ここから本文です
哲学日記
泥沼から脱出するまで一気につき進め。休息は泥沼を抜けてからとるものだ。

書庫全体表示

風呂場の悲惨事

 さきほど20時過ぎ、風呂に入る。
治りきってない左足首の擦り傷を濡らさないように片足上げて入っていた湯舟から片足立ちで出た直後にバランスを崩し湯舟の中に仰向けに転倒。後頭部を壁面にぶつけ首がこれ以上ないまでおもいきり前に曲がった。折れる寸前だ。経験したことない急角度に首が曲がっている奇妙な態勢からなんとか立ち上がった。

とりあえずベッドで安静にする。

明朝あたり首に出るかもしれない悪い影響が心配だ。右手の痺れ感が強くなってるので朝動かなくなる可能性がないとはいえず、しきりに動かす。
些細な擦り傷をかばってとんでもなく釣り合いの取れないダメージを受けた。

歳とると身体の衰えが原因でこういう間抜けな失敗が増え、大けがしたり、たあいなく死んだりもする。

冷えてきた。
慎重に立ち上がりファンヒーター設定を1℃上げ、防寒服を着る。
首以外に右足付け根あたりも打ったようで鈍痛がある。
菌が入るのが心配なので足首擦り傷にバンドエイド貼る。菌に対する抵抗力も弱ってるからなあ。


[同日追記]
 今23時半。腕の痺れが消え、首と腰あたりの鈍痛もだいぶとれてきた。たいしたことないみたいでひとまず安心した。

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事