ここから本文です
哲学日記
泥沼から脱出するまで一気につき進め。休息は泥沼を抜けてからとるものだ。

書庫全体表示


 ここにある教祖が現れる。その身体からは光を発し、断食し空中浮遊など種々の超能力を見せ、博学で豊かな文学的才能を示す。

現代人は、ふだん昔の人々より理性的だと自負しているが、こういう輩に手もなくひねられるとおもう。
現代人はいざとなると、理性的でも合理的でもないからだ。


800年以上前の明恵上人はこう答えている。

光るもの貴くば、蛍・玉虫貴かるべし。飛ぶもの貴くば、鵄・烏貴かるべし。不食不衣貴くば、蛇の冬穴に籠り、をながむしのはだかにて腹行ふも貴かるべし。学生貴くば、頌詩を能く作り、文を暗誦したる白楽天・小野皇などをぞ貴むべき。
されども、詩賦の芸を以て閻老(えんろう)の棒を免るべからず。されば能僧もいたずらごとなり、更に貴むにたらず。ただ仏の出世の本意を知らんことを励むべし。文盲無智の姿なりとも、これをぞ梵天・帝釈天も拝したまふべき。

栂尾明恵上人伝記 常の持言より。引用終


おれは死後の世界を否定するとか肯定するとかいう話はしていない。
「必ず老い必ず病み必ず死ぬ」という誰一人逃れることのできない明白な事実を正視しないために、これっぽっちも知らない死後の世界を手前勝手に共同幻想している多くの人々に再考を促しているつもりだ。

パワーストーンだとかパワースポットだとか、初め「遊びでやってるだけ」とか言いながらけっこう本気になる。だから何度でも霊感商法に騙されもする。

まして種も仕掛けもなく身体を光らせて空を飛ぶ超能力教祖がもし現れたら、それだけですがってしまう人はけっこう多いだろう。
そんなことは救いとなんにも関係ない
という単純明白な事実を理解できないからだ。

では、なぜ理解できないのか。

無常ということがはっきりわからないうちは、人は理性的にも合理的にもなれっこないからだ。
生病老死も一言でいえば無常だから。超能力者も死ぬからね。
その辺のことがまるっきりわかってないから何回でも騙される。

自分は死んでも生きていると妄想しているかぎり、この明々白の理がピンとこない。


https://philosophy.blogmura.com/buddhism/ ← にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

(過去記事増補編集再録)

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事