ここから本文です
哲学日記
泥沼から脱出するまで一気につき進め。休息は泥沼を抜けてからとるものだ。

書庫全体表示


たとえば『歩くヴィパッサナー』について。

 歩き出そうと思った後、歩行時に「右足上げよ」「出せ」「下ろせ」「左足上げよ」「出せ」「下ろせ」といった命令を出しているのは大脳ではない。
脳幹から自動プログラムが命令を出している。
そのオートマトン運動に対して、あえて「(右足)上がります」「出ます」「下ります」「(左足)上がります」「出ます」「下ります」と逐一大脳でトレースする作業が『歩くヴィパッサナー』だ。

 この不自然な確認は、人間以外の全ての生きとし生けるものにとってはまったく無理で無駄で無意味である。

ところが、人間にだけは実行可能であり、きわめて有益であり、大いなる意味があり、偉大な行為だとおもう。


ヴィパッサナー実践
http://www.j-theravada.net/pali/key-vipassana.html

https://philosophy.blogmura.com/buddhism/ ←[にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ]

(過去記事編集再録)

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事