ここから本文です
哲学日記
泥沼から脱出するまで一気につき進め。休息は泥沼を抜けてからとるものだ。

書庫全体表示

(禅に聞け 澤木興道老師の言葉 櫛谷 宗則編)より引用します。
科学者の実験──それがわれわれの場合では修行である。実験のない科学がツマラヌように、修行のない仏教はツマラヌ。

(引用終)


 おれは仏教徒だが、仏教、キリスト教、イスラム教が深奥において共通する唯一の「宗」をもっていると思う。

しかし、キリスト教とイスラム教は極度に信仰のみを重視して、「出入息念経」のような体系的修行はないに等しい。

清沢満之は『宗教哲学骸骨』の中で
信仰はこれを改めるのに規範がない

と言っている。

つまり、信仰だけのキリスト教徒とイスラム教徒は互いを深奥において理解する規範がない。この種の規範は体系的修行で保証される。



 この数日「ヨハネの黙示録」を読み直している。
ラオデキヤの教会に与えられたイエスキリストからの言葉として、ヨハネは
「わたしはあなたのわざを知っている。あなたは冷たくもなく、熱くもない。むしろ、冷たいか熱いかであってほしい。このように、熱くもなく、冷たくもなく、なまぬるいので、あなたを口から吐き出そう」
(第3章15〜)
と書いている。


この人たちは、三大宗教が深奥において共通する唯一の「宗」だと理解する規範がないので、かえって融和的なものすべてを「熱くもなく、冷たくもなく、なまぬるい」ものと断じ「口から吐き出」してしまう。
信仰aと信仰bは互いに敵対排斥衝突するのが大方の常となる。





 マザー・テレサは、死の看取りの場で、相手の信仰する宗派を訊いたという。

そして、ヒンズー教ならガンジス川の水をかけてあげた。イスラム教ならコーランを読んであげた。

テレサ自身はむろん、キリスト教を誰よりも深く信仰している。

彼女のこのような行動に開示されている、深奥の宗を学び取りたいと思う。



[関連記事]
筏のたとえ」→https://rdsig.yahoo.co.jp/blog/article/titlelink/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9ibG9ncy55YWhvby5jby5qcC9jeXFuaDk1Ny81NjcwNzIwMy5odG1s

https://philosophy.blogmura.com/buddhism/ ← にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

(過去記事統合編集増補再録)















※「ヴィパッサナー瞑想」
http://www.j-theravada.net/4-vipassa.html

※「日本テーラワーダ仏教協会」公式サイト
http://www.j-theravada.net/

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事