ここから本文です
哲学日記
泥沼から脱出するまで一気につき進め。休息は泥沼を抜けてからとるものだ。

書庫全体表示


 ウパシーヴァという名の学生が、次のような正直で切実な質問を、ブッダにした。
わたしは、(ひと)りで他のものにたよることなくして大きな煩悩の流れをわたることはできません。
わたしがそれにたよってこの流れをわたり得るよりどころをお説きください。




ブッダは

『そこには何も存在しない』と思うことに依って

、煩悩の流れを渡れ。


と教えている。




 ブッダは、弟子たちに、戯れに口にするどんな些細な嘘でさえ、断固として禁じていた。

嘘は、どんな理由があろうと決してついてはならない。
たとえ戯れにでも嘘をついてはならない。


というのがブッダの教えだとおもう。

 面白がって悪意のない嘘をついた、後に十大弟子の一人となる小僧ラーフラを呼びつけておこなったブッダの説法は簡明で非常に怖いものだった。


ラーフラを叱ったブッダのことばを載せておきます。

『ヤシ殻の底についている水』

パーリ仏説 中部チュララーフローワーダ経 13巻123頁126項

ラージャカルハに近い竹林精舎で、自ら足を洗われている時に



「ラーフラ。この器にわずかに残っている水が見えますか」

「見えます。ブッダ様」

「ラーフラ。嘘と知りながら嘘を言って恥じない出家の、出家者である意味は、この器の底に残っている水のように少ししかありませんよ」

 ブッダは(わずかしかない水を捨てる仕草で)その水を注いで捨てて言われました。

「ラーフラ。今捨てた水が見えたでしょう」

「見えました、ブッダ様」

「ラーフラ。嘘だと知りながら嘘を言うことを恥じない出家の、サマナである意味は、この器についている水のように少ししか残っていません」

 ブッダはその器を伏せて言われました。

「ラーフラ。伏せた器が見えるでしょう」

「見えます。ブッダ様」

「ラーフラ。嘘と知りながらわざと嘘を言って恥じない出家の、サマナである意味は、伏せた器についている水くらいしかありません」

 ブッダはその器を上向きして、言われました。

「ラーフラ。水のない食器が見えるでしょう」

「見えます、ブッダ様」

「ラーフラ。嘘だと知りながらわざと嘘を言って恥じない出家は、器に水がないように、サマナである意味はありません」

「ラーフラ。嘘と知りながらわざと嘘を言って恥じない、下賤な行動はあってはなりません。あり得ません。だからこのことについて、『私たちは誰も、偽りを言わない。たとえ冗談でも』と注意しなければなりませんよ、ラーフラ。あなたたちはこのように注意しなさい。ラーフラ。鏡は何のためにありますか」

「鏡は映して見るためにあります。ブッダ様」

「ラーフラ、すべてのカルマも、鏡のように映して良く熟慮して見て、それから体と言葉と心の行動に移さなければなりません」

(ターン・プッタタートのHPより)


したがって
『そこには何も存在しない』
は、明らかに噓ではないと分かる。

 この教えに実感が持てなくとも、ブッダの保証があるのだから、ブッダを深く信頼する者にとって確かなよりどころになる。











(ブッダのことば スッタニパータ1069,1070 中村 元訳)
1069
ウバシーヴァ尊者がたずねた、「シャカよ。わたしは、独りで他のものにたよることなくして大きな煩悩の流れをわたることはできません。わたしがそれにたよってこの流れをわたり得るよりどころをお説きください。あまねく見る人よ。」
1070
尊師は答えた、「ウバシーヴァよ。よく気をつけて、無所有を期待しつつ、『そこには何も存在しない』と思うことに依って、煩悩の流れを渡れ。諸々の欲望を捨てて、諸々の疑惑を離れ、妄執の消滅を昼夜に観ぜよ。」

https://philosophy.blogmura.com/buddhism/ ← にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

(過去記事統合増補編集再録)

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事