ここから本文です
哲学日記
泥沼から脱出するまで一気につき進め。休息は泥沼を抜けてからとるものだ。

書庫全体表示



 日本版ロッキーだ、あしたのジョーよりリアルに。
ハリウッドだと主人公男、強いし戦いに勝ってハッピーエンド。
これが邦画になると、
主人公女、弱いし戦いにも負ける。でも生きていく。
パッとしないけど、そこが良いとおもう。

 安藤サクラは女優らしい女優。アイドルのへなちょこ演技とは比べ物にならない。
この「百円の恋」で2015年度日本アカデミー賞 最優秀主演女優賞、「百円の恋」と「0.5ミリ」の演技で第57回ブルーリボン賞主演女優賞ほか多数の主演女優賞を獲得した。

映画『0.5ミリ』


この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事