ここから本文です
哲学日記
泥沼から脱出するまで一気につき進め。休息は泥沼を抜けてからとるものだ。

書庫全体表示


 迷中の思考はゴミだ。

悟る前の人間の思考は、どんな立派そうにおもえてもすべて不浄なもので、なんの値打ちもないもの。それを一言で表現すればゴミ

 おれはこの事実に対する信念が全然足りない。それで人生を空費している。

 歩きながらでも、車を運転しながらでもヴィパッサナー実践はできるが、ヴィパッサナー実践中の思考は無価値であるだけでなく有害だ。
思考はゴミという確固たる信念がなければヴィパッサナー実践は徒労に帰す。



 頭で理解し受け入れたつもりでも、骨身に染み付いたDNAレベルの古癖はそれを瞬時に打ち消してしまう。

おれという人間は、歩いている時も、車を運転している時も、眠りに落ちつつあるときでさえも、気がつくと常になにかよそ事を考えている。

自分が生きている実感を得るために、常になにか思考することが必要だと強く思いこんでいる。
自分の思考になんらかの価値があると盲目的に信じている。
それは強迫神経症となって、日々を空費させ続けている。


 さあいよいよ死ぬというその時に起きる「ああ、しまった!」の悲惨な後悔を一度は知ったはずなのに、未だにこのテイタラクから抜けられない。


https://philosophy.blogmura.com/buddhism/ ← にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

(過去記事増補編集再録)

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事