ここから本文です
哲学日記
泥沼から脱出するまで一気につき進め。休息は泥沼を抜けてからとるものだ。

書庫全体表示


 ヴィパッサナー実践はすぐ忘れるし忘れてる時間のほうがだいぶ多い。

それでもめげず腐らず
一発菩提心(いちほつぼだいしん)百千万(ほっ)する精神
で続けていく。

たとえいくらできなくても、仮にちっとも上達しなくても、これを退屈し止めるという選択肢は生まれた瞬間から無かったのだから。




[注]
一発菩提心を百千万発するなり
道元禅師『正法眼蔵 発菩提心(発無上心)』のことば。
「…発心修行、菩提涅槃は、同時の発心修行、菩提涅槃なるべし。仏道の身心は草木瓦礫なり、風雨水火なり。これをめぐらして仏道ならしむる、すなはち発心なり、虚空を撮得して造塔造仏すべし。渓水を掬啗して造仏造塔すべし。これ発阿耨多羅三藐三菩提なり。一発菩提心を百千万発するなり。修証もまたかくのごとし。
しかあるに発心は一発にして、さらに発心せず、修行は無量なり、証果は一証なりとのみきくは、仏法をきくにあらず、仏法をしれるにあらず、仏法にあふにあらず。千億発の発心は、さだめて一発心の発なり。千億人の発心は、一発心の発なり。一発心は千億の発心なり。修証転法もまたかくのごとし。…」








 ある日の記録。

 7時起床、ヴィパッサナー本気スタート。
7時半、厚切りパンとコーヒーの朝食。早くもヴィッパッサナーがあとかたなく消失してることに気付き失望。めげずリスタート。
ネットで映画観る。ヴィパッサナーがあとかたなく消失してるTwo。
ダメだ難しい、ダメじゃない、リスタートTwo。
12時、ヴィパッサナー気づいたらずっと無かった忘れてたすぐ忘れる。変化を嫌うサボりたがる脳め。リスタートThree。
洗濯。朝観た映画の感想でブログ記事書く。ヴィパッサナーまた忘れリスタートFour。
1週間くらい前の回覧板を置き忘れていたことに気付く。すぐ隣家の玄関ケースに入れに行く。焦った。サティ一瞬でとんでた、本能にしたがう脳。リスタートFive。
冷凍おにぎり2個はチン、冷凍トンカツはトースターで15分温め浮いた油をペーパーで除いてから食べる。リスタートSix。
洗濯物外に干す。リスタートSeven。
17時から村の総会18時まで。リスタートEight。
21時半リスタートNine。ダメだ、あっという間に忘れる。怠けたがり楽したがる脳。リスタートTen。
寝落ち。0時半目覚める。リスタート11。
体重測定。わ!増えてると思った瞬間サティはとぶ。リスタート12。
2013年の日記に「突然の失明も可能性がある。危機感。ヴィパッサナー真剣にやらないとダメだ」と書いている。いつまで実行先延ばしするのか。愚かに怠け続けて、真っ赤に焼けた鉄丸を飲む時に「これは苦しい!!」と愚かに叫ぶのか。
見逃した「ワイドナショー」DLして観る。3時、あっさり忘れリスタート13。
今夜も眠れないで朝になるのか。5時、ゆず大根残り全部刻んで、冷凍ご飯小でチャーハン作り食べる。生卵ないがパラパラに仕上がった。しかしリスタート14。
どうしたらキープできるのか。
半、リスタート15。
6時リスタート16。
7時リスタート17。
ずっとこんな調子。
ていたらく。
正念相続難しい。












 ブッダの教えを以下に引用します(仏教聖典 阿含経 仏伝2、1-13)

比丘等(びくら)よ、比丘は正念(しょうねん)にして自覚してあるべし。

比丘が自覚してあるとは何ぞや。
比丘等よ、比丘が()づるにも()るにも自覚を()してあり、前を見るにも後ろを見るにも自覚を為してあり、身を屈するにも伸ばすにも自覚を為してあり、衣鉢(えはつ)を取るにも、自覚を為してあり、食し、飲み、()み、(あぢは)ふにも自覚を為してあり、行き、(とどま)り、(すは)り、眠り、()め、語り、黙してあるにも自覚を為してあり。
これ比丘等よ、比丘が自覚してあるなり。比丘等よ、比丘は正念にして自覚してあるべし。
(以上)


 これって、脳を一瞬たりとも遊ばせるなってことだ。怠けさせるなってことだ。

人は、あれこれ妄想している時、脳が「働いている」と勘違いしている。

そうではない。妄想している時、脳は遊んでいるのだ。怠けているのだ。


 不断の自覚。目覚めているかぎり、常に「気づき」を失わないこと。
これが釈尊の教えの中心にある。





正念相続(正念にある)についても説かれています。

比丘等よ、比丘が正念にあるとは何ぞや。
ここに、比丘等よ、比丘は身に就きて身を観察し、熱心に自覚し、正念ありて世俗の貧欲と憂悲とを調伏して住す。受に就きて…乃至…心に就きて…乃至…法に就きて法を観察し、熱心に自覚し、正念ありて世俗の貧欲と憂悲とを調伏して住す。
これ比丘等よ、比丘が正念にてあるなり。

(以上引用終)






正念とはサティのこと。

正念相続とはヴィパッサナー実践のことだ。



サティ
「瞬間の現在(今・ここ)」に気づくこと。
ヴィパッサナー実践
「瞬間の現在」に気づき続けること

https://philosophy.blogmura.com/buddhism/ ← にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

(過去記事増補統合編集再録)

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事