました。
https://m.youtube.com/watch?v=Bm5gTY-abuU
ルパンの曲かっこいい!と思った子供でした私も。まさか神戸出身の方が歌っていたとは!びっくり。

*『青い山脈』
https://www.youtube.com/watch?v=J4JfU0HS2uU
これも意外でしょ。吉永小百合主演、永遠の青春映画『青い山脈』の主題歌です。『青い山脈』は六甲山系のことやで、という夫のひとことに「うっそや〜」と突っ込んでしまった私。調べました。物語の舞台は東北ですが、なんと作曲者の服部良一さんは、梅田から省線(JR)に乗って京都に向かうときに六甲山脈の連邦を眺めている時に曲想を思い浮かべたということなのです。

私は中学ぐらいのときの体育祭に、この曲でフォークダンスを踊った記憶があるのですが、六甲山所縁だったからでしょうか。六甲山のことは関係なくても国民的な人気曲なのは確かですね。

大阪発のJRに乗ってどの辺で六甲が見えるんだろうねえと昨晩家族で話しました。大阪駅を出てすぐだから、今はビルが立ち並んで見えないよね、という結論に。

大阪側から見た六甲山系は、普段神戸側から見える六甲とはまた違う表情が見えたのでしょうね。

*『別れのブルース』
https://www.youtube.com/watch?v=GXm0mSmj8ks
『青い山脈』と反対に、神戸の歌だと思い込んでいたのに、違っていたのがこの曲です「窓を開ければ港が見える。メリケン波止場の灯が見える」という歌詞から、ずっと神戸の曲だと思い込んで聞いていました。

この曲の詞は横浜を舞台にして書かれたのです。横浜にもメリケン波止場と呼ばれる船着き場があるそうです。メリケンというのはアメリカンがなまったものですが、最近は使いませんね。小麦粉をメリケン粉と呼ぶ世代は私たちぐらいまでかな。。。

昔ははしけ溜りで、港らしい風情があってお絵かき会が催されたりしていました。今は震災の記憶を伝える公園になっています。

最後はまた新しい力に戻りましょう。

*ドラマチックアラスカ
『和心』
https://www.youtube.com/watch?v=UTnN6Vtzw3M
神戸市北区出身の大学生で組んだバンドがメジャーデビュしています。新しい感性、新しい世界観。これからどんどん広げていってもらいたいです。一人近所の子がいるので、応援していますよ〜。

元気をたくさんもらって、またコンクール支援活動頑張ります!
何気にクリップしていた記事を読み直してビックリ。

マイケルが生前に曲を提供してくれた阪神淡路大震災復興支援ユニットJFRIENDS(ジャニーズの有志の皆さん)から神戸の子供達への支援金が9億円にもなっているそうです。

http://www.city.kobe.lg.jp/safety/hanshinawaji/data/keyword/50/k-40.html
神戸市報道資料

マイケルが亡くなった当時より増えていますね。

JFRIENDSのみなさん地道にずっとチャリティーしてくれてたんですね。感謝です。
本当に。

2015年にはこのチャリティーを記念して市役所のそばに植樹したとのこと。今度見に行って写真撮らねば^_^
(こちらは共有サイトより)

イメージ 2


市役所の近くに芝生公園ができて、月末に私のリハビリの先生が腰痛改善の「背骨コンディショニング体験講座」を開催されるのに参加するんです。

http://urbanpicnic.jp/program/aozorasebone-2/



この公園の敷地は震災の時に避難場所になり、「震災の火」のモニュメントがあります。今は市民の憩いの場。「アーバンピクニック」という企画が進行中です。本を持ち寄ってミニ図書館を作ったり、誰でも参加できるクリエイティブな講座、健康講座があったり。
講師の方々、図書館の運営などみんなボランティアでされています。
市民で都会の中のアウトドアリビングを創造中。

イメージ 1


マイケルにもありがとう
を植樹されたヤマボウシに伝えてきますね。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事