ここから本文です
哲学日記
泥沼から脱出するまで一気につき進め。休息は泥沼を抜けてからとるものだ。

書庫全体表示

ある日の会話。

「どんなふうに自分の人生をコーディネートしようと考えてみえるんですか、これから」

「まあ、どう転んでも死ぬしとおもって。
あんまりじたばたしてもしょうがないなって感じですけどね…なんかもう…破れかぶれみたいな感じです。
これはどう考えても負け戦だなって…ま、これはぼくだけじゃないけど。
みんななんかすごく死ぬまでの生活設計立ててるけど…なんか…まあ…無駄だなあとおもって…そんな感じですねえ。どうしても負けるよって感じですねえ」

「負けっていうのは?」

「ま、死にますからねえ」

「死ぬってことが負けですか?」

「そうですねえ。まあ、みんないろんなこと言ってますけど、ぼくから見るとおかしなこと言ってるなあとおもうんですけどねえ」

「一番おかしなことって、ちょっと聞かせてもらっていいですか」

「死ぬのも悪くないみたいなこと言ってると、悪いに決まってるわけで。無理なこと言ってるなあと」

「死ぬってことは負けるってことなんですね」

「まあ、勝ち負けで言えば勝ちじゃないですねえ、絶対。
死にたいんなら別ですけど。死にたいっていうのは、どうもおかしな人ですからねえ」

「死ぬということは100%ですもんね、死亡率は。で、そこへ行くまでの自分の人生はどうしていこうと考えてみえるんですか」

「なるべくその…みっともなくないようにやるのがもちろんいいですけど…まあそんなのはちっちゃい差ですねえ」

「みっともないっていうのはどういうイメージですか」

「まあ人に迷惑かけるとか、そういうことですねえ。
死んだ後に、あの人は最期までちゃんと立派に…破れかぶれにならず背筋伸ばして生きたなあってなことを言われる…でも死んでますからね、その時。何言われたって一緒ですわ」

「と、理想の死に方ってどんな感じですか」

「理想の死に方なんてないですよ。
最悪ですよね、どう考えたって」

「うん、でもみんなそれが運命というか、受けいれていかなきゃいけないものじゃないですか」

「そうですね。あの、受け入れても受け入れなくても、受け入れざるを得ないですねえ。
一緒ですよ、どっちにしたって」

「やって来ますよねえ。どんな感じの亡くなり方が理想ですか、そういう意味では。もうもう絶対受け入れなきゃいけないわけですから」

「そうです。だからほっときゃいいって感じですね。
もうどうにもならないんだから」

「たとえば、ある日突然息が切れるっていう感じとか…」

「そりゃあ、あれですよ、死ぬにしてもどっちがマシかっていえば、もう散々苦しんだあげくに、100%死ぬわけですから、死ぬのはしょうがないとして、もう苦しいとか痛いとか、そんなことだけは止めてくれっていう感じはありますよね、そりゃあ。
踏んだり蹴ったりは勘弁してくれっていう」


[関連記事]
我と死は両立しない
https://rdsig.yahoo.co.jp/blog/article/titlelink/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9ibG9ncy55YWhvby5jby5qcC9jeXFuaDk1Ny81NzQ2NDE4NC5odG1s


https://philosophy.blogmura.com/buddhism/ ←[にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ]

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事