ここから本文です
哲学日記
泥沼から脱出するまで一気につき進め。休息は泥沼を抜けてからとるものだ。

書庫全体表示


 おれは、この前の戦争の記録を見て、大勢の著名な仏教者の戦争中の発言を知り非常に驚いた体験がある。
日本という小さなグループへの滅私奉を説いている。このが会社や国家に対する無私に過ぎず、実際には公でさえない。自己が曖昧だと公も曖昧になり、会社ごときを公とみなして滅私してしまうのが「グループぼけ」だ。今でもいたるところで発生している。

日本(アジアの多くの国も)は大衆レベルでの自己の確立が不十分だ。

日本が、「自己がない前近代的な精神」のままで、次の発達段階である自己の確立を経ずに、それ(自己がない前近代的な精神)と外面は似ているが実は精神の最高段階に位置している「無我」と連続的につながろうと企てると、諸々の忌まわしいことが起こる。

その結果、多くの悲惨な犠牲を払う長い回り道をしてから、しぶしぶもう一度「自己の確立」をやり直す破目になる。

 歴史的な経緯から「近代的」自我などといわれるが、自己の確立はもちろん近代に限ったものではない。イエスも釈尊もソクラテスも 自己の確立を経て彼らとなったのは当然だ。
自己の確立が完成しないまま外面的類似に頼って無我につながろうとすると、無我と似て非なる滅私奉公などという欺瞞的言辞にひっかかり「グループぼけ」に堕ちることを歴史が教えている。


また日本人は「和をもって貴しと為す」を最も尊重する。しかしこの実行が、自己の確立以後になされるか、以前になされるかで、結果に天地の違いが生じる。偉大な聖徳太子はたいへんな言葉を残してくれたものだとおもう。

もちろん自己の確立が、すべての悲惨を回避するというのではない。一時的には、くっきりした自我同士の衝突による争い事が増え、和が乱れるかもしれない。

おれの分類では、悪い意味で自己のない人間は平均人、自己の確立した人間は野心家、無我の人間は聖者だ。野心家には野心家特有の激しい悲惨がつきまとう。すべての悲惨を回避できるのは無我のレベルだけだが、そのためにまず自己の確立が不可欠なのだ。

 無我は、自己の確立が十分になされた精神の最終的完成としてのみ起こる。


https://philosophy.blogmura.com/buddhism/ ←(哲学・思想ブログ)仏教人気ランキング

(過去記事増補編集再録)

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事