ここから本文です
哲学日記
泥沼から脱出するまで一気につき進め。休息は泥沼を抜けてからとるものだ。

書庫全体表示

人生の目的


 死ぬ直前に、本能から用済みのごみとして開放され、ようやく生き方を間違えていたとぼんやり気づく

に関して少し敷衍します。








 欲望というものは、人間の一生を徒労に終わらせる。

さあいよいよ死ぬというその瞬間になれば、(認める気さえあれば)誰でも自分の一生によって、このことを痛感する。

というのも、欲望のプログラムは、いまや死なんとする個体を、役立たずのものと見限って、
欲望から自由な認識
を、その瞬間初めて彼(彼女)に許すからだ。

どんな欲深い人間でも、死ぬ前には、それまで気づけずにいた存在の意味に卒然として目覚めかける。
残念ながら、その直後に何もできず死ぬのだが。

すべての人間は、動物として生まれた時の初期設定がそうなっているので、必ずそのように死ぬしかない、自分で設定値を変えた人間以外は。










だから人生の目的は、この「死ぬ直前の気づき」を、ピンピンしているうちになんとかして得ることだ。

https://philosophy.blogmura.com/img/philosophy88_31.gif
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ(文字をクリック)

(過去記事増補編集再録)

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事