ここから本文です
哲学日記
泥沼から脱出するまで一気につき進め。休息は泥沼を抜けてからとるものだ。

書庫全体表示

「命とヴィパッサナー
それは一つなのです」
とカンポン・トーンブンヌムさんは教えてくれる。

ブッダは
「放逸にふける者は 生命ありとも すでに死せるにひとし」(ダンマパダ21)と説いている。
「サティが失われている間は死人に等しい」という意味だ。

「命とヴィパッサナー
それは一つなのです」
とは、そういう意味だ。





https://philosophy.blogmura.com/buddhism/ ← にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事