ここから本文です
哲学日記
泥沼から脱出するまで一気につき進め。休息は泥沼を抜けてからとるものだ。

書庫全体表示

(禅に聞け 澤木興道老師の言葉 櫛谷 宗則編)から引用します。

 実物さえあれば言葉は自由自在に表現できる。しかし言葉は実物ではない。言葉の中に実物があるなら、「火、火」と言うたら舌は火傷し、「酒、酒」と言うたら酔っぱらうじゃろうが、しかしそうはゆかんじゃないか。

実物のないものは、何と言うてもダメである。理屈をどう言うてもダメじゃ。言葉は言葉だけのものである。
 わしは西田幾太郎の本もよう読んだが、「ただ新しい言葉を発見するだけなんだな」と思った。





 ホトケに成りたい?ホトケになんぞ、ならいでいいんじゃ。
 今が今、自分が自分すればいいんじゃ。
 ここを捨ててどこへ行くというんじゃ。

(引用終。強調は私です)






「今・ここ」に完全に集中できれば、自分という意識は作り物だと明らかにわかるとヴィパッサナー実践の説明にあるのですが、おれはいまだに、その実物に到達できません。


 釈尊の「自灯明」の実物を「自分が自分する」と澤木老師は教えてくれてます。
老師は実物を持っているので、このように独自の表現が自由自在にできる。
 実物さえあれば言葉は自由自在に表現できる
のです。

(仏法に限らずじつは何でもそうなんだけど)
 仏法は特に、言葉や理屈だけでは微塵も誤魔化せない世界です。


[https://philosophy.blogmura.com/buddhism/ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ]← (文字をクリック)

(過去記事増補編集再録)

この記事に

  • 顔アイコン

    切手収集のお叱りかと思いました。
    あまりにもみじめな収集者ですから持っていないもののほうが多いですね。

    [ せえちゃん ]

    2017/4/29(土) 午後 3:08

    返信する
  • 顔アイコン

    > せえちゃんさん

    おれも中学生の頃、少ないお小遣い全て使って情熱的に切手を収集してましたよ。今でも部屋のどこかにそのまま残ってるはずです。当時の流行に乗っただけの偽者だったので、高校生になるとあっけなく別の趣味に乗り換えてました。
    せえちゃんさんは本物の切手収集家のようですね。

    呼吸

    2017/4/29(土) 午後 9:42

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事