ここから本文です
哲学日記
泥沼から脱出するまで一気につき進め。休息は泥沼を抜けてからとるものだ。

書庫全体表示

マザー・テレサ 愛と祈りのことば
http://www.fruits.ne.jp/~k-style/teresa1.html
より引用します


死は悲しい事ではありません。
私たちが悲しむべき唯一のことは、
自分が聖なる者になっていないという事実だけです。

(引用終)

 



 人は当然聖者になるべきだが、
今までの人類史を見ると、
一貫して獣に過ぎない。

それでも、
人には
聖者になる以外の
出口がない。


[170904追記]
 カトリック教会はマザー・テレサを死後異例の早さで聖人に認定したが、
テレサは死ぬまで自分を聖者と認めることができなかった。その事実を知ってから、テレサのことばを読み直すと、いっそう切実な気持ちが伝わってくる。

彼女は自分のことを言っていたのだと。




[関連記事]「弱い意欲しか持たない大多数の人々」
https://rdsig.yahoo.co.jp/blog/article/titlelink/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9ibG9ncy55YWhvby5jby5qcC9jeXFuaDk1Ny81NzEzMTc4Ni5odG1s

https://philosophy.blogmura.com/buddhism/ ←[にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ]

(過去記事増補編集再録)

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事