ここから本文です
哲学日記
泥沼から脱出するまで一気につき進め。休息は泥沼を抜けてからとるものだ。

ウィキペディア『湯を沸かすほどの熱い愛』より
ストーリー
夫の一浩とともに銭湯を営んでいた双葉は、他ならぬ夫の失踪とともにそれを休み、パン屋店員のバイトで娘の安澄を支えていた。ある日職場で倒れ、病院で検査を受けると、末期ガンとの診断であった。2〜3カ月の余命しか自分に残されてはいないと知り落ち込む双葉だったが、すぐに残されたやるべき仕事の多さを悟り立ち上がる。

まずいじめに悩み不登校寸前に陥った安澄を立ち直らせ、級友たちに言うべきことを言えるようにさせること。そして行方不明の一浩を連れ戻し、銭湯を再度開店するとともに家庭を立て直すこと。双葉は持ち前のタフさと深い愛情で次々と仕事をこなし、一浩とともに彼が愛人から押し付けられた連れ子の鮎子をも引き取って立派に家庭を立て直した。その上で、彼女は夫に留守番をさせて娘たちと旅に出る。彼女の狙いは、じつは腹を痛めて得た娘ではない安澄を実母に会わせることだった。道すがら出会ったヒッチハイク青年拓海の生き方をも諭したりもしつつ、やがて双葉は力尽きて倒れる。だが、彼女の深い思いは家族たちを支え、そして拓海や、安澄の実母・君江、夫の調査に当たった子連れの探偵・滝本の心にも救済をもたらすのだった。静かに眠りについた彼女に導かれるように、新たな繋がりを得て銭湯で行動しはじめる人々。彼らを見守る双葉の心が、煙となって店の煙突から立ち上った。



 『湯を沸かすほどの熱い愛』という超ダサイ題名が、最後にキラキラ輝いて見えるから。



 それとは別におれ的には、おそらくほとんどの人がスルーするだろう次のシーンに感動した。
死んだ妻のことを探偵の滝本は娘マユに「ママは天国に行ったけど、また会えるよ」と噓を言ってたが、物語の終盤で「人は死んだら二度と会えなくなる。だからもうママには会えない。…ごめんな、ずっと嘘をついてて。…やっとパパ、マユにほんとのこと言えたわ」と言う。このシーン。

実はほんの数日前、おれはキリスト教系の宣教者に、死んだ家族に会いたくないかと訊かれ
「死んだ人がどこかで生きてるとかいう話はあほらしくて聞いてられない」とおれ。
「でも仏教ってそう教えてるんでしょう?」と宣教者。
「違います。今の仏教は堕落してるんですよ。キリスト教と一緒です」と答えて相手をすっかり白けさしたばかりだったので、よけいこのシーンに敏感に反応したのかもしれない。

 死んだ人が天国に引っ越すだけと思うなら、人間は死をまったく認めていないのだ。だからこの世界には自由も平和もない。その反対に陰湿ないじめと残酷な戦争が常にある。
ブッダは
人間が自分は死ぬ定めだと本当に認めれば、人間は自由になり世界は平和になる。
と明解に説いているからだ。

この記事に

(禅に聞け 澤木興道老師の言葉 櫛谷 宗則編)から引用します。

 実物さえあれば言葉は自由自在に表現できる。しかし言葉は実物ではない。言葉の中に実物があるなら、「火、火」と言うたら舌は火傷し、「酒、酒」と言うたら酔っぱらうじゃろうが、しかしそうはゆかんじゃないか。

実物のないものは、何と言うてもダメである。理屈をどう言うてもダメじゃ。言葉は言葉だけのものである。
 わしは西田幾太郎の本もよう読んだが、「ただ新しい言葉を発見するだけなんだな」と思った。





 ホトケに成りたい?ホトケになんぞ、ならいでいいんじゃ。
 今が今、自分が自分すればいいんじゃ。
 ここを捨ててどこへ行くというんじゃ。

(引用終。強調は私です)






