ここから本文です
哲学日記
泥沼から脱出するまで一気につき進め。休息は泥沼を抜けてからとるものだ。

書庫全体表示

(釈尊が布施の功徳を語られた)
(現代語仏教聖典 釈尊編 第六章第一節)より引用します。
世によく『私には(ひと)(ほどこ)(もの)がない』という者がある。(しか)し、それはその人に財がないのではなく、真実(まごころ)がないのである。どんな貧乏人であっても、少々のパンくず位は持っているであろう。
それを(あり)(ほどこ)すのも立派な布施(ふせ)である。


またまことに一物もなく、身一つであるならば、その身をもって、(ひと)の奉仕するのをたすけるがよい。
それもできぬ身体であったなら、ただ(ひと)がよい布施をするのを見て、よろこびの心を起こせ。それだけでも、その人は大なる功徳を得るであろう。

(強調は私です)

https://philosophy.blogmura.com/buddhism/ ←[にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ]

(過去記事再録)

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事