ここから本文です
哲学日記
泥沼から脱出するまで一気につき進め。休息は泥沼を抜けてからとるものだ。

書庫全体表示

洋画「デモリッション」



【ストーリー】
投資銀行家デイヴィス(ジェイク・ギレンホール)は妻を事故で亡くしてしまう。それから、あることをきっかけに自動販売機会社へクレームの手紙を送りつける彼だったが、ある日カスタマーサービスのカレン(ナオミ・ワッツ)と出会う。彼女とその息子の助けを借りながら、デイヴィスはそれまでの人生をdemolition(解体)することで再生を図っていく…。

【キャスト】
ジェイク・ギレンホール、ナオミ・ワッツ、クリス・クーパー、ヘザー・リンド、ポリー・ドレイパー、ワス・スティーヴンス、ブレンダン・ドーリング トム・ケンプ、C・J・ウィルソン

 突然妻を亡くして、精神が不安定になった男の再生物語。

かなり文学的で、メタファーが多用されている。
こういう描き方をウザイと感じて嫌いな人も多かろうが、おれはわりと好きだ。
まあ物語に挟まってる軽いクイズだとおもって楽しめばいいとおもう。
やり過ぎてメタファーのためのメタファーになると本末転倒で観る気が失せるが、
これはおれにとってぎりセーフのレベル。

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事