ここから本文です
哲学日記
泥沼から脱出するまで一気につき進め。休息は泥沼を抜けてからとるものだ。
 ブッダは深遠だが明快でシンプルで矛盾のない教えを説いた。

滅後に、弟子や信者が読み物として面白いが矛盾だらけの物語を仏説として宣伝普及させた。

大乗とは何ぞや。
文学に簒奪された仏教だ。
文学作品としては見事な出来だが、一時の慰みで、あんな読みもんでほんとに救われるわけない。



 ブッダは「筏のたとえ」を示して、彼岸に至ればわたしの教えも捨てよと説いた。
「三乗十二分教は、不浄を拭う故紙なり」は、なお大乗運動内改革者の妥協の言で「筏のたとえ」の劣化版だ。
冒頭如是我聞の自己正当化から始まるゴミの山は端的に不浄故紙で、ブッダの教えの記録ではないからだ。
やがて、
人はありのままでよい(大嫌いな修行の否定)
世界もこのままでよい(大好きな現状大肯定)
と図々しく開き直り、此岸で筏を捨てた。




 人間の愚行は、いつの時代もどこの国でも同じパターンで繰り返されている。
仏説の退廃運動はインド⇒中国⇒日本と時・所を替え、多少の揺り戻しはあるものの基本消滅するまで、教えが劣化再生産され続ける。
インドでは密教=ヒンズー教化して実質的に消滅した。
中国でも日本でも早くからまじないと神頼みに劣化変質している。









 「多少の揺り戻しはある」と上述したその最大のものが禅宗運動だ。
おれは理由は分からなかったが最初から禅宗に強く魅かれ、六祖壇経を初めとして祖師語録を耽読した。
あとからブッダの教えにもっとも似てたから魅かれていたと気づいた。



 この動画、花園大学名誉教授沖本克己先生による「禅宗史」講義で、馬祖道一・石頭希遷以前はすべて嘘混じりの神話の類に過ぎないと聞いて少なからずショックを受けた。
いや昔からチラホラうわさ話のように耳に入って、信じたくない気持ちがあり曖昧なまま過ごし、改めてやっぱりほんとだったかと。

大好きな六祖壇経も三祖信心銘も、語録のみならずその人物の存在すら後世のねつ造とは、切ない話で、人間の嘘をつく能力の信じがたい高さに驚嘆する。
いやすでに大乗経典や聖書等の成立過程のいいかげんさから、人間はいつの時代もどこの国でも骨髄からの大ウソつきだと知ってるつもりだけど……。

正に知ってるつもりで分かってなかった。




 沖本先生は、嘘の神話も大事ですと言ってるが、危うい話だよ。頼りない話だよ。

ブッダは

 たとえたわむれにでも決して嘘をついてはならない。
嘘をつくというたった一つの罪を犯す人に犯せない罪はない。

と教えている。

嘘つきは、どんな罪でも犯す人間だ。

この記事に

 哲学は自然の探求→人生の理想の探求→個人の安心の探求と進んだ。これは人類の決まった思考パターンだとおもう。

科学はこのパターンをもう一度綿密にやり直して、いま最初の段階「自然の探求」の中頃を過ぎたあたりまで進んでいる。
当然この後、人生の理想の探求→個人の安心の探求と思考をチェンジしつつ進む。

そして毎回最後に、仏教の門の前に立つことになる。

思考のチェンジを何度やっても、この門は開かず、閉じたパターンの中を思考がループするだけだ。




 出口のない堂々巡りからブレークスルーするには
思考のチェンジ
ではなく

「思考の仕方」のチェンジ

が実行されなければならない。




「思考の仕方」のチェンジとは
不思量底を思量するには、かならず非思量をもちゐるなり
(道元 正法眼蔵坐禅箴)

この非思量のこと。
非思量とは、世間が怠け心で正解だと思ってる「何も考えるな」じゃない。
「何も考えるな」では教えのピントがまるっきり合っておらず、あほがあほをこじらせるイタイ結果しか生じない。