「今・ここ」に完全に集中できれば、自分という意識は作り物だと明らかにわかるとヴィパッサナー実践の説明にあるのですが、おれはいまだに、その実物に到達できません。


 釈尊の「自灯明」の実物を「自分が自分する」と澤木老師は教えてくれてます。
老師は実物を持っているので、このように独自の表現が自由自在にできる。
 実物さえあれば言葉は自由自在に表現できる
のです。

(仏法に限らずじつは何でもそうなんだけど)
 仏法は特に、言葉や理屈だけでは微塵も誤魔化せない世界です。


[https://philosophy.blogmura.com/buddhism/ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ]← (文字をクリック)

(過去記事増補編集再録)

この記事に

「マザーテレサ 日々のことば いなます みかこ訳」100p4月24日のことばを引用します。

私はすべての宗教を尊敬していますが、私は自分自身の宗教を愛します。
人々が、私たちの愛の行いによってより善いヒンズー教徒、より善いイスラム教徒、より善い仏教徒になるならば、そこには何かが育ちつつあるのです。
彼らは神に、よりいっそう近づいているのです。
彼らがほんとうの神に近づいた時、その時が彼らの選択の時なのです。
(引用終)





 それでいい。

それでキリスト教徒やイスラム教徒が他宗教と仲良くできるなら。
善いキリスト教徒がそう思うように、善いヒンズー教徒、善いイスラム教徒、善い仏教徒もまったく同じように思っているのだから。


この世界における核弾頭の存在は国家間に恐怖と不信を引き起こしています。
(同9月3日のことばより)という切迫した状況下で真に恥ずべきは、宗教間でいつまでもとがめ合って分裂していることだ。

宗教間の融和を「生ぬるい」と断じて「口から吐き出」していたら、こんにちの世界は破滅する。
それは黙示録の成就なんかじゃない。


[関連記事]
信仰のみの諸宗教は互いを理解する規範がない」→https://rdsig.yahoo.co.jp/blog/article/titlelink/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9ibG9ncy55YWhvby5jby5qcC9jeXFuaDk1Ny81Nzg2ODQxMi5odG1s

https://philosophy.blogmura.com/buddhism/ ← にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

この記事に

ロバート・パーマー。
「シンプリー・イレジスティブル」




 この曲のビデオ・クリップのParodyです。
オリジナルクリップが超かっこよかったのでパロられました。

A Simply Irresistible Parody

オリジナルは→コレ

この記事に

懐かしい古い曲を。
トミー・ジェイムス&ザ・ションデルズ。
「ハンキー・パンキー」
(さんま御殿オープニングに流れてるから、耳にはなじんでるだろうけど)



トミー・ジェイムス&ザ・ションデルズ。当時おれはシャンデルズって言ってたんだけどな。
もう1曲。「Mony Mony」
youtubeの音があまり良くないけど、これもいい曲だと思う。

Mony Mony by Tommy James & The Shondells

この記事に


いつの間にやら、人間の幸不幸、好き嫌い、よしあしに戻ってしまう。

(禅に聞け 澤木興道老師の言葉 櫛谷 宗則編)




 仏法の核心は、人間の幸不幸、好悪、善悪とは関係ないということ。


多くの「幸福論」が、無駄な苦労を避け、過去の悔恨と未来の憂慮は最小限に止めて、「今」を楽しみなさい。と教えている。

それはいい。もちろん、おれだってそうしている。
だけどそれは、たんなる処世術に過ぎない。
処世術は世渡りのテクニックであって、人生とはなんの関係もないことだ。


 幸福は、こころに余裕を作り、単なる幸福感を超えて、生死を明らめる次のステージに進む力にしてこそ意味をもつ。

幸福というだけで人生の問題が解決することは一切ないからだ。

だが、
いつの間にやら、人間の幸不幸、好き嫌い、よしあしに戻ってしまう。



人間の宿病は容易には治らないということ。

幸福が人生の目的になってしまう。

死なないならそれでもいいが…


https://philosophy.blogmura.com/buddhism/ ← にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

