ここから本文です
哲学日記
泥沼から脱出するまで一気につき進め。休息は泥沼を抜けてからとるものだ。

書庫全体表示



(ブッダの真理のことば ダンマパダ244,245 中村 元訳)から引用します。
恥を知らず、(からす)のように厚かましく、図々しく、ひとを責め、大胆で、心のよごれた者は、生活し易い。

恥を知り、常に清きをもとめ、執著をはなれ、つつしみ深く、真理を見て清く暮す者は、生活し難い。

(引用終)


これによって、明らかに分かります。

(ダルマ)は、生活し易くすることを目的として求められるべきものではありません。

現世利益を求める多くの人々は当て外れと思うかもしれませんが、残念なことに、法の正しい理会は、生活をし易くするためのものではないからです。

大多数の人たちが、自ら考えずに、空気を読んで周りと調子を合わせていればいいと思うなら、世の中は悪くなる一方です。

恥を知り、常に清きをもとめ、執著をはなれ、つつしみ深く、真理を見て清く暮す者が生活し難いこの常の世間とはどういう世界か、よくよく考えてください。


https://philosophy.blogmura.com/buddhism/ ← にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

(過去記事増補編集再録)

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事