ここから本文です
哲学日記
泥沼から脱出するまで一気につき進め。休息は泥沼を抜けてからとるものだ。

書庫全体表示


『我々は生まれると競技場に入り、死ぬとそこを去る。その競技用の車をいっそううまく操るすべを学んだとて何になろう』
byルソー





 大多数の人々は、こういうにべもない真実だけは、聞きたがらない。
聞いても理解しないで、ただちに忘れようとするだろう。受け入れることができないと感じて、反射的に聞かなかったことにして黙殺するのだ。


 しかし、こういう、
一見救いのない事実だけが、真の救いへの唯一の入口を持っている。


本気で人生を考える気があるなら、このむきだしの真実から考え始めるのが結局一番近道だ。


[関連記事]
苦聖諦を学ぶことでしか…
https://rdsig.yahoo.co.jp/blog/article/titlelink/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9ibG9ncy55YWhvby5jby5qcC9jeXFuaDk1Ny81Njk1MDYxNS5odG1s

すべてがうまくいったとしても、それはあなたにとって何ですか」→http://rdsig.yahoo.co.jp/blog/article/titlelink/RV=1/RU=aHR0cDovL2Jsb2dzLnlhaG9vLmNvLmpwL2N5cW5oOTU3LzU2NDE2MDM2Lmh0bWw-

「我」は失敗してしまうプロジェクトhttp://rdsig.yahoo.co.jp/blog/article/titlelink/RV=1/RU=aHR0cDovL2Jsb2dzLnlhaG9vLmNvLmpwL2N5cW5oOTU3LzU1Nzg0MTU2Lmh0bWw-


https://philosophy.blogmura.com/buddhism/ ←(哲学・思想ブログ)仏教人気ランキング

(過去記事増補編集再録)

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事