全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
「日本と西洋のアルカディア?

『牧神の午後への前奏曲』『シリンクス』と『豊芦原瑞穂の国』 」

フルートの名曲の中で、私のような一般的な音楽ファンにも有名な人気曲といえば、ドビュッシーの『牧神の午後への変奏曲』と『シランクス』ではないでしょうか。

けだるい午後、まどろみに引き込まれるような半音階のメロディーがふわりと漂い、夢と現実を行きつ戻りつするうちに鮮やかなハープとオーケストラが加わるとそこはもう桃源郷。ギリシャ神話よりもさらに時代を遡るアルカディアでニンフたちが舞い、笑いさざめき、牧神(パン)が恋に落ちます。でも、ニンフたちは牧神を相手にしません。

イメージ 1


孤独な牧神はまたまどろみに落ちていく。
https://m.youtube.com/watch?v=bYyK922PsUw

牧神パンはオリュンポス12神より古くから存在したと言われる神様で、パンという名は汎(あらゆるもの)=パンという言葉と結び付けられることもあります。ギリシャ時代より古い時代はアルカディアと呼ばれる国が有り、そこは緑豊かで人々は牧草地で牛や羊を世話してのどかに暮らしていた理想郷とされギリシャ時代から芸術の題材にされていました。

パン神はアルカディアの神や王様として君臨し、かつては大きな力を持って綺麗なニンフにももてもてだったわけです。

この曲の冒頭のフルートソロはとても長いフレーズで、とぎれないように初演のころは三人のフルーティストが交代で吹くように楽譜に指示があっをたそうです。

現在では循環呼吸法(息を吐きながら同時に吸う技法)

を駆使して一人のプレーヤーが途切れ無く演奏することが多いようです。

この曲と対を成すように書かれたのがこれもまた名曲の「シランクス」です。この曲はフルートの独奏曲。

パン神が恋したのはニンフの中で特に美しいシランクス。シランクスは月の女神ディアナにそっくりな美女。パーンの求愛には答えず、水辺に逃れ葦に変身してしまいます。

シランクスを抱きしめたと思ったら、腕の中には葦の束がむなしく残り、パンはこの葦を細工して笛を作って奏でるのでした。

奏でられた笛は得も言われぬ美しい音。
https://m.youtube.com/watch?v=qzxsuRoqDiw
(エミリー・バイノン 第三回神戸国際フルートコンクール第3位)
ほんわかうきうきな『牧神の午後への変奏曲』とは反対に、この曲はシランクスの嘆きなのでしょうか。哀愁が漂い、幻想的ですが少しダークなフルートの低音域が印象的です。

ドビュッシーの時代にはいつもパン神は失恋していて、古の栄光は失われているようです。でもヤギの下半身を持ち頭に角を持つパーンは、ピーターパンになったり『ナルニア国物語』では氷の女王に石像にされても主人公に味方するする人気者。現代でも広く愛されています。

イメージ 2


自然と人間が調和しながら暮らしていたころへの懐かしさを感じますが、ドビュッシーが『牧神の午後への前奏曲』を書いた時代は、産業革命のおかげで現在使われいるべーム式の金属のフルートが開発されたころで、その恩恵を受けて半音階の指使いが簡単になったり、音質や音量に安定性ができ、フルートの複雑なメロディーを演奏させるのが可能になったのでしょうね。

『シランクス』は葦で作られたパンフルートをイメージしているせいか、メロディーも素朴な印象です。手つかずの大自然の中で喜びに満ちて純朴に生きるはずの牧神のメロディーが産業革命の恩恵で生まれたとしたら、

自然の恵みを象徴するような「シランクス」を手に入れることができないというのは仕方がないことかもしれません。

なんだか可愛そうなパンです。

ピーターパンでもナルニアでもパンは可愛い女の子と仲良くなってもなかなか恋が成就しない役割を受け持っています。恋多きパンがだんだん草食系になってますね。

葦という植物が水辺で生い茂っているというのがアルカディアの一つのイメージなのですが、このイメージは日本の神話の中にも登場します。

古事記の中で、日本は「豊芦原瑞穂の国」という美称で呼ばれています。葦は水を浄化するとも言われ、豊かな湿原に芦原が広がる日本は、水稲の栽培に適した豊かで美しい国であるという意味があるそうです。

パン神と同じように、イザナギ・イザナミより古い神様に、可美葦牙彦舅命(ウマチアシカビヒコヂ)という神様がおられます。葦の芽のようにも萌えいづる神で、万物の生命力を象徴するというのはパン神に通じるものがあります。

葦は世界各地の神話に見られます。ユダヤ人狩りから逃れるために葦舟に乗せられて流されたモーゼ。同じように葦船で流されたのは、イザナギ・イザナミの最初の子供ヒルコで西宮に流れ着いて戎神としてまつられました。

大阪湾は葦原が広がり美しいことで知られていて、数多く和歌に歌われました。

萌いづる新芽は春の、立ち枯れたようなわびしい葦は冬の季節感を表し沢山の歌人に愛されたようです。

現在では面影を探すのが難しいですが、芦屋川では中州で葦が生息するのが見られます。芦屋の語源は芦原という伝承がありますね。

イメージ 3


音楽の世界では葦を削ったリードで音を出すのがクラリネットやオーボエです。葦笛は日本の伝統的な音楽でも使われますし、オーボエのようなしちりきという楽器もあります。

楽器、理想郷、神性、神秘。

葦は東と西の世界をつなぐ不思議な植物のようです。

フルートの名曲から人類のアルカディアを夢見てみました。音楽の世界を探検していくと、国籍や人種の違いなど関係なく、人間はみな同じだという事を再確認することができます。

