ここから本文です
哲学日記
泥沼から脱出するまで一気につき進め。休息は泥沼を抜けてからとるものだ。

書庫全体表示



 今世界には平和がなく、ますます平和が無くなっているのは、世界の人がこれに興味がなく、そして「俺が死ぬ」死を望まないので、益々ひどい欲情の奴隷になり、ますます自分があるようにすることしか望みません。
…………………………………………

一人の権力のある皇帝が、国中の学識者や思想家を宮殿に集めて、正しく完璧な人間の歴史を書くよう命じました。

 何百人もの哲学者が集まって何年も会議をしたので、皇帝は「もう終わったか」と尋ねました。まだ終わらないので、先に延ばして、「もう終わったか」。まだ終わらずにまた何年も、何年か知りません。そして最後に提出したのは、「人は生まれ、人は苦しみ、人は死ぬ」でした。これが人間の永遠の歴史です。これは本当の哲学者と呼ぶことができます。現代人が学んでいる歴史のように、些細なこと一切合財を、何千何万ページも書きません。

 みなさんが一抱えもの歴史書を読んでも、書棚全部を読んでも、「人は世界に生まれて、そして死ぬまで苦しむだけしかない」という要旨を掴むことはできません。どんな種類の歴史を読んでも、石器時代から現代まで、これしかありません。これが人間の精神面の歴史です。

 歴史をこのように知ることが、世界をすぐに平和にする一助になります。今勉強しているように歴史を学べば、頭から溢れる知識で危機を脱すことはできないので、何の利益もありません。この世界を平和にする機会はありません。

 今世界中の大学で教えている歴史は、苦を終わらせないようにし、平和にせず、そして愚かにも、「哲学や歴史を学べば世界を平和にする博士になる」と言います。これは最高にバカな話だと思います。この形で哲学や歴史を知っても、道から外れるばかりで、絶対に平和には出合えません。
(引用終。強調は私です)


 何度も書いてきたことだが、
ブッダは
人間が自分は死ぬ定めだと本当に認めれば、人間は自由になり世界は平和になる。
と明解に説いた。

このブッダの教えは、残念ながら、大多数の人達にとって意味不明だ。
ターン・プッタタートが説くように、死には「正反対」と言える二つの意味があり、ほとんどの人たちは否定的な方の意味だけしか見えてないからだ(一見肯定的な「不死不滅の魂」という例のタチの悪い幻想のこと)

しかし、人間の永遠の歴史は人は生まれ、人は苦しみ、人は死ぬで全てだとほんとうに知れば(=苦諦)、このブッダの教えが、自分の手のひらを見るようにはっきりわかるようになる。

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事