“Special Needs Education”を深めよう

「特別ニーズ教育学」を研究するKUNIMOTO研の徒然草

全体表示

[ リスト ]

2011年8月、鳥取市を会場に「子どもの遊びと手の労働研究会」(手労研)の第38回全国大会が開催されます。
現地実行委員会に名を連ねている関係で、1月8日に開催された実行委員会に参加しました。
 
手労研の鳥取支部は、「因幡の手づくりまつり」を元々主催してきた民間教育団体ですが、毎年夏に行われる全国大会を引き受けるのは今回で2回目です。
 
この日は、会場となる現地視察の中で、現在改装工事中の「五臓圓ビル」を訪れました。
五臓圓ビルについては、「五臓圓ビルを保存活用する会」のブログをご覧ください。
 
イメージ 1
 
今年3月末のオープンを目指して、土曜日も工事が進められていました。
鳥取市で最古のビル建築という歴史もさることながら、その価値を再認識する中で、智頭街道商店街のまちづくりの拠点として活用していくため、これからの展開が期待されています。
手労研大会でも、会場の一部として五臓圓ビルの活用を検討しています。
 
報道では、五臓圓ビルにカフェや鳥取大学のサテライト機能が設けられるという話があります。
1年少々前のこのブログ記事(http://blogs.yahoo.co.jp/cygnus_kuni/49689413.html)の時と比較しても、いろいろなアイデアが一つ一つ形になっていることが非常に嬉しい限りです。
 
是非、全国からお越しの方々には、改装後の五臓圓ビルにもお立ち寄りいただきたく思います。

この記事に


.


みんなの更新記事