ここから本文です
哲学日記
泥沼から脱出するまで一気につき進め。休息は泥沼を抜けてからとるものだ。

書庫全体表示

映画「殯の森」

 この映画を知るまで「殯」という言葉を一度も聞いたことがなかった。意味も読みもわからない。

エンドロール直前に殯(もがり)の説明文が出る
「敬う人の死を惜しみ、しのぶ時間のこと またその場所の意…」





 無いことを有ることにするのが、他のいかなる動物にもできない人間固有の能力、あるいは悪癖だ。
この能力によって文明文化を作るが、ありとあらゆる禍も作り出し、人間は自業自得で際限なく苦しんでいる。


 この映画の認知症の主人公しげきは33年前に死んだ妻・真子の死を今も受け入れず死者の幻影と共にいる。


 老人ホームの年寄達が言う「死んだらな、あの世いうとこがあってな…おじいちゃんやおばあちゃんやなんかは先に行って、お前らが来るのをやな、待ってたるから」

大昔からじいさんばあさんは孫達に、このような嘘八百の作り事を、まったく悪気なく、いかにも本当のように言って刷り込んできたのだ。彼らも子供の頃爺さん婆さんや親からそう刷り込まれたのでそれを繰り返してるだけなのだ。

 そんな定型文で事が済むなら、ブッダもキリストも必要ないし、殯の森も、しげきとヒロイン真千子の彷徨も必要ないことになるが、本物の人間はそうはいかないのだ。

僧侶が「真子さんが亡くなられて33年になりますから、今年は真子さんが仏さんの世界に入り込んでしまわれた年なんです。仏さんになったので、もうこの世に戻ったりはされません」
これはまあ無難な落し所なのだが、しげきは受け入れない。





 社会が仏教をお飾りにしかしてないのに、人間に必要な殯は廃れたから、社会の全てが浮ついた安っぽいまがい物になったのだと、この映画を観終わって思った。









https://philosophy.blogmura.com/buddhism/ ←[にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ]

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事