ここから本文です
哲学日記
泥沼から脱出するまで一気につき進め。休息は泥沼を抜けてからとるものだ。

書庫全体表示

先日、町内でSさんの葬式があった。
Sさんは、おれが町の会合に出て、周りが知らない人ばかりで気まずい時、いつも気さくに話しかけてくれるありがたい人だった。

若い長男がお別れの言葉を述べた。
「世界は残酷で恐ろしいものかもしれないけれど、とても美しい」そんなことを、よくお父さんは僕に語ってくれた。

でグッときた。

「全ては苦しみだ」と説いた釈尊が、入滅目前に言った「世界は美しい。人間の命は甘美なものだ」(大パリニルヴァーナ経)を思い出した。

この言葉は一切皆苦の事実と矛盾するか?
矛盾しないとおれはおもう。




(これは二つの過去記事「世界は美しい」 「ルイ・アームストロング」の統合再録です)

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事