ここから本文です
哲学日記
泥沼から脱出するまで一気につき進め。休息は泥沼を抜けてからとるものだ。

映画「殯の森」

 この映画を知るまで「殯」という言葉を一度も聞いたことがなかった。意味も読みもわからない。

エンドロール直前に殯(もがり)の説明文が出る
「敬う人の死を惜しみ、しのぶ時間のこと またその場所の意…」





 無いことを有ることにするのが、他のいかなる動物にもできない人間固有の能力、あるいは悪癖だ。
この能力によって文明文化を作るが、ありとあらゆる禍も作り出し、人間は自業自得で際限なく苦しんでいる。


 この映画の認知症の主人公しげきは33年前に死んだ妻・真子の死を今も受け入れず死者の幻影と共にいる。


 老人ホームの年寄達が言う「死んだらな、あの世いうとこがあってな…おじいちゃんやおばあちゃんやなんかは先に行って、お前らが来るのをやな、待ってたるから」

大昔からじいさんばあさんは孫達に、このような嘘八百の作り事を、まったく悪気なく、いかにも本当のように言って刷り込んできたのだ。彼らも子供の頃爺さん婆さんや親からそう刷り込まれたのでそれを繰り返してるだけなのだ。

 そんな定型文で事が済むなら、ブッダもキリストも必要ないし、殯の森も、しげきとヒロイン真千子の彷徨も必要ないことになるが、本物の人間はそうはいかないのだ。

僧侶が「真子さんが亡くなられて33年になりますから、今年は真子さんが仏さんの世界に入り込んでしまわれた年なんです。仏さんになったので、もうこの世に戻ったりはされません」
これはまあ無難な落し所なのだが、しげきは受け入れない。





 社会が仏教をお飾りにしかしてないのに、人間に必要な殯は廃れたから、社会の全てが浮ついた安っぽいまがい物になったのだと、この映画を観終わって思った。









https://philosophy.blogmura.com/buddhism/ ←[にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ]

この記事に

パワーレンジャー

洋画 『パワーレンジャー』



 日本人が陳腐だと思い込んでいる自分たちの神話の独創性に気づけず、アメリカ人がそのユニークさに注目して成功したパターンだ。
 じゅうぶん面白かったのだが、もっとスムーズな話運びで作れたら世界的大ヒット作に化ける潜在力をもっている。第2弾のうわさもあるので期待してる。



 ただし、このイデアは現実に適用しようとすると、秒で腐敗し始めるので、いつまでも美しいおとぎ話の世界に止めて愛でるべきだとおもう。

https://philosophy.blogmura.com/buddhism/ ←[にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ]

この記事に

イメージ 1

(画像は過去記事の使いまわしです)

 数年前からこの時期は雨日以外毎日、近くの川に行き水中手動瞑想をやっている。

 獣に生まれたものにはできないことだ。
人として命のある間でしかやれない、真に贅沢を極めたことだとおもう
の実感はいっそう強くなっている。


 このところ午前に用事があり、午後から川に出かけることが多い。
15時過ぎ、コンクリの壁式橋脚裏の定位置に陣取り、まず水中ストレッチとひと泳ぎ。水がひときわ澄んでいる。グラグラだった腰が少しシャンとなる。今日は開脚ストレッチしたままバランスをとりつつ呼吸瞑想(いろいろ試しながらやっている)次に足を緩く組んで手動瞑想。

 16時過ぎ、上がろうと橋脚をまわると、おれの着替えが置いてある場所で、帰り支度中の女子集団がたむろしてる。
定位置に戻り、帰るまで瞑想続行して待つ。
なかなか帰らず結局18時過ぎてしまった。
しかし結果オーライ。なんとなく16時半くらいが限度だと思ってたが、18時過ぎでも空は明るいし水も冷たくないのでじゅうぶん居ることができるとわかった。明日から滞在時間を延ばそう。

[関連記事]
空と雲の下

https://philosophy.blogmura.com/buddhism/ ←[にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ]

この記事に


 仏弟子ソーナの努力はすさまじかった。
林中にあって、寝る間も惜しんで瞑想に励み、経行(きんひん)によって足の肉が破れ、ソーナの遊歩場は血にまみれ屠畜場のようになった。

(この経行とは、今日いうところの「歩くヴィパッサナー実践」のことだと思う。遊歩場はソーナの足の出血で屠畜場のように血にまみれたというのだから、朝から晩まで四六時中歩くヴィパッサナーを続けていたかもしれない)


 釈尊はソーナの意中を確かめてから、「琴糸のたとえ」を説いて、ソーナの度を越した修行を諌められた。

 琴の糸は張りすぎず、緩みすぎず、緩急よろしきを得ているときに、たえなる響きを発する。
修行の努力も、昂ぶることなく、だらけることなく、中庸の努力を続け、道を修むべきである。

(現代語仏教聖典 釈尊編 9章2節「琴糸のたとえ」の要旨)