非思量は、
今ここに気づく
=ヴィパッサナー実践
のことだ。

これは難しいことを全く要求してない。
だって、一番端的に言えば自分が今してる吸う息吐く息に気づけばいいだけなんだから。




 呼吸を意識するのは、誰でも例外なく即座にできる究極の易行なので、かえってみんな頭からバカにして信じず、信じない自分がなんとなく勝手に5分と続かない難行にしてるだけだ。
これがために自業自得果で一生を忙しく怠け過ごして、空しく死ぬ他なくなる。
「あはれといふも、なかなかおろかなり」。



(過去記事増補編集再録)

この記事に


 主役も脇も役者の演技はいずれも見事だし、名匠今村昌平監督は作品を完璧に仕上げている。
主演の大女優左幸子は同作品と『彼女と彼』で日本人で初めてベルリン国際映画祭女優賞を獲得した。(←ウィキペディア
リアリズム映画の傑作であることは間違いない。






 しかし、この作品にはなんの哲学もないし主張もない。
強いて言えば
ひたすら生きんとする盲目の意志
の表象がスクリーンに終始映されるだけの映画だ。



 だから、作り手に「で、どうするの?」と訊かねばならない。

なぜなら人間は(シカトしてるにしてもやはり)自分が死ぬと気づく存在だから、よそごとの対象描写だけで済まないのは知れている。人は虫並みの生活も虫以下の生き方もするが、人はついに虫にはなれないからだ。

 凋落世界のリアルな映像だけをいやという程見せて、あとは観客に「で、どうする?」と訊いてくる丸投げ映画か…

それはちょっと狡いわ。
だって、言い出しっぺはそっちだから。
まずあんたが、なにかひとつでも答えろよ。



(過去記事増補編集再録)

この記事に

 脳はなぜ信頼できないのか。
脳は昔必要に迫られて偽造した自分意識(俺・俺のもの)に、今や逆支配されすっかり我欲の奴隷に落ちぶれている。

おもちゃを取れれた子が「ギャーッ」と叫ぶ。

あれはおもちゃが欲しくて泣いてるんじゃない。

「自分のものを盗った!」と怒ってるんだよ。

あんなかわいい子供がすでに我欲の奴隷になっている。

俺・俺のものが、でっち上げだという事実に、もはや気づくことさえできない間抜け。
そんなもの信頼していいわけがない。



 スマナサーラ長老。
「瞑想前の法話」

関西月例冥想会 2016.1.17 2/2 最新


法話メモ
 脳細胞の仕事は他の細胞をとにかく生かすこと、それだけ。

脳は、自分は常に正しいと思って指令している。

脳には死を認識する力がない。自分の死を想像することも妄想することも不可能。

脳には真理か嘘かは関係ない。生きられるか(生きられ)ないかだけ。

怒り嫉妬憎しみ。自分が生きられるかないかというバイアスで判断する。

ブッダは脳を信頼していなかった。脳はまるっきり信頼できない。

ヴィパッサナーは脳のバイアスを取り除く智慧。智慧は脳細胞の働きではない。



(過去記事増補編集再録)

この記事に

イメージ 1

イメージ 2

 2011/11/22の記事で披露した激安スナック「揚げうどん」は昔からおれの定番でしょっちゅう作っている。
上の画像は今日の。

 1年前近所に開店したスーパーは、茹うどん玉を常時10円で売っている。これをカットして片栗粉か小麦粉まぶして揚げる。すでに茹でてあるので高温で表面がカリッとなるまで揚げればOK。

 味付はいろいろやってみた。【揚げうどん】で検索するといっぱい出てくる。
もちろんマヨネーズとか凝ったディップとかで食べてもいけるが、昆布だしの素をふりかけるのがシンプルで美味しい。


この記事に





【ストーリー】より
マンハッタンで大手金融会社の社長として活躍するやり手ビジネスマンのジャックは、クリスマスイブの夜、仕事の帰り道に立ち寄ったスーパーで、奇妙な黒人青年キャッシュから換金できない当たり宝クジ券を買い取るハメになる。「これから起こることは、あんたが招いたことだ」、と謎の言葉を残す青年。その晩、ジャックはいつものように眠りにつくが、翌朝目覚めると、全く見知らぬニュージャージー郊外の家にいることに気づく。隣で眠っているのは、なんと13年前に彼が冷たく縁を切った恋人ケイトだった・・・。
【キャスト】 ニコラス・ケイジ、ティア・レオーニ、ドン・チードル、ジェレミー・ピヴェン、ソウル・ルビネック、アンバー・ヴァレッタ、ケイト・ウォルシュ、ジョセフ・ソマー


