ここから本文です
哲学日記
泥沼から脱出するまで一気につき進め。休息は泥沼を抜けてからとるものだ。

書庫全体表示

(ブッダのことばから引用します。スッタニパータ331〜334中村 元訳)
起てよ、座れ。
眠って汝らになんの益があろう。
矢に射られて苦しみ悩んでいる者どもに、なんの眠りがあろうか。

起てよ、座れ。
平安を得るために、ひたすらに学べ。
汝らが怠惰でありその力に服したことを死王が知って、汝らを迷わしめることなかれ。

神々や人間は、執著にとらわれ、ものを欲しがっている。
この執著を超えよ。
わずかの光陰を空しく過ごすことなかれ。
光陰を空しく過ごした人は地獄に堕ち悲しむからである。

(おこた)りは塵垢(ちりあか)である。
塵垢は怠りに従って生じる。
つとめはげむことによって、また明知によって、自分にささった矢を抜け。

(以上、引用終)




 ブッダの云う
(おこた)とは?
つとめはげむとは?

なにが(おこた)で、何をつとめはげむべきか分かっていなければならない。


寝る間も惜しんで必死で仕事にはげんでも、サティがなければ怠っている。
人はヴィパッサナーにつとめはげまなければならない。 






 そのためにまず、

自分にすでに矢が突きささっている、その苦しみにはっきり気づくことが絶対必要だ
苦聖諦



さもないと、その人はサティとヴィパッサナーを5分と続けられないので、すぐに厭きてしまい、行く行く我欲以外の話にいっさい興味を感じなくなる末路に入る。
こういう人間が、現実に存在する
リアルゾンビだ。








「毒矢の喩え」の哲学青年マールンクヤは、自分にささった矢を抜くなと主張している者ではない。

マールンクヤは、そもそも自分に矢が突きささっているとは思っていなかったのだ。苦聖諦の気づきがなかった人だったのだ。

「毒矢の喩え」は、絶妙の対機説法に導かれて、ついにマールンクヤが自分にささっている矢に気づく、苦聖諦に気づく話なのだ。

「人は死んでも、自分は死なない」というゾンビの昏深迷妄

から目覚めることができた者の話なのだ。


https://philosophy.blogmura.com/buddhism/ ← にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

(過去記事増補編集再録)

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事