 おれは、ソーナの一途な努力を見習いたい。「琴糸のたとえ」で諌められるほどになりたい。

※関連記事
サティが5分と続かない件
https://rdsig.yahoo.co.jp/blog/article/titlelink/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9ibG9ncy55YWhvby5jby5qcC9jeXFuaDk1Ny81NzkzNTk4OS5odG1s

https://philosophy.blogmura.com/buddhism/ ←[にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ]

(過去記事増補編集再録)

この記事に

ゲーリー・ルイス&プレイボーイズ。
「恋のダイヤモンド・リング」

 おれの感覚だと、これは絶対名曲ということになる。

ボーカルにも演奏にもソウルはない、だけど全体はなんか軽くて良くて、これぞポップスって感じがあるからだ。モンキーズにも共通してる感じ。

ほんまもんのジャニスやビートルズに敵いっこないが、これはこれでありやで。


https://philosophy.blogmura.com/buddhism/ ←[にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ]

この記事に

「あなたの家族ががんのときには本人に知らせてほしいですか?」という質問に、日本人の半数以上がNoと答えるという恐ろしい統計は今でも事実か。

 日本人が、家族を思いやる優しさから等言いわけして、末期がんでも本人に知らせてほしくないと医師に要請することが諸外国に比べて多いなら、それは我々が相手に対して精神的子供である現実の歴然たる証拠になるとおもう。

 もう二十歳過ぎてるから、あるいは後期高齢者だから立派な大人だといった普段のいいかげんな嘘はこういう限界状況で通用しないと「賢く」気づき、日常の化けの皮が剥がれ、自分たちが互いに受容能力の弱い子供だと自分たちで認めてしまっている。

 ちなみに、アメリカでは患者本人の許可なしに家族に病名をもらした医師は告訴される可能性さえあるとのこと。

日本人が「家族に相談なく本人に知らせた医師が許せない」と怒るのと、なんという違いか。

どちらが、よりましな大人か。


https://philosophy.blogmura.com/buddhism/ ←[にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ]

この記事に

 おれは昔、職場に行く前の早朝や休日に曹洞宗の寺に通って坐禅のまねごとをやってた短い時期がある。
45分だったか1時間だったかの坐禅を2回やり、間に経行(きんひん)というものがあった。
足の痺れや眠気を取り除くために、できるだけ定を保ったまま
一息半歩
で歩く重要性を詳しく指導された。




 その後リタイア生活に入ってから、東京の弟の家に遊びに行った機会に、近くのテーラワーダ寺院に出向き、
ウォーキング・メディテーション(歩くヴィパッサナー)
の説明と実践の手ほどきを受けた。
その時、おれは禅寺でやっていた経行の意味の核心を初めて知ったと感じた。禅寺での教えは間違いではないのだが、芯を食っていなかった。
インド→中国→朝鮮→日本の伝言ゲームの間に、微妙で深刻な意味のズレが生じていたのだと思った。

 経行における意味のズレはまだ微妙でそれほど深刻ともみえないが、このちょっとしたズレが原因となり、やがて「動中禅」の意味と解釈に決定的に深刻な間違いが現れるという結果を導いたと思う。
「動中禅とはなにか」→
https://rdsig.yahoo.co.jp/blog/article/titlelink/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9ibG9ncy55YWhvby5jby5qcC9jeXFuaDk1Ny81NzMwNTQ4MS5odG1s
 仏法のポイントはたった一つ、サティがあるかないかだけだ。
「人生最優先のタスク 「怠けるな」のほんとうの意味を知る」→
https://rdsig.yahoo.co.jp/blog/article/titlelink/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9ibG9ncy55YWhvby5jby5qcC9jeXFuaDk1Ny81NzAxNDM0MS5odG1s










実践。

スローモーションで歩きラベリング、

「右足・上げる」「出す」「下ろす」

「左足・上げる」「出す」「下ろす」


で、しばらくやってみたが、ちょっと慣れて余裕が出てくるとラベリングの隙間にいっぱい雑念が入る。


それで、動きをスローモーションにして(超スローモーションでもふらつかないために歩幅は小さくした。いわゆる一息半歩の足運び)

「右足・上げ始める」「上げる」「上げる」「上げ終わる」
「出し始める」「出す」「出す」「出し終わる」
「下ろし始める」「下ろす」「下ろす」「下ろし終わる」

「左足・上げ始める」「上げる」「上げる」「上げ終わる」
「出し始める」「出す」「出す」「出し終わる」
「下ろし始める」「下ろす」「下ろす」「下ろし終わる」


などと工夫してみる。
ラベリングの間に余裕がなくなったので、雑念が入りにくくはなった。


まあ、これも慣れたら、同じ問題が出るが。
(習熟して速い動作にもサティがついていけるようになれば、動作を速めて雑念を阻止する方法もとれる)



※「ヴィパッサナー瞑想」
http://www.j-theravada.net/4-vipassa.html

https://philosophy.blogmura.com/buddhism/ ←[にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ]

(過去記事増補編集再録)

