ここから本文です
哲学日記
泥沼から脱出するまで一気につき進め。休息は泥沼を抜けてからとるものだ。

書庫全体表示

 おれは物忘れが酷く、特に人の名前など聞いた1秒後に記憶から消えてしまう。まったく憶えられない。
これは子供の時からのことで、歳のせいではない。

たとえば小中学校で人並みの付き合いはしてたのに、半年経ってもクラスメートの名前を数人しか言えなかった。毎年そうで、クラスが替わり往来が減ると、その数人さえ顔は覚えてるが名前は出てこなくなった。

 会社に入ってから、人並みの仕事をこなすためにこまめなメモが絶対欠かせなかったので、かなり苦労した。

昔、気になって本などで調べワーキングメモリ(脳の一時記憶機能)をチェックするテストをやってみたら、予想通り全然できなかった。「作業記憶」「長期記憶」等の概念も早くから知った。

おれは自分のワーキングメモリが周りの人より小さいことを自覚し、それから生じる生活上の不便不都合は日々痛感したが、しかし記憶力を鍛えようとはまったくおもわなかった。

自分が本当に関心のある事(仏教等)だけは、努力しないでもすぐ覚えられたので、それで問題ないと感じていたからだ。

意識的には絶対必要だとおもっているのになかなか憶えられない場合(ああ、おれの本心は不必要とみなしてるんだ)と分かる。これはあんがい便利な能力だとおもった。

つまり、ワーキングメモリが人より小さいのは、自分の短所だが長所でもあり、おれの個性だくらいにおもっている。



(過去記事増補編集再録)

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事