 キルケゴールは「結婚したまえ、君は後悔するだろう。結婚しないでいたまえ、君は後悔するだろう」と言った。名言だ、特に男には。
三島由紀夫は「それなら、後悔しなければいいのだ」と言った。無理がある、特に男には。





 この世界は「ひたすら生きんとする盲目の意志」の具現だ。擬人化すれば、大地母神(グレートマザー)ガイアの支配下にある。女はおのずと大地母神を崇拝する。多くの女たちは根底では地母神ガイアの娘だ。



ブッダは、この神が盲目(貪瞋痴)なのが問題だと教えた。



 ところが、世界で最もダメな存在は俗物の野心ある男たちだ。
彼らは大地母神に反感を持つものの、ブッダの教えを理解できず、たいてい金と権力の邪神マモンを崇拝するからだ。

マモンの貪瞋痴は最悪で、ガイアどころではない。

地母神ガイアの娘たちが愚かな男の暴走を際どいところで食い止めてきた。


 この映画もそういう話で、主人公ジャックが、マモンよりはガイアを信じた方が幸福になれると気づいて、マモン信仰を捨て恋人ケイトと共にガイア信者になったところで終わっている。


 しかし人間は、ガイア神とマモン神のいずれの支配からも逃れて、ブッダの教えを実践しなければ救われない。
ブッダの教えがなければ、女も男も輪廻の地獄世界から脱出できないからだ


[関連記事]
ハサミムシのおやこ




 ちなみに原題「The Family Man」は、この映画の内容を的確に表している。野心家の主人公がマモンからガイアに宗旨替えする話だからだ。邦題「天使のくれた時間」よりずっと良い。相も変らずこんな甘ったるさで誘う必要のある日本の観客は子供だとおもう。


(過去記事統合増補編集再録)

この記事に

 仏戒は守りがたいが、敬い守ろうと務めることが大事だ。
破れかぶれになるのは最悪だ。
やらかしてから「酒のせい」←大嘘だから。

欲の犬を放し飼いにするな。



この記事に

 スティーブ・ジョブズがスタンフォード大卒業式でしたスピーチは素晴らしい。
しかし、本気で受け入れる人はものすごく少ないとおもう。


スティーブ・ジョブズ ス大卒業式でのスピーチ 後編





 このスティーブ・ジョブズの話、大多数の人々は上っ面で感心したふりはしても、確実にすぐ忘れる。

 しかしそれも無理ないことで、かれらは
自分は死んでも生きている
と盲信してるので、自分達のこの信念に刃向かう話を長く覚えていることができないからだ。
これは現代を支配している共同幻想の最大最悪のもの。
分かって当然の明了々の事実を分からなくしている、今、現に働いてる力だ。

 怖いけどちょっと分かるって人は、まだ脈がある。勇気を出してこのダークパワーの呪縛をぶっ飛ばせ!



 世代を越えて読み継がれている絵本「百万回生きたねこ」の作者佐野洋子さんは

自分が死ぬと知ることは自由になることだ。

と言った。

 世の中の大多数の人たちは「人は死ぬ。自分も死ぬ。そんなの常識。誰でも知ってる」と言う。
そういう大嘘を自分につくから、
さあいよいよ死ぬというその瞬間まで、一度も自由になれない。



映画『100万回生きたねこ』予告編





 おれは昔、自分は死ぬ定めだと自覚する経験をした。
「人は死ぬ。自分もやがて死ぬ。誰でも知ってる常識だ」といったこととは
まるっきり違う
強烈な体験
だった。
それから1年くらいは何を食べて生きてたのか記憶がない。周りの全てが違う感じだったが、不思議なほど不安はなかった。

