ここから本文です
哲学日記
泥沼から脱出するまで一気につき進め。休息は泥沼を抜けてからとるものだ。

書庫全体表示

 ヴィパッサナー瞑想は、一心不乱の心構えでやる必要がある。でなければ、ただの時間つぶしになってしまうかもしれない。

 一心不乱というと、大変そうだが、やがて熟れるにしたがっておのずからそうなるのだと思う。

 熟れるまでの1ヶ月、1年、10年の、場合によっては短くない期間、厭きずにひたすらやり続けるには、そのための専用エネルギー源が必要不可欠だ。
ほとんどの人が、やり始めて5分で挫折を2,3度やった後、あっさりあきらめてしまうのは、この動物本能を制圧する特別例外的な強いエネルギーの助けがないからだ。



 しかし、この無執着の智慧を得るためにはどうすればいいのか。

おれは、苦聖諦を学ぶ以外に道はないと思っている。

 苦聖諦が身につけば、俺欲、俺のもの欲がしだいに弱くなり、自然に内から安定し、これこそは本当の大安楽だと知ることになるのだと思う。

この「と思う」をとりさるためには、身をもって実践してみる以外に方法はない。


https://philosophy.blogmura.com/buddhism/ ←[にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ]

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事