ここから本文です
哲学日記
泥沼から脱出するまで一気につき進め。休息は泥沼を抜けてからとるものだ。

書庫全体表示

人生最大の悲惨事


ひとがこの人生において出会う最大の悲惨事は、道が示されたにもかかわらず、いつまでも第三流の席にとどまって、彼らの存在が結局、自分にとっても他人にとっても真実の価値を持たずに終わる場合である。

(ヒルティ幸福論第二部「教養とは何か」 草間平作・大和邦太郎訳)



 ヴィパッサナー実践

これだという確信がある。

 にもかかわらず、いざ始めると、あいかわらず雑念に障えられ、ヴィパッサナーがすぐ切れてしまい、今今今が続かない。

正念相続…道遥か。
そしてもう今日死んでもおかしくない歳だ。


https://philosophy.blogmura.com/buddhism/ ←(哲学・思想ブログ)仏教人気ランキング

(過去記事編集再録)

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事