ここから本文です
哲学日記
泥沼から脱出するまで一気につき進め。休息は泥沼を抜けてからとるものだ。

書庫全体表示

「あなたの家族ががんのときには本人に知らせてほしいですか?」という質問に、日本人の半数以上がNoと答えるという恐ろしい統計は今でも事実か。

 日本人が、家族を思いやる優しさから等言いわけして、末期がんでも本人に知らせてほしくないと医師に要請することが諸外国に比べて多いなら、それは我々が相手に対して精神的子供である現実の歴然たる証拠になるとおもう。

 もう二十歳過ぎてるから、あるいは後期高齢者だから立派な大人だといった普段のいいかげんな嘘はこういう限界状況で通用しないと「賢く」気づき、日常の化けの皮が剥がれ、自分たちが互いに受容能力の弱い子供だと自分たちで認めてしまっている。

 ちなみに、アメリカでは患者本人の許可なしに家族に病名をもらした医師は告訴される可能性さえあるとのこと。

日本人が「家族に相談なく本人に知らせた医師が許せない」と怒るのと、なんという違いか。

どちらが、よりましな大人か。


https://philosophy.blogmura.com/buddhism/ ←[にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ]

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事