ここから本文です
哲学日記
泥沼から脱出するまで一気につき進め。休息は泥沼を抜けてからとるものだ。

書庫全体表示


(ブッダ 神々との対話2・7中村 元訳)よりブッダの言葉を引用します。

さとりに至る実践の修養のほかに、感官を制御することのほかに、一切を捨て去ることのほかに、生ける者どもの平安を、われは認めない。

(引用終)



事実は、恐ろしく厳しいものなわけです。

選択の余地などない。

これは事実だから、絶対変えようがない。


不治の病が奇跡的に治癒しても真の治癒ではない。社会に適応して大富豪になっても真の適応ではない。
人間は誰でも結局死ぬから、このような治癒、適応は空しい。
けっして揺らぐことのない心の平安を得ることが、真の治癒・真の適応だ。


さとりに至る実践の修養をやるしかない。


今逃げても、繰り返される苦しみに厭きて、結局やることになる。
やらないという選択肢は無いってことだ。
失敗したらどうしようと悩むなんて意味ない。
だって、やるしかないんだから。
人生に迷いの余地はまったく無い。
じゃあ、今すぐ始めて少しでも早く始末をつけるのが一番楽ってことだ。

考え方をちょっと変えてみたらいいだけだ。
人生に迷いの余地なしってことは、この上ない幸福のはずでしょう。安心のはずでしょう。

でも大多数の人たち(含自分)はそれを喜ばず、先延ばしにして逃げまわっている。先延ばしにしてちゃいかんです。

おれは…分かっちゃいるけどやめられない…って、こんなことばっか言ってちゃ、ほんといかんです。

甚だしい徒労。


人は昔から、いろんな「幸福になる方法」を発明して、あらゆる誤魔化しをやって、この選択肢無しの事実だけは見ないようにがんばっている。

ことごとく徒労、無駄な努力。

心は常にあわてふためき怯えている。

「小さな幸せ」「つかの間の安らぎ」…そんなものも本当はない。そんなもの本当にない。

(ホントの事実はウケないものだ。事実をありのまま言う暴挙を、あえてしているので、少ない客がドンびきしていくのがなんとなく分かるが、言うしかない)

酔生夢死の人生でいいと思ったら、その人間はもう、この世の支配者に降参している。白旗あげた人生だ。

それより、事実を潔く事実と認めれば、そこから思いもかけぬ新たな道が開けるかもしれないのに、それは怖くてできない。

一切誤魔化さず、堂々ときっぱり認めてしまえば、べつに怖いことも恐ろしいこともなく、カラッと明るい気持ちになるかもしれないのに。


https://philosophy.blogmura.com/buddhism/ ← にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

(過去記事統合編集増補再録)

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事