 生きてる限り完全な自由はありえないが、それ以来、本当はつまらないくだらない多くのことから、自由になれたとおもっている。






スティーブ・ジョブズ 名言集 - YouTube.flv


 スティーブ・ジョブズも佐野洋子も同じことを教えようとしている。
調べればマハトマ・ガンジーも鈴木正三禅師もブッダも…これはという人物は皆同じことを言っている。



Man lives freely only by his readiness to die.
死ぬ覚悟ができた人間だけが自由に生きる。
(マハトマ・ガンジーの言葉)

生死をしる時は、おのずから道あり。しらざる時は、仁義礼智もなし。
(鈴木正三禅師 盲安杖)

死ぬことは知られていない。知れば争いは静まる。
(ブッダ ダンマパダ6)





以上復習終わり、みんながんばれよ!(お前ががんばれ、という声が…)


(過去記事統合増補編集再録)

この記事に

 2011年NHK朝ドラ「カーネーション」全151回の再放送が4月から始まっている。

 観逃さないように連ドラ予約で録画している。
リアルタイムで観てから7年ぶりに、また初めからこの名作を味わい直すのは楽しい。


 実はおれNHK朝ドラは基本的に大嫌いで、たまに見ると嘘話の嘘会話にぞっとして1分でチャンネルを替える。

しかし、この「カーネーション」は別だった。




 リアルタイムで観てた時の記事

年寄りの過剰な食欲の正体

カーネーション



NHKドラマ再放送情報より
【放送予定】
2018年4月9日(月)より 毎週月曜から金曜
午後4時20分から午後4時50分
総合
15分×全151回
1日に2回ずつ放送

【内容】
大正2年、大阪・岸和田の呉服商の娘として生まれた糸子(尾野真千子)。生まれながらにおてんばだった糸子はだんじり祭りが大好き。でもそれを曳くことができるのは男だけだった。「男やったら人生どんなに楽しいんやろ…」そう思った糸子は「女にしか出来んことを見つけて自由に生きたい」と裁縫の道を選ぶ。やがて岸和田のパッチ屋で1台のミシンと運命的な出会いを果たした糸子は、父の反対を押し切って女学校を中退。ミシン修業を積んで、20歳のとき、夢にまで見た洋装店を開業する。その後、糸子は22歳で結婚。3人目の子どもを身ごもったとき、夫は出征先で戦死し、女手ひとつで娘3人を育てることになる。絵が得意でお嬢さん育ちの長女、だんじり好きで男勝りの次女、そして女子テニスで日本一になった三女。個性あふれる母と子が織り成す涙と笑いの奮闘記。

この記事に

イメージ 1

 おれは、澤木興道老師の「禅談」という本で人生が変わった。
「禅談」より澤木老師のことばを引用します。

 三十年幾年坐禅をやったところで少しも人格と関係がない。
自分というものと関係なしに悟ってをるのだから,そんな悟り方なら,吾々も子供の時分に幾つでも悟った。
然し,そんなものは,謎かけと同じことで,又試験の答案と同じ,数学の宿題と同じことで何でもない。

同[禅談]「ただ本を得よ」より引用します。
『ただ本(もと)を得て末(すえ)を愁(うれ)うることなかれ』…


本は真如、末は神通の意味で修行を指す。
根本をしっかりと捉えて、末節に走るなということです。…

つまり本当の事さえすれば、それを人が知るとか知らんとか、功徳がどうの、神通がどうの、そんなことは問題ではないのです。

…しかるに、この本を捨てて末を追うものだから、何時までたってもこれにいき着かない。
ただ末末と末ばかり追うて、それでとうとう日が暮れてしまう。…

『ただ本を得て末を愁うることなかれ』と工夫することが最も大切なことであります。

(以上、引用終)

※『ただ本を得て末を愁うることなかれ』は証道歌の一節

 おれはこの本で覚触(かくそく)という語を、知った。
この上なく重要な語だが、分かるように書いてある本は、今でも世の中にほとんどない。


(以下のYouTubeで詳説してくれている先生は澤木老師の孫弟子にあたる人のようです)




呼吸の観察覚触それだけでいい。
(さらにあえて究極まで突き詰めるなら、すべての法はサティひとつの中に収まってしまうとおもう)



 何をしてもよい、呼吸の観察を常に忘れない限り。
それができない場合は、よそ事を止めて呼吸の観察に専心すべきだとおもう。








(過去記事統合増補編集再録)

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事