ここから本文です
哲学日記
泥沼から脱出するまで一気につき進め。休息は泥沼を抜けてからとるものだ。

書庫全体表示

 映画『天才スピヴェット』

全体がひとつの美しい詩のような映画だ。



Wikipedia「天才スピヴェット」ストーリーより引用。
モンタナの牧場で暮らす10歳の少年スピヴェットは、身も心もカウボーイの父と昆虫博士の母、アイドルを夢見る姉に囲まれて暮らしていた。スピヴェットは生まれながらの天才的頭脳の持ち主だが、彼の言動は家族からは今ひとつ理解されずにいた。さらに、双子の弟の突然の死で、家族の心にぽっかりと穴が空いていた。そんな中、スピヴェットの元にアメリカを代表する研究機関であるスミソニアン学術協会から、最も優れた発明に贈られるベアード賞受賞の知らせが届く。初めて人に認められることの嬉しさを知ったスピヴェットは、一人でワシントンDCで開かれる授賞式に出席するべく、家出を決意する。数々の危険や様々な人々と出会いながら大陸を横断する。受賞スピーチで、彼は重大な真実を明かそうとする。
[引用終]


 おれはこういう映画なら何本でも観たい。
しかし、これは洋画だから日本でも受け入れられた。

邦画でこういうのを作って大ヒットする時代は、残念ながらまだ来ていないとおもう。


映画『天才スピヴェット』メイキング映像

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事