ここから本文です
哲学日記
泥沼から脱出するまで一気につき進め。休息は泥沼を抜けてからとるものだ。

書庫全体表示


 修行僧よ。瞑想せよ。なおざりになるな。汝の心を欲情の対象に向けるな。なおざりのゆえに鉄丸を呑むな。(灼熱した鉄丸で)焼かれるときに、「これは苦しい!」といって泣き叫ぶな。
(ブッダの真理のことば371 中村元訳)

 聡明な人は順次に少しずつ、一刹那ごとに、おのが汚れを除くべし、──鍛冶工が銀の汚れを除くように。
(同239)

 ゴータマの弟子は、いつもよく覚醒していて、その心は昼も夜も瞑想を楽しんでいる。
(同301)

 ゴータマの弟子は、いつもよく覚醒していて、昼も夜も常に身体(の真相)を念じている。
(同299)

 ひとり坐し、ひとり臥し、ひとり歩み、なおざりになることなく、わが身をととのえて、林のなかでひとり楽しめ。
(同305)

 いそしむことを楽しみ、放逸に恐れをいだく修行僧は、堕落するはずはなく、すでにニルヴァーナの近くにいる。
(同32)




「瞑想せよ。なおざりになるな」
「一刹那ごとに、おのが汚れを除く」
「いつもよく覚醒し」
「常に身体(の真相)を念じ」
「なおざりになることなく、わが身をととのえて」
「いそしむことを楽しみ、放逸に恐れをいだく」



 おれの耳には、これらブッダの教えすべてが

ヴィパッサナー瞑想に奮闘せよ

と聞こえる。



※ヴィパッサナー実践
http://www.j-theravada.net/pali/key-vipassana.html





 たぶん今年最後の記事です。

よいお年を!!




https://philosophy.blogmura.com/buddhism/ ←(哲学・思想ブログ)仏教人気ランキング


(過去記事増補編集再録)

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事