(過去記事増補編集再録)

この記事に

(禅に聞け 澤木興道老師の言葉 櫛谷 宗則編)より引用します。
科学者の実験──それがわれわれの場合では修行である。実験のない科学がツマラヌように、修行のない仏教はツマラヌ。

(引用終)


 おれは仏教徒だが、仏教、キリスト教、イスラム教が深奥において共通する唯一の「宗」をもっていると思う。

しかし、キリスト教とイスラム教は極度に信仰のみを重視して、「出入息念経」のような体系的修行はないに等しい。

清沢満之は『宗教哲学骸骨』の中で
信仰はこれを改めるのに規範がない

と言っている。

つまり、信仰だけのキリスト教徒とイスラム教徒は互いを深奥において理解する規範がない。この種の規範は体系的修行で保証される。



 この数日「ヨハネの黙示録」を読み直している。
ラオデキヤの教会に与えられたイエスキリストからの言葉として、ヨハネは
「わたしはあなたのわざを知っている。あなたは冷たくもなく、熱くもない。むしろ、冷たいか熱いかであってほしい。このように、熱くもなく、冷たくもなく、なまぬるいので、あなたを口から吐き出そう」
(第3章15〜)
と書いている。


この人たちは、三大宗教が深奥において共通する唯一の「宗」だと理解する規範がないので、かえって融和的なものすべてを「熱くもなく、冷たくもなく、なまぬるい」ものと断じ「口から吐き出」してしまう。
信仰aと信仰bは互いに敵対排斥衝突するのが大方の常となる。





 マザー・テレサは、死の看取りの場で、相手の信仰する宗派を訊いたという。

そして、ヒンズー教ならガンジス川の水をかけてあげた。イスラム教ならコーランを読んであげた。

テレサ自身はむろん、キリスト教を誰よりも深く信仰している。

彼女のこのような行動に開示されている、深奥の宗を学び取りたいと思う。



[関連記事]
筏のたとえ」→https://rdsig.yahoo.co.jp/blog/article/titlelink/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9ibG9ncy55YWhvby5jby5qcC9jeXFuaDk1Ny81NjcwNzIwMy5odG1s

https://philosophy.blogmura.com/buddhism/ ← にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

(過去記事統合編集増補再録)















※「ヴィパッサナー瞑想」
http://www.j-theravada.net/4-vipassa.html

※「日本テーラワーダ仏教協会」公式サイト
http://www.j-theravada.net/

この記事に

(禅に聞け 澤木興道老師の言葉 櫛谷 宗則編)より引用します。
イタチは夜目が見え、アザラシは水泳がうまいということは、業通(業の通力)なのであって、決してエライのでもなんでもない。世の中でエライと言うてもたいがいは業通でしかないので、頭がようて高文(高等文官試験)を通ったと言うても業通だ。──真実の人生を見つめたからでも何でもない。


頭がよい、悪い、器量がよい、悪い、──みんな業である。…
頭の悪い人間が、頭のよい人間に、言わされ、おさえつけられてしまうのも業であって、頭のよい人間が、頭の悪い人間より偉いというわけではない。ただ業である。
仏法はそんな業の話ではない。

(引用終。強調はわたしです)






 たとえば、美人コンテストがつまらないのは、男女差別しているからではない。
生まれながらに持っているもので、優劣を競っているから、つまらないのだ。

「いや、そうでもないでしょう。本人たちは必死で努力している。整形までしている子もいる」








それ!を、生まれながらに持っていると言ってるんだよ。


[https://philosophy.blogmura.com/buddhism/ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ]← (文字をクリック)

(過去記事編集再録)

この記事に

フィル・コリンズ。
「恋はあせらず」

いわずとしれたシュープリームスの大ヒット曲をおっさんがカヴァー。
女王ダイアナロスのボーカルは完璧だったが、これはまた全然違う味がある。
なんだろう、このおじさんのカッコよさは。



この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事