ここから本文です
哲学日記
泥沼から脱出するまで一気につき進め。休息は泥沼を抜けてからとるものだ。

書庫全体表示

イメージ 1

(ショーペンハウアー「幸福について」第4章 橋本 文夫訳)より引用します。
年老いた暁には、身は老いても老いることのない労作に青春の力をことごとく打ちこんでしまったということくらい、慰めになるものはない。





あきらかに、ショーペンハウアーは、自分のことをいっている。
「意志と表象としての世界」を書いた自分の青春のことを。



 オーソドクスな哲学界でショーペンハウアーが常に軽く扱われてきたのは、彼の思想が西洋的思惟にとって異質であり、今だに理解できないからだ。

「意志と表象としての世界」には、他の西洋思想が決して超えられない哲学が卓絶した表現で書かれている、とおれは思う。

 ショーペンハウアーはこの偉大な思想をドレスデン時代(1814〜1818)に二十歳代で自分のものにした。




※「意志と表象としての世界」
アルトゥル・ショーペンハウアーの主著。
フリー百科事典ウィキペディア参照
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%9A%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%A2%E3%83%BC


写真は
「ショーペンハウアーとウスペンスキー」
http://homepage1.nifty.com/pdo/SchopennhanerandO1.htmから

https://philosophy.blogmura.com/buddhism/ ← にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

(過去記事増補編集再録)

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事