ここから本文です
哲学日記
泥沼から脱出するまで一気につき進め。休息は泥沼を抜けてからとるものだ。

書庫全体表示

(ブッダの教え一日一話1月22日「何も残らない」スマナサーラ長老)より引用
人類の文明そのものが、「私は死なない」というウソを前提にしてできています。
「死なない」という思いから、名誉や財産を自分のものにしようとします。…

名誉や財産をたくさんもっていても、みじめに死んでしまう。最期は墓場です。

(文中強調処理はわたしです。引用終)


↑これ(赤字部分)みんな本気にしないとおもう。人類の文明をベースから疑うには蛮勇が必要で、それは大多数の人々に狂気としか感じられない。それほどみんな臆病者だ。

この結論。

(同ブッダの教え一日一話1月22日「何も残らない」)より引用
事実を認めて、「みんな死ぬ」という前提で生きれば、日々美しく平和に暮らそうということになります。
(引用終)

みんな口で死ぬと言いながら心で死なないと思ってるので、この結論の必然性が全然ピンとこないはずだ。
だからみんな気づけない、この自分達の二枚舌が、世界中で続く奪い合いイジメ合い殺し合いの根っこの原因だということに。


[関連記事]
「先天的幻想」http://rdsig.yahoo.co.jp/blog/article/titlelink/RV=1/RU=aHR0cDovL2Jsb2dzLnlhaG9vLmNvLmpwL2N5cW5oOTU3LzU0NDU1NDQxLmh0bWw-

https://philosophy.blogmura.com/buddhism/ ← にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

(過去記事再録)

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事