全体表示

[ リスト ]

スピリチュアリズムの初期の霊媒たちは転生輪廻を否定していて

生まれ変わりなどないと主張していた。

これに対して珍しく再生を唱えたのがフランス人アラン・カルデックの『霊の書』である。

神智学のブラヴァッキーも初期の『ヴェールを脱いだイシス』では

転生輪廻を否定していた。


1882年にイギリスで心霊科学協会が創設された。

活動の中心となったのはケンブリッジ大学倫理学教授ヘンリー・シジウィックと

二人の弟子フレデリック・マイヤーズとエドモンド・ガーニーである。

マイヤーズは1843年に聖職者の子として産まれ、1901年に亡くなった。

1903年にリチャード・ホジソンとアリス・ジョンソンの編集によって

『人格とその死後存在』という大著が出版される。

この本は数十年におよぶマイヤーズの心霊主義にかんする

論考の集大成というだけでなく、

1848年のハイズヴィル事件以後の心霊現象を統一的に俯瞰する内容となっている。



『近代スピリチュアリズムの歴史』 P124

引用開始

 一方マイヤーズは1901年に病死したが、死後もう一冊の本を出している。

『人間個性とその死後の存続』という題で、

仕事仲間でSPR会員のリチヤード・ホジソン等により出版された。

SPRそのものの仕事ではないが、

彼は死の一年ほど前にSPRの会長に就任していて会を代表する人物であったから、

SPRの業績に数えてもいいと思われる。

 この本は出版当時から評判が高く、大学の心理学の教科書にも使われた。

マイヤーズは人間の意識を顕在意識と潜在意識とに分けて考察した

最初の人間の一人である。

顕在と潜在という用語を使い始めたのも彼だった。

とくに潜在意識については独特の「潜在自己」論を展開し、

人間意識の暗黒部に潜む多様な可能性こそが人格の主要な部分を形成するものであり、

われわれが日常的に考える統一的、連続的な人格などは存在しないと考えた。
 
自分が参加した数多くの催眠の実験や降霊会などの実際の体験から

このような理論を引き出したのは注目に値する。

われわれが異常または超常と考える現象、

たとえば夢遊病や多重人格、悪霊の憑依など精神病の範囲に入るものや、

死者についての幻覚、幻聴、透視、未来予知など、

超能力に関するものなどをひっくるめて、潜在意識に潜む普通の現象と見なした。

人格はこういう「複数潜在意識」による重層的で変化し易いものだというのである。

つまり、一人の人間の中には何人もの人間が住んでいるとも言え、

霊媒たちが声や仕草を通して見せるあの世の住人も、

その霊媒の人格の一部であると同時に、

われわれが日常の意識で認める霊媒その人の人格とは別なものであっても

おかしくはないのである。

つまり、マイヤーズの説は心理学の言葉を巧みに使いながら、

死者の意識が生者の意識と混在する可能性を排除してはいないのだ。

この「複数潜在意識」説は、今日の心理学の人格の相対性や

意識の多重性に先駆ける独創的な考えであった。

引用終了



この書はマイヤーズの死後に発表されたが、生前、

心霊科学教会の機関紙「会報」に毎回のようにマイヤーズは論文を掲載していた。

心理学者のユングは最初の論文の『心霊現象の心理と病理』で

マイヤーズの論文を引用している。

ユングは降霊会を催して霊媒と接していたから会報に載っている

マイヤーズの論文を読んでいたと思われる。

ところでこのマイヤーズであるが、

死後、ジェラルディン・カミンズという有名な自動書記霊媒により

通信を行い『永遠の道』『個人的存在の彼方』という書籍が出版される。

この2冊によりマイヤーズは類魂説というのを唱える。

これは霊界で1個の高級霊が複数の霊を一つにまとめるというものだ。

1個の統括霊によって結ばれた霊の一団があり、それが霊的栄養を統括霊からもらう。

この霊団に含まれる霊の数は20くらいの場合もあれば、

100くらいのときもあり、1000くらいのときもある。


そしてこの霊団の霊が順次地上に誕生して魂修行を行う。

地上に降りて魂修行をした霊が学習した成果は霊団の霊全部に共有され、

同じカルマを背負うことになる。

というものだ。


幸福の科学では本体・分身の理論があり。

本体の霊を元に霊界でパイトロンなる装置を用いて5つの分霊を創造したとされる。
(これは現在でも幸福の科学で用いられている説明かどうか知らないが)

マイヤーズの類魂の理論のように、順次本体・分身が生まれ変わり、

その地上での修行の成果は残りの霊、本体・分身に共有されるし、

同時にカルマも受けることになる。

これでいうと、霊団の数がマイヤーズの場合は、相当数が多いのを除いて

地上の成果を共有するということ、カルマも背負うということで同じ説明のように思う。

この本体・5つの分身の理論はたしかGLAの高橋信次氏が唱えたもので

幸福の科学もそれをそのまま使用しているっものだとと思う。

マイヤーズの場合は、生前、複数潜在意識説を唱えていたが、

死後霊界で複数潜在意識説を発展させた類魂説を唱えたというものだ。興味深い。


初期の霊言集の『日蓮聖人の霊言』ではこの群魂について尋ねていたが

あいまいにされていました。


参考
『近代スピリチュアリズムの歴史』三浦清宏 講談社
『心霊の文化史』吉村 正和 河出ブックス
『日本人の心のふるさと<<かんながら>>と近代の霊魂学<<スピリチュアリズム>>』近藤千雄 コスモス・ライブラリー

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事