ここから本文です
哲学日記
泥沼から脱出するまで一気につき進め。休息は泥沼を抜けてからとるものだ。

書庫全体表示



 本能は、生きものすべてに、その身体を「俺、俺のもの」と信じさせる。
俺のものなら必死で守るからだ。
そのくせ、用が済めばポイ捨てされる。
すべての生きものが、誰も望まないのに、必ず老い病気になり死ぬ。
はなっからそういうプログラムなのだ。

さあいよいよ死ぬという瞬間に君は思う。

俺…何を守っていたの?










学生ドータカが釈尊に訴えた。
(ブッダのことば5・6 1063,1064 中村 元訳)より引用します。

(学生ドータカ)
…あまねく見る人よ。
わたしはあなたを礼拝いたします。
シャカよ。
わたしを諸々の疑惑から解き放ちたまえ。



(釈尊)
ドータカよ。
わたしは世間におけるいかなる疑惑者も解脱させえないであろう。
ただ汝が最上の真理を知るならば、それによって汝はこの煩悩の流れを渡るであろう。

(引用終。強調は私です)


 他に方法はない。

自分を救えるのは自分だけだ。

自分でやる以外ない。

絶対ない。



師は答えた、
(同ブッダのことば5・6 1068 より引用します)
ドータカよ。
上と下と横と中央とにおいて汝が気づいてよく知っているものは何であろうとーーそれは世間における執着であると知って、移りかわる生存への妄執をいだいてはならない。
(引用終)





だから、その本能プログラムに真っ向から逆らえと。

具体的に、どうするか。


(ブッダの感興のことば26・17 より引用します)
見られたことは見られただけのものであると知り、聞かれたことは聞かれただけのものであると知り、考えられたことはまた同様に考えられただけのものであると知り、また識別されたことは識別されただけのものであると知ったならば、苦しみが終滅すると説かれる。
(引用終)

 サティの実践・ヴィパッサナー瞑想をしろと。


[関連記事]
火の中に落ちる蛾になるな」→http://rdsig.yahoo.co.jp/blog/article/titlelink/RV=1/RU=aHR0cDovL2Jsb2dzLnlhaG9vLmNvLmpwL2N5cW5oOTU3LzU3NTczMzM4Lmh0bWw-

意味ない繰り返し人生でいいのか」→http://rdsig.yahoo.co.jp/blog/article/titlelink/RV=1/RU=aHR0cDovL2Jsb2dzLnlhaG9vLmNvLmpwL2N5cW5oOTU3LzU3NDc5MTMwLmh0bWw-


https://philosophy.blogmura.com/buddhism/ ← にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

(過去記事増補編集再録)

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事