この記事に

スリー・ディグリーズ

[同日追記]
 操作ミスで、直前記事に推敲途中版をupしてたことに、今買い物から帰ってきて、気づきました。すでに「ナイス!」押してくれてる人がいるので、両方消さずにこのままにします、悪しからず。[以上]

スリー・ディグリーズ。
「天使のささやき」
珍しい。日本語で歌ってるのがあった。しかも意外に完成度高い。
(おれが知らんかっただけで、大スター本人の日本語バージョンは当時超話題だったに違いないんだけど)











オリジナル(英語)は

「天使のささやき」 スリー ディグリーズ
やっぱこっちがいいわ。
懐かしいのは、やっぱこっちっす。

[170708追記]
 当時、この曲あたりから
「このごろのヒット曲はソウル(魂を込めて歌う技術)が薄れてきたな。嫌だな」
とおもっていた。

 ところが最近のほとんどのヒット曲はソウルのひとかけらもない。それがあたりまえなってしまった。
おれは、たとえばジャニス・ ジョプリン、日本ではブルーハーツなどに感動してたんで、最近のK-POP、J-POPは歌もダンスもみな腹立つほど薄味すぎると感じる。
今や逆にソウルなんか無いほうがいいらしい。





 スリー・ディグリーズ、今聴くとけっこうソウルあるわ。
当時のおれは贅沢言ってたんだな、とおもう。


https://philosophy.blogmura.com/buddhism/ ←[にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ]

この記事に

スリー・ディグリーズ

 最近のほとんどのヒット曲はソウルのひとかけらもない。それがあたりまえなってしまった。
おれは、たとえばジャニス・ ジョプリン、日本ではブルーハーツなどに感動してたんで、最近のK-POP、J-POPは歌もダンスもみな腹立つほど薄味すぎると感じる。
今や逆にソウルなんか無いほうがいいらしい。


 スリー・ディグリーズ、今聴くとけっこうソウルあるわ。
当時のおれは贅沢言ってたんだな、とおもう。



「天使のささやき」
珍しい。日本語で歌ってるのがあった。










オリジナル(英語)は

「天使のささやき」 スリー ディグリーズ
懐かしいのは、やっぱりこっちです。

https://philosophy.blogmura.com/buddhism/ ←[にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ]

この記事に

ドクター・ストレンジ

ウィキペディア『ドクター・ストレンジ』ストーリーより
ニューヨークの病院で働く天才外科医、スティーヴン・ストレンジ。ある日交通事故に遭い、両手に外科医としては致命的な負傷をしてしまう。一瞬にしてその輝かしいキャリアを失った彼は、あらゆる治療法を試し、最後にカトマンズの修行場カマー・タージに辿り着く。そこで神秘の力を操る指導者エンシェント・ワンと巡り会った彼は、未知なる世界を目の当たりにして衝撃を受け、ワンに弟子入りする。そして過酷な修行の末に魔術師として生まれ変わったストレンジ。そんな彼の前に魔術の力で世界を破滅に導こうとする闇の魔術師カエシリウスが現われ、人類の存亡をかけた戦いの渦に巻き込まれていくストレンジだったが…。




 上の「本編プレビュー映像」のすぐ後のシーンで、闇の魔術師カエシリウスは、主人公ストレンジを仲間に引き入れようと次のように熱弁をふるう。
すべては老い、すべては死ぬ。いつか太陽は消滅し我々の世界も滅びる。
だが暗黒次元は時間を超越している。我々の世界も、その一部になることで理想郷となり得る。美しい楽園に。永遠に生き続ける。誰もが等しく永遠の命を得る。…

…人は善悪で判断するが問題は時間だ。時間が全てを殺す

…世界は間違っている。
人が求めるのは永遠。だが時間が我々を縛る。時間は屈辱。死は屈辱

と。

 だから、時間こそ人間の真の敵であり、時間を超越する暗黒次元の神ドラマムゥによって永遠の命と幸福が得られる、と主張する。







 人間が自分は死ぬ定めだと本当に認めれば、人間は自由になり幸福になり世界は平和になるとブッダは明解に説いているが、大多数の人々は大昔から今に至るまでずっと、これと真逆の幻想を抱いている。

すなわち、自分に死などありえない、自分は永遠に生き続けると妄信している。

 だから、たかがマーベルアメコミのセリフにも、あなたの心はざわついてしまう。自分の隠し事を鼻先に突きつけられた気分になるからだ。


俺、俺のもの」とは、いついかなる場合にも絶対両立できない。
大多数の人は「俺、俺のもの」が何よりも大事なので、自動的に死を無いことにせざるを得ない。
しかし、あたりまえのことだが死は並はずれて歴然の事実なので、この不条理きわまる妄想は常に強烈なストレスになり人間を圧迫している、たとえまるで自覚がなくても。

だから、必要なガス抜きとして、こういうコミックや映画が大いに受けるのだ。
 この種のガス抜きを繰り返すと、やがて深刻な副作用を、つまりいっそうタチの悪いルサンチマン幻想を惹起するのだが。


https://philosophy.blogmura.com/buddhism/ ←[にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ]

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事