ここから本文です
哲学日記
泥沼から脱出するまで一気につき進め。休息は泥沼を抜けてからとるものだ。

書庫全体表示

2001年宇宙の旅


 意図的冗長描写に、過去何度か前半で厭きてしまった。
今回こそはと決意、初めて最後まで観た。
最終的に、なんじゃこりゃ感はぬぐえなかったが。

2001年宇宙の旅


 キューブリック監督は腕のいい職人肌の芸術家だが、ちょっと山師でもあると思う。
もっとも、本物の芸術家が山師の一面を兼ねるのはなんら悪いことではなく、むしろ必然だ。
自分の作品を100%理解して作り上げるのは単なる職人であって芸術家ではないからだ。
「作ったものの、自分でもよくわからない代物で」と正直に認めたくなければケレン味で撹乱するしかない。それは作品自体の中でもおこなわれる。
共同制作者アーサー・C・クラークは「もしだれかが『2001年宇宙の旅』を完全に理解したら、私達は失敗したことになるんです」と言ったそうだが、誰よりも作者側が完全に理解してない事実を、こういう風にカッコよく表現したわけで、これも山師っぽい。

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事