ここから本文です
哲学日記
泥沼から脱出するまで一気につき進め。休息は泥沼を抜けてからとるものだ。

書庫全体表示


 夜、松本清張「影の車」を観終わってから風呂に入った。
「影の車」の主人公は、子供時代に、母親の浮気相手を殺している。
大人になって、今度は自分の浮気相手の6歳の息子に「毒薬」を飲まされ驚愕することになる。
この映画は何度も観たが、おれの結論は、大人の苦しみを知ろうとしない子供が一番アホってことだ。

 昨日、小室哲哉が不倫で非難され引退した。
好きな女優斉藤由貴も不倫で画面から消えてしまった。
おれの近所に不倫してると周りから暗に非難されてる奥さんがいる。
他人の不倫を攻撃する世間というものは、「影の車」の子供のようだ。どうしようもないアホだとおもう。


[松本清張スペシャルドラマ〜影の車〜]
https://www.youtube.com/watch?v=92BkKBMq2rk


 この世界は、古今東西隅々まで嘘とデタラメで満ち満ちている。
唯ひとつ、四聖諦だけが真実だ。


 20時頃風呂を上がる。
この季節はすぐ汗がひいてくれる。暖たまった身体は血の巡りがよくリラックスしてるので、スムーズに呼吸瞑想に入ることができる。

リクライニングチェアに横たわり、タイマー30分にセット、欠気一息(かんきいっそく)してから、吸う息吐く息の今に意識を集中する。

なぜ今を意識する必要があるのか。

実際にあるのは「今この瞬間」だけだからだ。

過去は今の記憶に過ぎず、未来は今の予想に過ぎない。

イ・マといってもマのときにイはない。
瞬間だけだ。

人は誰でも、この真実を理屈でわかるだけではだめで、実際に前後の妄想を裁断するためのトレーニングが必要だ。

30分のタイマーが鳴る。

そのまま続けてもう30分、あっという間に過ぎる。さらに30分。

ああ、今日は上手くいっている。
風呂で、不倫を攻撃する世間への悲しみから苦聖諦に入れたからだ

なんという気持ちよさだろう。



苦聖諦に入れたからだhttps://rdsig.yahoo.co.jp/blog/article/titlelink/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9ibG9ncy55YWhvby5jby5qcC9jeXFuaDk1Ny81Nzg1NjIyNi5odG1s


https://philosophy.blogmura.com/buddhism/ ←(哲学・思想ブログ)仏教人気ランキング

(過去記事増補編集再録)

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事