ここから本文です
哲学日記
泥沼から脱出するまで一気につき進め。休息は泥沼を抜けてからとるものだ。

書庫全体表示

 テレビで医者が言っている、1日3食がベスト、1日1食は血糖値急上昇を伴いインスリン障害、糖尿病の道を進むことになる、1日2食も良くないと。

 一人の例外もなく老病死する人生の事実全体を、医者は直視していない。

 昔の仏法修行者達は1日2食乃至1食で健康で見事な人生を生きたが、揚げ物炒め物などめったに口にしていなかった。そのうえ毎日充分身体を動かし極めて規則正しい生活を守っていた。
そのベースの上で実行する1日2食乃至1食だからこそ溌剌と生き、糖尿病等の弊害と無縁なのだろう。
1日2食にしても1日1食にしても単純にそれさえ守れば後は何でもいいというのがトラブルの原因だと考えられる。食事の回数だけまねてもだめで、修行僧の生活をトータルで見習って初めて期待通りの効果も得る。そうでない場合、上記の医者の言うようなマイナスの結果を招くのだとおもう。


 おれの場合、1日1食がジョイフルガストの激安外食で、必然的に脂っこい揚げ物炒め物ばかりになっている。
高カロリー外食を止め、揚げ物抜きのあっさり自炊の1日2食乃至1食で規則正しい生活をすれば改善されるとおもう。

 しかし、現実問題それを毎日続けられるか…何日続くか…はなはだ心もとない。

https://philosophy.blogmura.com/buddhism/ ←[にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ]

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事