古代の世界では同じような価値観を共有していた人間たち。しかし進化し、文明を手に入れていくと相違点も出てきます。日本が芦原から出発し獲得したのは農耕文明。一方、ヨーロッパでは葦と牧神が結び付けられたのは、牧畜がその文化の基礎になったからでしょう。

同じでいて違いがある。

またこれも音楽を聞くことで知ることができる大きな真理
華麗なドビュッシーのフルート。聞けば聞くほど味わいが深まります

竹輪笛と落雷

審査発表が午後8時ごろに行われ、SNSに記事を上げた頃、雷が鳴った。激しい雨風。嵐のような。

近くに雷が落ちたらしく少しの間停電した。遠雷どころじゃない、落雷かいな。

二日後、本選には入りきれないほどの人が押し寄せ、20分遅れで審査が開始した。

しかし演奏はスムーズに始まった。
華麗な演奏に客席から掛け声も出る。

最後のコンテスタントになる。この辺りから胸がざわざわし始める。

ここまで大きなトラブル無しに進行して来た。どうかこのまま。

中国の少年のモーツァルトは素晴らしかった。音の花が咲くように。なのに最後の音が少し失敗したか。

コンテスタントが袖に引っ込んでしまった。指揮者が追いかける。最年少の彼、大丈夫だろうか。

楽器を変えた?あまり動揺した様子でも無くジョリヴェの演奏が始まる。十七歳とは思えないような思慮深い演奏。なんだか涙が出て来た。1人なのだし構わないかと思ってそのまま泣いた。

演奏が終わる。指揮者がコンテスタントの肩を抱く。終わった。安堵のため息が出る。おそらく舞台裏でも多くの人々が肩の荷を下ろしただろう。

第5回の時は発表の終了後、食堂でささやかなパーティーがあった。今回も簡単な食事会ぐらいはあったかもしれない。

小説になるような事件もドラマも無くて、天才少年もいなくて良かった。

浜コンには無いものも神戸にはある。
でも公式フォトグラファーは必要だと思う。入賞者発表のポスターが申し込み時の顔写真の使い回しって、、、どうなの。

それと、去年第9回を終えた浜コンは、先日次回の開催を発表した。神戸では最終日まで何もアナウンスがない。これだけは浜松を羨望してしまう。

音楽祭は四年後にまたお会いしましょうという言葉で締めくくられたのに。コンクールについては尋ねるのも憚られる雰囲気だった。

成功、と市長は宣言したのだが。
今日は東北大震災から6年目。

yahooで3.11と検索したら一回10円の寄付ができるようです。

久々にマイケルの話題も。
今でも世界中の人々にインスピレーションと愛を与え続けるマイケル。

フィギュア界の新星ネイサン・チェンが
ジュニア時代にマイケルメドレーで滑っています。
https://m.youtube.com/watch?v=LRpkXlUN390

スマイルからスムーズクリミナル。
ネイサンは1つのプログラムで5回の4回転ジャンプを跳び話題をさらいました。

バレエで磨いた優雅な所作も大きな武器です。今年はバレエとオペラの曲で滑りましたが、モダンなプロも凄そうですね。

身体能力半端ありません。

マイケルの音楽とダンスはやはり挑戦してみたくなるのかな。

世界選手権での王者羽生君との対決が見逃せません。

バースデー

おめでとう、マイケル!

いつの間にか貴方の年齢を越しました。
そして私も痛み止めの効かないキツ〜い痛みが出る病気と闘うようになりました。

膠原病って何百も種類があるのね。
貴方の病気、白斑病も今は自己免疫疾患に認められていますよ。

20年後には遺伝子治療ができるそうです。
マウス段階ではもう可能なのね。

今でもたくさんの方が貴方の歌詞を訪ねてブログを訪れてくれています。
だから少しだけポイントが貯まってるから熊本に寄付しますね。

今の世界を見たら貴方はどんな詩を書くのでしょう。それでも神はいる、人間への愛を忘れないで!と歌い上げるのでしょう。

あらゆる生き物に生命と神の愛宿る。

忘れない。

イメージ 1

ラブ

今年マイケルのいる世界に旅立ってしまったプリンス殿下。

彼もアーティストとしての孤独と耐え難いほどの痛みと戦っていましたね。

マイケルとは同年齢のライバルとされ、共演の話もありながら最後まで叶わず。

でも2人の間には

ラブとリスペクトがあったと信じています。

殿下の最期の様子を伝える記事に見覚えのある名前を見つけてうるる。

イメージ 1


ジュディス・ヒル

ディスイズイットでマイケルのデュエットの相手を務めた実力派。あまりに上手くてなんの不自然さもなくマイケルの相手を務めていたのに、何方かと言えば華のあるオリアンティに注目が集まり、あまり話題になりませんでした。

マイケルのちょっかいにも動じず歌い上げるジュディス、大物だなと思ったものです。

フェロモンはないけど、おっかさん的な包容力があるのかな。

殿下も信頼を寄せていたらしいです。最後のツアーに同行したとか。

プリンス殿下、マイケルへの思いを声高に叫んでいなかったけど、語り合わずとも通じあう何かがあったのでしょうか。

殿下がジュディスのプロデュースをしたのかな。彼女の最新の歌声をまだ聴けずにいます。きっとますます心に響く歌声になってるはずだから。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事